通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
京都皇統の解禁秘史 天皇とワンワールド(国際秘密勢... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2015/10 初版第1刷 カバー・帯付 天に若干のヨゴレ有り。 FBA発送の場合は最速お届け!通常24時間以内の発送可能です。 【中古品では御座いますが概ね良好なコンディションです。】 カバーにある程度の使用感が御座いますがページ内に目立つ書込み、汚れなどもなく概ね良好です。 特典・付属品などは、記載があるもの以外御座いませんのであらかじめご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

京都皇統の解禁秘史 天皇とワンワールド(国際秘密勢力) 単行本(ソフトカバー) – 2015/10/17

5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,139

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 京都皇統の解禁秘史 天皇とワンワールド(国際秘密勢力)
  • +
  • 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
  • +
  • 天皇と黄金ファンド 古代から現代に続く日本國體の根本
総額: ¥5,724
ポイントの合計: 174pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「天皇を描かねば歴史とは言わぬ! 」

崩れる歴史常識の結界、ハラリと解ける国史の謎
世間に漏れては不都合な天皇史


京都皇統がついに封印を解いた國體機密事項―

ここ二十年来、私は孝明天皇直系の「京都皇統」から、日本史の真相について数々の教示を受けてきました。本著は「ワンワールド」の理解を深めることを目的として探究した結果、日本列島と西北欧を「ワンワールド」の東西両極と判断し、その立場から太古以来の日本列島史を考察し、その真相の洞察を試みたものです。

―隠しに隠した歴史の真相が明らかになる!


[目次]
[自序]ワンワールド=国際秘密勢力とは何か
[序章]京都皇統が封印を解いた國體機密事項

[第I部]ワンワールドはこうして生まれた
[第一章]ウバイド精神文明の東西両極
[第二章]在欧ワンワールドと日本國體
[第三章]ワンワールド内部の抗争

[第II部]世間に漏れては不都合な天皇史
[第四章] 私が託された「歴史真相探究」
[第五章]神武のヤマト王権「欠史八代」の謎
[第六章]タカアマ原は太安万侶の暗号
[第七章]春日十番頭は「欠史八代」の生き証人
[第八章]ホムダワケ奉迎の極秘作戦

[第III部]初公開! 聖徳太子とマニ教の秘密
[第九章]欽明朝はワンワールドへの開国
[第十章]聖徳太子の密使と密命
[第十一章]ワンワールド宗教マニ教

内容(「BOOK」データベースより)

ここ二十年来、著者は孝明天皇直系の「京都皇統」から、日本史の真相について数々の教示を受けてきました。本著は「ワンワールド」の理解を深めることを目的として探究した結果、日本列島と西北欧を「ワンワールド」の東西両極と判断し、その立場から太古以来の日本列島史を考察し、その真相の洞察を試みたものです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 384ページ
  • 出版社: 成甲書房; 初版 (2015/10/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4880863335
  • ISBN-13: 978-4880863337
  • 発売日: 2015/10/17
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 73,280位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
頭を柔らかくし、虚心坦懐に読みましょう、という本。

話の展開に戸惑う人も多いと思われるが、
そういうものだと受け入れて読めれば、それなりに読み進められる。
虚心坦懐に読んでも難解ではあり、それなりに読破するのに時間がかかる。

古代史好きが、なんとなく引っかかっていることに言及し、
そして考察をしてくれているので、古代史好きはより楽しめる本になっている。

自分は、落合氏の古代史説は的を射ているように思う。

落合氏の書籍を全て読破したい人には避けて通れない内容なので、
そういう意味でも読むのはオススメ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
神話時代から古墳時代、奈良時代にかけての筆者の考察は納得いくものがある。記紀やその他の書物に書かれていることには本当のことが書かれているか或いはそれに類した出来事があったということを、記紀上の登場人物を一人ひとり細かく考察しているのは敬服する。これの歴史的考察だけでも読む勝ちがあると思う。ただし、皇室と国際秘密勢力との関係はあくまで想像の範囲であり説得力に欠ける。國體天皇と政体天皇で裏と表に分かれたということの必然性が見えにくい。明治天皇は誰なのかとういことも大いに疑問がある。しかし、時代の大きな流れの中でシュメール、ユダヤが日本人の祖先の一つであるということには私自身も共鳴する。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
楔形文字を創造したシュメル文明を一般には始原文明とするが、精神文明であったウバイド文化こそ始原文明という落合氏は、また史家が大乗密教という日本宗教を、仏教に潜入したマニ教であり、マニ教化した仏教でもある、という。さらに、個別宗教を超えたスーパー宗教としてのマニ思想が、ウバイド文明の西極としての北西欧において、ユニテリアン教会とフリーメーソン思想になったという。
まさに従来の常識とかけ離れているが、言われてみれば合理的で、論理の飛躍はない。これがなぜ、オカルトや超常現象に分類されるのか、分類者の知性を問いたい思いがする。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著者落合莞爾氏の博覧強記と事象を結び付ける鋭い洞察力が相俟って展開される記述は美しい叙事詩とも言える。歴史をここまで広い視野で捉えた歴史家が今まで存在したであろうか。一人でも多くの人に読んで頂きたい。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 備山 投稿日 2015/10/18
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ただ出来事を羅列するではなく、出来事の間を物語でつないでいくのが歴史だ。しかし、時代も文化背景も異なる出来事を系統立てて記述することは、特に古代においては不可能とも思われてきた。本書はウバイド文明を通奏低音に有史以来の世界史と日本史を照射して記述した、まさに史上初めての世界史、人類文明の通史である。

しかも、その記述によって、皇統の秘密からフリーメーソン、欠史八代の謎、天海大僧正の素性、密教の本質までが網羅されるのだから、一読しただけでは到底理解の追いつかない深遠な曼荼羅をみせられているようだ。

かくいう私も、職業柄、秘史、秘話の類いを聞かされることが多く、これまでは頭を抱えるか、とりあえず無視するかしかできなかったが、落合シリーズによって思いがけず謎が解けたことが多かった。

これから落合氏の著書を読まれる方は、せめて金融ワンワールドから通して読むことをおすすめする。

著者自身にも無意識のうちにあった被害者意識から、歴史事象に必要以上の悪意を読み取っていたものが、研究が進むに従って一つ一つ解きほぐされていく。偽史の罪とケガレを禊ぎ、祓う過程を読者も追体験できるはずだ。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告