Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

200万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
Kindle 価格: ¥110

(税込)

獲得ポイント:
1pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
[森下幸信]の京都歴史文化観光 いづみ路読本 椿井大塚山古墳 京の秘境: 椿井大塚山古墳 三角縁神像鏡 卑弥呼の鏡

京都歴史文化観光 いづみ路読本 椿井大塚山古墳 京の秘境: 椿井大塚山古墳 三角縁神像鏡 卑弥呼の鏡 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍), 2019/10/18
¥110

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

椿井大塚山古墳
京都府木津川市山城町にある椿井大塚山古墳は、古墳時代前期(三世紀後半)の前方後円墳。南山城を貫流する木津川が、東の伊賀から山城に抜けて北へと流れを転ずる付近に位置します。
国の史跡に指定され、出土品は国の重要文化財に、石室天井石は木津川市指定有形文化財に指定されて、古墳時代初期の前方後円墳(出現期古墳)です。
小林行雄博士は、三角縁神獣鏡を分類して7つの型式に大別。この古墳の出土品では最古型式から4番目までの新しい鏡が含まれていたので、3世紀末の造営と推定されています。昭和28年(1953)、国鉄奈良線の拡幅工事の際に竪穴式石室が偶然発見され、当時最多の三角縁神獣鏡32面が出土しました。内行花文鏡2面、方格規矩鏡1面、画文帯神獣鏡1面など計36面以上の鏡と武具が出土。36面以上というのは他の鏡の破片数点が出ているのと盗掘で行方不明になった可能性が出てきたためでした。多数の銅鏡を棺の中に入れる習俗が古墳時代前期には西日本や中部地方で急速に拡がり、それらの鏡が短期間にほぼ同一場所・地域で製作されたと推定されています。
また、日本最古の刀子も出土。武器・武具では、鉄刀7本以上、鉄剣十数本以上、鉄矛7本以上、鉄鏃約200本、銅鏃17本、鉄製甲冑1領。工具・農具では、鉄鎌3本、鉄斧10個、鉄刀17本、鉄製ヤリカンナ7本以上、鉄錐8本以上、鉄ノミ3本以上。漁具では、鉄銛十数本、鉄ヤス数本、鉄製釣針1本が出土。
このほか、鉄製冠ではないかと思われる鉄製品も出土しています。
三角縁神獣鏡はすべて「舶載鏡」とされるもので、その後にこの鏡が大和政権から各地に配布されたとする「同笵鏡論」をはじめ,小林行雄博士が古墳時代論を展開する上での重要資料となり,また大塚山古墳は最古の前方後円墳のひとつとされています。
 以上のように、椿井大塚山古墳は古墳研究史上きわめて重要であるとともに、古墳の規模および副葬品の豊かさの点でも今なお群を抜くものです。その歴史的意義はきわめて大きく、古墳時代社会を考える上で欠くことのできない古墳だと言えます。前方部を西に向けた前方後円墳で、線路より東側の後円部は本来の姿をよくとどめていますが、前方部は大きく削平され、その部分には家屋が建っています。
発掘調査の結果,後円部は4段築成であることが判明。改変が大きい前方部にも葺石やテラス面が一部遺存していることが確認されています。
前方部の平面形は、前方部前端を反映していると思われる道路の形状などから、これまでの推定に大きな誤りはないと考えられます。墳丘規模は,後円径約110m,高さ約20m,全長約175mと推定できます。後円部には大規模な墓坑を掘り込み,そこに長大な南北方向の竪穴式石室が構築されていました。
石室規模は、内法で長さ6.8m、幅1.1~1.0m、高さは北壁部で約3m。主に花崗岩の角礫で壁体を構築し、天井石8枚を架し粘土で被覆されていました。粘土棺床の大部分は工事の際に荒らされていましたが、一部の副葬品は残っていました。
三角縁神獣鏡は,鏡面を外にして石室の壁に沿って立て掛けられていました。三角縁神獣鏡については、邪馬台国の女王・卑弥呼が古代中国の魏の皇帝から賜った百面の鏡の一部であるとの有力な説があります。
椿井大塚山古墳は邪馬台国の所在地論争とも絡んで、古墳時代成立の鍵を握る記念碑的遺跡と言えます。

三角縁神獣鏡とは、古代中国の神話に登場するような西王母や東王父などの神仙や霊獣を浮き彫り風に表現した鏡のうち、周縁の断面が三角形状に突出した大型の鏡です。中央の半球形の突起が紐穴のある鈕。その周囲が神獣、獣像のある内区で、図像が高い円錐形の乳で区画されています。
前頁の画像では神像と獣像がそれぞれ4体ずつあるので四神四獣鏡と呼ばれます。
内区の外側には鋸歯文を持つ突出した界圏で文様帯を区分し、この例では獣文の間に乳と「天王日月」の銘文を入れた方格とを配しています。祖外の鋸歯文と波状文からなる一段高くなった部分が外区、そして三角縁となっています。
三角縁神獣鏡の殆どは直径が20cmを超えるような大型鏡であり、平均は22.3cm。後漢時代の神獣鏡や画像鏡の流れを受けて3世紀に造られたもので、景初3年(239)正始元年(240)など魏の年号を持つものが知られています。
日本の古墳からは330面が出土していますが、この古墳からはその11%に当たる36面以上の大量の三角縁神獣鏡が出土しています。チャイナの神話に登場するような西王母や東王父(東王公)などの神仙や霊獣を浮彫り風に表現した鏡の内、周縁の断面が三角形状に突出した大型の鏡が三角縁神獣鏡である。
 中央の半球型の突起が紐穴のある紐。
その周囲が神像、獣像のある内区で図像が高い円錐形に乳で区画されています。内区の外側に櫛歯文を持つ突出した界圏で文様帯を区分している。
三角縁神獣鏡の殆どは直径が20cmを超える大型品であり、平均は22.3cmもあります。後漢時代の神獣鏡や画像鏡の流れを受けて3世紀に作られたもので景初3年(239)正始元年(240)などの魏の年号を持つものが知られています。
日本の古墳からこれまでに出土した330面ほどの内、椿井大塚山古墳からは、その約一割に当たる32面以上もの大量の三角縁神獣鏡が出土しているのです。内区には、紐の上に東王父、下に西王母があり、それぞれの両側に獣を配置する。
外区には、獣や鳥、神仙が飛翔する画文体がめぐる。
外区にあるべき画文帯を内区のまわりの文様帯に取り込んだ三角神獣鏡があります。図像の配置や文様表現から、この鏡は3世紀初めにチャイナの華南地方で作られたことが分かっています。三角神獣鏡が作られる少し前に、魏・呉・蜀の三国が鼎立していた時期に、この鏡はどのような経路を辿り我が国にもたらされたのだろうか。三角縁神獣鏡のほかに4面の後漢時代の鏡が出土しました。
その内の一面が上の写真の方格規矩四神鏡です。
紐座に方位を示す十二支銘を入れるが四神の中の龍が欠落し、TLV字形のLが反転しています。
このような古くに伝来した後漢時代の鏡に対して、画文帯神獣鏡は3世紀初めに華南地方で作られ、三角神獣鏡の直前に到来したものと思われます。 刀と剣 刀は7点以上出土し、うい一点が把の端を楕円形の環に作る素環頭大刀である。 全島が93.3cmと長大でチャイナ製と推定されます。把と刃との間の部分(把縁)に装具の跡が残っています。 別の大刀には、把縁に幅2.2cmにわたり木質のない部分があり、装具の欠落した痕と思われます。 この例では、断面卵形の把に幅1cmほどの布を巻き締めて把握のための工夫としています。 剣は十数点あり、把縁が一文字になったものと三角形に突出したものとがあります。 すべて、断面ひし形の把に細い糸を巻く。 この中には長柄につく槍が含まれていた可能性があります。刀剣には、木製の鞘を持ち、帯状の布で巻き締めたものがあります。 全般的に見て有機質の遺存がよく、把や鞘を復元する資料として貴重なものあります。ほかにも甲冑、農工具、漁具などが確認されています。三世紀の東アジアと椿井大塚山古墳
 「魏志」倭人伝には、古代の魏と日本列島に所在した邪馬台国との密接な交渉が記録され、三角縁神獣鏡の中に魏の年号や地名がみられることから、邪馬台国の女王・卑弥呼が魏の皇帝から贈られた銅鏡百枚をこの三角縁神像鏡に充てる説もあります。 椿井大塚山古墳には、日本列島から出土した総面数の約1割にあたる三十數面の三角縁神像鏡のほかに、後漢鏡や画文帯神獣鏡など4面の到来鏡が出土し、また、素環頭大刀や甲冑などの鉄製品にも渡来品と推測できるのがあります。
卑弥呼の鏡
今迄において、三角縁神獣鏡の神獣像表現と文様構成の分析から、その制作状況の検討も行われ、それらが特別な体制で製作された規格品であること、時間の経過を伺わせる形式変化が認められること、日本列島での政策が確実な仿製三角縁神獣鏡とは明確に区別できることを明確にされています。
 このことから、三角縁神像鏡は倭に送るために魏が特別に鋳造したものと考える特鋳説(小林教授)を支持、さらに画文帯同向式神獣鏡の図像を忠実に取り込んだ景初三年鏡や正始元年鏡が景初3年の卑弥呼の朝貢にあったとの想定を裏付けるものと考えられます。
 邪馬台国と魏の間には、景初3年以降も正始4年(243)正始6年、正始8年と頻繁な交渉がつづき、20年近くの空白を置いて泰始2年(256)卑弥呼をついで邪馬台国の女王となった「台与」が西晋に遣使したことも史書は記しています。
三角神獣鏡の形式変化から見ると、このような一連の交渉に伴って、それらは継続的に輸入されたと考えるのが順当でしょう。

 一方、景初3年の卑弥呼への下賜品には、銅鏡百枚のほかに五尺刀二口が含まれています。
 五尺刀は当時の尺度で1m余りの大刀であったと推測されるから、椿井大塚山古墳から出土した全長96cmの素環頭大刀も或いはこのように魏からの下賜品であったのかも知れません。後漢鏡と画文帯神獣鏡
 後漢時代前期に作られた内行花文鏡の二面と方格規矩四神鏡とは、弥生時代の内にもたらされ、宝器として長く伝世したものです。
これに対して画文神獣鏡は3世紀初めに華南地方で作られ、三角縁神獣鏡の直前に輸入されたものです。 








登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2535 KB
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07Z9SMKKG
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 238,566位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover