通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
京都・祇園 最上のおもてなしに学ぶ「心づかい」の基... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 267 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 フワフワ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯無し】■Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。 ■全品簡易クリーニング済み。 ■通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ■シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 ■Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ■不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
12点すべてのイメージを見る

京都・祇園 最上のおもてなしに学ぶ「心づかい」の基本 単行本 – 2015/8/20

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 340

booksPMP

本・コミック・雑誌ストアではじめてお買いものの方へ 3 0 0 ポイントプレゼント!

キャンペーンの詳細はこちらまで。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 京都・祇園 最上のおもてなしに学ぶ「心づかい」の基本
  • +
  • おもてなしの仕組み - 京都花街に学ぶマネジメント (中公文庫)
  • +
  • 舞妓の言葉――京都花街、人育ての極意
総額: ¥3,832
ポイントの合計: 117pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞
2017年にAmazonで最も売れた本をご紹介 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

ナンバーワン舞妓として
エリザベス女王などのお座敷にもあがり、
20年以上も祇園で活躍してきた著者による
「おもてなし」の神髄を語った一冊。
会話、ふるまい、身なりなど、
祇園の一流の人が徹底している基本がわかる!

【目次】
第1章 言葉ひとつに違いが出る
●「みなまで言わない」という精神を大切にする
●お客様には「会えてうれしい」と伝える
●好かれる芸舞妓には「ユーモア」がある
●嫌な雰囲気のときこそユーモアでフォローする
●「当たりさわりのない会話」の技術を身につける
●「話したくない人」と「緊張で話せない人」には
●質問する力を磨く
●お客様を心地よくさせるひと味違う褒め方
ほか

第2章 心を伝える 立ち居振る舞い
●つねに「先回り」を意識する
●どんなときも動じない姿勢は日々の積み重ねから
●「非日常の世界」を徹底してつくり上げる
●用意しておく飲み物や食事も変える
●「日本の常識=海外の常識」ではないと心得る
●百回お会いする機会があれば、百通りのおもてなしがある
●親しい人であっても、場をわきまえる
●言葉は通じなくても、真心は必ず伝わる
ほか

第3章 清潔感をもたれる身なりの整え方
●「粋」よりも「野暮」を大事にする
●ふだん見えないところほど清潔に
●服装に「季節感」をとり入れる
●芸舞妓がアクセサリーをつけなお二つの理由
●美しい姿勢を日々心がける

第4章 人と人との「結びつき」を大事にする
●お互いがお互いを助け合う
●「一見さんお断り」に込められた意味
●大切な「お母さん」と信頼関係を築く
●先輩との関係が自分を成長させる
●身近な人とのつながりこそ大切に、感謝を忘れない
●ルールを守るからこそ、自分も守られる
●嘘は、人のつながりによって見抜かれる
●「報告、連絡、相談」を徹底する
ほか

第5章 相手も喜ばれる贈り物の知恵
●由縁のある贈り物を選ぶ
●「贈り上手」への道は日頃のリサーチから
●旅行のお土産は、相手に負担をかけない贈り物
●一番ありがたいのは「必ず使うもの」
●「役に立つ贈り方」を考える
●包み紙ひとつにも気を配る
●「あえて見せる」のが効果的な場合も

第6章 大切にしたい四季の移ろいと日本の伝統
●おもてなしに四季をとり入れる
●お座敷の「しつらえ」は日々変化する
●手紙で思いを伝える習慣を
●感動を呼ぶ手紙の書き方
●和歌の知識を身につける

内容(「BOOK」データベースより)

基本を大切にひたむきに守っているからこそ、祇園のおもてなしは何百年もの間、一流と呼ばれるお客さまに喜ばれてきた―会話、身なり、立ち居振る舞い、贈り物などのコツ。なぜか好かれる人になる祇園300年の知恵。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2015/8/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022512954
  • ISBN-13: 978-4022512956
  • 発売日: 2015/8/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 134,497位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2017年8月16日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告