通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
京都の意匠 (デザイン) 暮らしと建築のスタイル がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーや本文に多少のキズ、折れ、汚れがありますが、全体的に使用感少なくきれいな状態です。◆アマゾン倉庫から発送。年中無休でお急ぎ便、代引き、コンビニ受け取りもご利用いただけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

京都の意匠 (デザイン) 暮らしと建築のスタイル 単行本 – 2016/6/30


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 3,780
¥ 3,780 ¥ 2,800

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「1629」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 京都の意匠 (デザイン) 暮らしと建築のスタイル
  • +
  • 日本の色辞典 (染司よしおか日本の伝統色)
総額: ¥7,344
ポイントの合計: 221pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

京の住まいにのこる懐かしい情景、京の街を彩る日本的な意匠。

本書は、インテリア・建築雑誌『季刊・コンフォルト』に 13回にわたって連載された後『京都の意匠・ 伝統のインテリア・デザイン』『京都の意匠II・街と建築の和風デザイン』としてまとめられた2冊を装いも新たに1冊にまとめたものである。京都で生まれ育った染織史家の吉岡幸雄による幅広い視野と厚みのある知識で語られる京都の数々の意匠は、自然光と室内灯のみで写し取られる喜多章の静謐な写真とあいまって、長い歴史の中で育まれた奥深さを様々な表情で魅せてくれる。(オールカラー、写真総数320点以上)

目次抜粋

I. みやこの住まいと暮らしのデザイン
京の街、眼の記憶
「玄関」ひんやりとした空間
「障子・窓」風光を感じ、垣間見る楽しみ
「引手・釘隠し・欄間」わずかな空間の美
「夏座敷」風を呼ぶ
「台所」聖なる火のあるところ
「坪庭」囲まれた空間
「祇園会」みやこの機能

II. みやこの街と建築を彩る京風デザイン
美しい京の街へ
「門」人は門をくぐることに意義をもつ
「塀・垣」塀と垣のうちそと
「屋根」瓦の並ぶ偉力
「看板・暖簾」商業広告事始め
「路地・辻子・小径」温もりのある空間
「橋」まだ見ぬ彼方へ

京都デザイン散策マップ

著者について

吉岡幸雄(よしおか・さちお) 染織史家・染色家 1946年・京都市生まれ。生家は京都で江戸時代より続いている染屋。1971 年・早稲田大学第一文学部卒業。
1973年・美術出版・紫紅社設立、美術工 芸の編集と研究を志す。『染織の美』(全30巻・京都書院)編集長、美術展 覧会「日本の色」「桜」などを企画・監修。
その後、生家「染司よしおか」 を継承、東大寺二月堂修二会(お水取り)の椿造花、薬師寺花会式造花の紅 染・紫根染の和紙を毎年奉納。
1991年以来、薬師寺三蔵院にかかげる五旗 の幡、薬師寺の伎楽衣装45領、東大寺の伎楽衣装40領などを、天平時代 の彩色ですべて天然染料で再現・制作。
1991年・きもの文化賞受賞、2010 年・菊池寛賞受賞、2012年・NHK放送文化賞受賞。
主な著書:『京都の意匠』&『京都の意匠II』(建築資料研究社・1997)、『日 本の色辞典』(紫紅社・2000)、『日本の色を染める』(岩波新書・2002)、『色 の歴史手帖』(PHP研究所・2003)、
『日本の色を歩く』(平凡社新書・2007)、 『「源氏物語」の色辞典』(紫紅社・2008)、『日本人の愛した色』(新潮選書・ 2008)、『王朝のかさね色辞典』(紫紅社・2011)、
『日本の色の十二ヵ月―― 古代色の歴史とよしおか工房の仕事』(紫紅社・2014)など多数。

喜多章(きた・あきら) 写真家 1949年・京都市生まれ。1970年・東京写真専門学院大阪校卒業。
1980年 よりフリーランスの写真家として活動。1989年・作品「群れ」で太陽賞受 賞。日本写真家協会会員。 単著(写真集):『祭―大爆発・日本の祭』(河出書房新社・1995)。
共著(全写真担当):『京都の意匠』&『京都の意匠II』(建築資料研究社・ 1997)、『都市と建築の美学 イタリア』シリーズ(建築資料研究社・2000- 2001)、『初めての茶室』(建築資料研究社・2000)
、『金沢の手仕事』(ラト ルズ・2006)など。 写真展:「柳生への道」(大阪)、「大阪ロマン」(大阪)、「息づく建築」(大 阪)、「群れ」(大阪)、「茶室」(東京)、「ゴーストタウン」(東京・大阪)、
「大爆発日本の祭り」(東京)、「大震災 町の変貌全記録」(伊丹)など。 その他の写真テーマ:「33-44裸婦」「人間曼荼羅」「居場所―花」「ご近所桜」 「立ち飲み屋徘徊」「四季の記憶」「Water水H2O」「視感:国宝建築」など


登録情報

  • 単行本: 288ページ
  • 出版社: 紫紅社 (2016/6/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4879406201
  • ISBN-13: 978-4879406200
  • 発売日: 2016/6/30
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 2.5 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 236,539位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう