通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
京都で寺カフェ~悠久の喫茶空間~ がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●帯なし
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

京都で寺カフェ~悠久の喫茶空間~ 単行本(ソフトカバー) – 2014/11/21

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 410

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 京都で寺カフェ~悠久の喫茶空間~
  • +
  • 京都カフェ散歩―喫茶都市をめぐる (祥伝社黄金文庫 か 17-1)
総額: ¥2,443
ポイントの合計: 42pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

建仁寺、青蓮院、等持院、仁和寺、鈴虫寺など高名で静謐な京都のお寺で、古刹の雰囲気を味わいながらのカフェ時間を過ごしませんか?

内容(「BOOK」データベースより)

山門をくぐった先は極上の異空間―。何百年という歳月が作りだしたカフェで、まずはお茶を一服、いかがでしょうか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 128ページ
  • 出版社: 大和書房 (2014/11/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4479783059
  • ISBN-13: 978-4479783053
  • 発売日: 2014/11/21
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 377,892位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
何とも優雅な一冊でした。
この時期、なかなかお寺巡りはかないませんが、この本でじっくりとお寺時間を味わい、またいい季節になったらこの本を持って京都のお寺を巡り、お茶など一服、と思っています。
「寺カフェ」という言葉がタイトルにありますが、カフェに行く目的が、人にもよるのでしょうが、お茶を飲んだり、そこにどんなメニューがあるのかを知ったりすることが第一義ではなく、その雰囲気や流れる時間といった周辺の物語にあるように、ゆったりと旅の途中の物語とその余韻を楽しむことが出来る一冊でした。
佐藤雅子さんのお料理の本が好きなのですが、それは、佐藤さんの本には、お料理のレシピだけではなく、その周辺にあるものが書かれているという「優雅さ」があるからなのですが、この本もまた、お寺でのカフェ時間にとどまらない優雅な情報がたっぷり詰まっています。もちろん、見知ったお寺でありながら、見落としていた細やかな情報が随所にあって、データを羅列したガイドブックでは得られないお寺を知ることが出来ました。
多分、この本が伝えようとしているのは、新しい情報のかたち、実用+形而上的なものなのでは、と思ったりします。「実用的なものばかりではつまらないわね」と言って、『源氏物語』を贈った古の物語のエピソードのように。
もう少したくさんのご朱印を、もう少し大きな画像で見たかった
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sasabon #1殿堂トップ10レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/4/12
形式: 単行本(ソフトカバー)
「寺カフェ」という命名が新鮮でした。京都の寺院の中で、お抹茶とお菓子をいただけるところを紹介した本です。「悠久の喫茶空間」という副題も秀逸です。
京都の寺院観光のついでにお抹茶をいただくことはあっても、そこに着目して一つの本にまとめたアイデアはなかなかのものです。

各寺院を紹介する文章は読みやすく、優しい雰囲気に包まれるものですが、他のガイドブックとの差別化を図るとすれば、寺院で提供されるお抹茶とお菓子のセットの写真ということになるのですが、この写真のライティングが良くないですね。

写真に影が写り込んでいるものが見受けられました。お抹茶茶わんの中が半分陰になり、お茶碗の図柄も見えにくくなっていました。レフ板で影を和らげるという工夫があればもっと見易くなります。また寺院や庭園を紹介する写真は美しく鮮明ですが、挟み込まれている一部の写真の水平が狂っていたり、非写界深度が浅くピントの合う部分が少ないものや、手振れをおこしている写真も散見しました。このあたりはプロのカメラマンに任せたほうが良いでしょう。大多数の写真は美しく鮮明でしたので、そのあたりが気になりました。

個々の内容に触れますと、第1章の「寺カフェ」では、「青磁の器のような美しさの中で」というコピーで青蓮院門跡を紹介してありました。芥川龍之介が「青磁の器
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ツェルト 投稿日 2015/1/3
形式: 単行本(ソフトカバー)
旅ブログっぽいお寺の説明・感想八割 カフェの情報二割の内容といったところでしょうか。 お寺の由来は他のガイドブックにも沢山載っているので 寺カフェとしての魅力をもっと知りたかったです。お茶菓子の種類とか 食べた感想や味またはお茶の香りなどの情報がもっとあれば食いしん坊の私は「行って食べて和んでみたいっ!」と思うんですが…。あと写真がちょっとイマイチ… なんとなくボヤケてるような??でも寺カフェて題名の響きに★3つです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告