通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
京都、オトナの修学旅行 (ちくま文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーにいたみがありますが、その他に使用感は少なく概ね良好な状態です。◆原則48時間以内に発送手続きをいたします。◆ゆうメールで配送のため日、祝日の配達はありません。◆清掃後丁寧に防水用の袋に簡易梱包して発送いたします。◆付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ◆Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。◆検品には万全を期していますが、ご連絡して頂ければ対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

京都、オトナの修学旅行 (ちくま文庫) 文庫 – 2008/10/8

5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 京都、オトナの修学旅行 (ちくま文庫)
  • +
  • 日本美術応援団 (ちくま文庫)
  • +
  • 名画読本 日本画編 (知恵の森文庫)
総額: ¥2,863
ポイントの合計: 89pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

商品説明

 「金閣」を背景にいい年をした2人の男が学生帽に学生服、首からはカメラを下げて直立不動で立っている。マジメなふりをしているが、目がそこはかとなく笑っている。南伸坊装丁の表紙を見て、「あれか」と思われた人は相当な「美術好き」、いや、実は「日本美術応援団」団員の人かもしれない。

   21世紀の新しい娯楽「日本美術」の応援を展開するマジメな団体にして1996年、今はなき日経アート誌上にて結成された「日本美術応援団」。その団員第1号である赤瀬川原平(ほかに、元前衛芸術青年、芥川賞作家、路上観察学会長老とさまざまな肩書きをもつ)と、同団体団長である山下裕二(表向きは日本美術史を教える大学教授)との2人が、場所を京都に移して、前著『日本美術応援団』に引き続いて出した対談集である。

   目次だけを見ても本書は楽しい。その一例。「金閣:“むきだし”の金は今日もリニューアル中」「二条城:ゼネコン狩野株式会社の大仕事」「平等院:平安貴族が夢見たサンダーバード基地」など。誰もが知っている有名寺院が多数だが、見学先には「樂美術館」「待庵」といった「通好み」の場所もある。おまけにこの2人、随所で特別拝観を許されているので、そのルポには心ひかれる(お茶好きな人ならば、著者たちのように待庵で利休・秀吉ごっこをしてみたいだろう)。

   一般人とはちょっと異なった芸術家ならではの視点で、ブランド中のブランドというべき京都の新たな魅力を語ってくれる。「あとがき」に続く「手引き」によれば、「オトナの修学旅行には本書を必ず持って来ること」とある。一人旅でも本書を携帯すればきっと3人で行った気になるだろう。「修学する」ための旅行には、さまざまな経験を積み重ねた「オトナ」の先達はぜひとも欲しいものであるから。いとうせいこう・みうらじゅんの『見仏記』を読まれた人にもおすすめだ。(稲川さつき) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

京都といえば修学旅行。修学旅行といえば、お寺や仏像。イコール退屈。それは、子供の修学旅行だったから。お寺の造作や仏像、襖絵などの味わいを感じられるようになるにはオトナであることが必要だ。歳をとって初めて日本美術の愉しみ方が分かるようになるのだ。金閣寺や清水寺、桂離宮、平等院などの京都名所を「日本美術応援団」の2人が行く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 273ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2008/10/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480424776
  • ISBN-13: 978-4480424778
  • 発売日: 2008/10/8
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 246,110位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/1/31
形式: 文庫
まずタイトルが秀逸で、『京都、オトナの修学旅行』って何だろう、と読む前からワクワクする題名です。
確かに、京都は今も昔も修学旅行の代名詞のような街ですが、廻った社寺仏閣の印象は退屈だったという印象しかないでしょうし、旅館での枕投げと新京極でのお土産物の購入しか記憶していない、というのもよくある話です。

京都を訪れるのは、まさしく「大人」のほうが良いですね。路上観察学会長老で芥川賞作家の赤瀬川原平氏と、日本美術史を専門とする明治学院大学教授山下裕二氏による京都の名所旧跡を巡る旅の全てが知的好奇心を満たす含蓄に富んだものでした。

取り上げた社寺は、確かに修学旅行で必ず廻るような場所ですが、「日本美術応援団」として著書を出している二人の会話は珍しい視点から対象物を取り上げていますので、子供の修学旅行で得られる体験とは全く違う次元のものでした。

本書の内容は、金閣―「むきだし」の金は今日もリニューアル中、二条城―ゼネコン狩野株式会社の大仕事、東寺―とうじのまんま、ぶっきらぼうに並んでます、高台寺・円徳院―和尚の留守中に描いちゃいました、清水寺―信仰と観光の幸福な結合、京都御所―ミカドの留守番130年、桂離宮―純粋な贅沢を死守してきました、平等院―平安貴族が夢見たサンダーバード基地、銀閣―砂に銀を映したアーティストは
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ブランドや有名どころがなぜ良いのか。実はそれが分かるには、それ相応の大人の努力が欠かせないのではないかと思った。ではどうすればよいか。なにごとも自分の力で能動的に接すること。そうすれば見る力が養われ、新たな時間や空間を得、自由度も増すと著者たちは言う。もちろん楽しみも大きくなる。
狩野派はゼネコンでありマイクロソフト。一方等伯はマッキントッシュなど、現代にあわせた愉快で楽しくなる比喩が可能なのも二人の日ごろの鍛錬の賜物といえる。そして私たちを一級ブランド、京都の美術世界へやさしく案内してくれる。
この本を読むと凝り固まった体の疲れと緊張がほぐれ、なんだかほんわかと楽しくなってくる。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
オリジナルは2001年3月リリース。文庫化は2008年10月10日リリース。

『路上観察学』の大家にして『老人力』の発見者、及び『新解さん』の共同発見者、『トマソン』・『中古カメラ・ウィルス』・・・と肩書きが書き切れない赤瀬川原平氏と美術史の専門家お山下裕二明治学院大学教授による、京都、オトナ(の視点による)『修学(学問を修め習うこと)』旅行(本)である。

両氏も文中で指摘しているが、京都ほどの街を中学生・高校生が理解できるとはぼくも到底思えない。というか、中学生・高校生で京都の神社仏閣や歴史、庭や石に興味がある、という人は皆無に等しいだろうと思う。ぼくも中学生・高校生と京都へ修学旅行に行っているが、ほとんど記憶にない。記憶にあるのは、高校生の修学旅行で夜中に抜け出し、憂歌団のライヴに行ったことばかりだ。京都の深遠さを理解できるのは『オトナ』でないと無理なのだと思う。

オトナになり、山下教授のように溢れんばかりの専門知識を持つ人を加え、気の合う仲間と少人数で自由に行く京都旅行というのは、実に愉しいと思う。オトナ社会の紆余曲折をキチンと乗りきっているので、視点が京都の様々な意匠に反応してしまう。『ゼネコンのような狩野派』という分析が実に面白い。

読了後、もう少し、京都のことを下調べしてから、お気に
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本を読んで、今まで行ったことのなかった高台寺を訪問したくなり、時雨亭、傘亭を見に行き、正直唖然とした。これが本来の茶室だったのか。園徳院の長谷川等伯の襖絵は、正直良さが良く分からず。東寺は何回も行っているが、仏像の記憶が全く無いことに気づいた。などなど、京都通と思っている人ほど、面白い本だと思います。今まで知っている筈の京都と、この二人が見ている京都は少し違うため、とても新鮮。これからは、彼らの(赤瀬川、山下両氏の)目で見た京都も加えれば、京都観光、いや、日本美術鑑賞の幅がぐーーんと広がるでしょう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告