この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

京町家・杉本家の献立帖―旨いおかずの暦 (Shotor Library) 単行本 – 2008/5

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,399
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

京都265年の杉本家の献立を季節感と共に

 京都で創業から265年間を経た元呉服商の杉本家。10代目である杉本節子さんが代々伝わる食の献立帖を元に自ら調え、豊かな季節感と滋味に富むおそうざいの数々を綴り四季折々の京暮らしの魅力を語ります。江戸期以来京都に受け継がれてきた「スローフード生活」を、現代の京町家の暮らしに見る! という本です。一年の町家の暮らしを追いかけつつ、おだいどころを預かってきた杉本家代々の女性たちによって、工夫が凝らされた家庭料理は「おばんざい」と親しみをこめて呼ばれてきました。ふとページを開けば、旧家の大切な献立から、通常(ケ)の日のおかずまで、京都のふつうの暮らしの中にある、こころのぜいたくや幸福感を感じさせるおばんざいが並びます。

内容(「BOOK」データベースより)

京都の商家が百年、二百年と守り続けてきた食、おばんざい。野菜に魚、干物、乾物、豆腐や揚げ物、練り物、香味料…。旬のものの美味しさばかりか、京都の豊富な食材から、とびきり旨い日々のご馳走はゆっくりと工夫を重ねてできあがった。京のおだいどこの1年間を訪ね、くだんの料理に手軽に美味しく、健康的な一品を添えるレシピ・ノート。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 158ページ
  • 出版社: 小学館 (2008/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093432538
  • ISBN-13: 978-4093432535
  • 発売日: 2008/05
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 283,410位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
杉本家の料理は、懐かしいおばあちゃんの味であったり、旬の食材を無駄なく華美にせず、しまつしながらも、だしをきちんと効かせて、

食材のもつ味を美味しく引き出す事が出来るレシピの本です。

毎日いただく常のおかずから、行事の料理、人としての生きる基本も学べる今の日本人が忘れている大事な事を思い出させてくれる、又、教えてくれる

素晴らしい料理書だと思います。

沢山マネをして日々楽しませて頂いてますが、特に今なら、(夏)ナスの泥亀煮等は、冷たくして頂くと絶品です!お試しください(^0_0^)

日本人ていいなぁ!日本人に生まれてよかったと思える本ですよ!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
京料理のレシピはもとよりトップレベルの京町屋の伝統的な暮らしが
文章と写真でわかりやすく紹介されており
本を手に取るだけで京文化に触れる気分を味わえます。
四季折々の料理に対する精神、所以などが奥深く、
さすが京文化だと思いました。
杉本家のような素晴らしい器はありませんが、
美しい盛り付けも参考になります。
どのレシピもすぐに作れそうな材料と方法ですので
敷居の高いと感じていた京のおばんさいを
自分でも作れるので一気に身近になりました。
京都好き、和食好きの方にお薦めです。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/5/2
形式: 単行本
京町家ブームですが、綾小路通新町西入ルにある杉本家は町家の中でも別格の存在で、京都市内の最大規模の町家と言われています。火災のため、明治初期に建て替えられていますが、商家の建築として高い価値があり、京都市指定有形文化財ですし、重要文化財の指定もされる予定です。

本書は、奈良屋記念杉本家保存会事務局長の杉本節子さんによる京都のおかずを紹介したもので、最近ではおばんざい、という呼び方がされている京都に伝わる普段の食生活です。
本書で懐かしいおかずの作り方が詳しく紹介してあります。材料、作り方、出来上がりの料理のカラー写真がありますから、実際にチャレンジしてください。

材料は旬のものですが、質素倹約を元としています。海から遠い京都ですから、比較的地元の野菜を中心にした健康的な献立が並びます。ハレの行事すなわち正月・節句・祭礼の時の献立も紹介してありますが、杉本家と言えどもいつもご馳走を食べておられないのは、24ページに書かれています。「贅沢や派手なことを慎んで質素倹約に努めた暮らしを、しまつした暮らしというてます」その通りですね。

なかなか見ることのできない杉本家の内部の写真、調度品や食器、受け継がれた料理帳は興味深いものでした。144ページには料理歳時記が掲載してあり、京都の商家のハレの献立が分かるようになって
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
『節子の番菜覚』を拝見して、とても好きだったので本も購入しました。

片栗粉の味が苦手(我が家ではスーパーで売られている安物を使っているから独特の味が気になるのでしょうか?高いものだと大丈夫なのかもしれませんけど…)な私にとって、浮き粉を入れて作る”おたまさん”のだしまきレシピはとても参考になりました。

本場のおばんざいレシピ・京都の匂い・著者の語り口調、すべてが素敵な本です。     
この本を開くたびに大好きな京都に旅行に行ったような気持ちになれます。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック