中古品の出品:6¥ 1,881より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

京極夏彦 怪 赤面ゑびす [DVD]

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:6¥ 1,881より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

浜ちゃんとスーさんの人情劇を描いた「釣りバカ」シリーズの人気ランキングをチェック。
釣りバカ日誌特集はこちら


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


登録情報

  • 出演: 田辺誠一, 遠山景織子, 佐野史郎, 火野正平, 本田博太郎
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹ホームビデオ
  • 発売日 2001/08/25
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005MMLO
  • EAN: 4988105023024
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 209,310位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

WOWOWにて放映された、京極夏彦原作の小説をもとに贈る傑作時代劇ミステリードラマ。主演は田辺誠一。

レビュー

監督: 酒井信行 原作・脚本: 京極夏彦 撮影: 石原興 音楽: 栗山和樹 出演: 田辺誠一/佐野史郎/遠山景織子/夏八木勲/小松政夫/小木茂光/梶原善/三原じゅん子/四方堂亘/ひかる一平/朝岡実嶺/麻田かおり/平沙織/山田明郷/なにわゆうじ/津田健次郎/聖はるか/藤田まこと
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 某nm 投稿日 2002/11/15
Amazonで購入
 京極夏彦が脚本を書き下ろした時代劇シリーズ第3弾。今回は、『恵比寿の顔が赤くなると島が滅びる』という言い伝えが残り、『笑うことが許されない』隔絶された孤島の中で、又市一味の仕事が行われる。原作にはない完全オリジナルストーリーで、四つ玉の徳治郎(火野正平)が初登場。島の中の独特の掟とその異世界ぶりは京極作品ならではと言えるかもしれないが、やはり活字の世界と映像の世界では、京極さんほどの作家でもイメージにずれが生じていたのではないだろうか?最後の仕事ぶりも原作ファンには不満が残るところ。まあ、これはただの仕事人として肩の力を抜いてみるべき作品だろう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/11/18
2001年8月リリース。京極夏彦原作・企画・脚本による、時代劇ミステリー第3弾。原作は『後巷説百物語』の『赤えいの魚』だ。『後巷説百物語』の中でも一番好きな作品で期待して観てしまった。で、なかなか良くできていて(仲良しの大沢在昌が出ていて嗤った)、笑った。ただしやっぱり「必殺」シリーズぽい。「必殺」シリーズを担当した松竹京都映画が制作していて、仕上がりがそっくりだ。つまり全部が作者京極夏彦の『好み』で作られているのだな。

あんまり「必殺」シリーズに似すぎだと、閉口する・・・・まあやはり面白いので許すが、ただ原作が余りに素晴らしいので、全く別の映像化能力に長けた榎木津(!!)氏のような人に再度挑戦して欲しい気がもの凄くする。

ストーリーは凄く良くできている。いかにも『百物語』に在りそうな話だ。世継ぎ世継ぎと急かされるのも何処かの国と一緒な気もしたな。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック