交響詩篇エウレカセブン 8 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,800
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: オーベル書房
カートに入れる
¥ 4,482
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

交響詩篇エウレカセブン 8 [DVD]

5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 1,470 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 5,010 (77%)
残り6点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、falo-mediaが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 1,468より 中古品の出品:3¥ 119より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 交響詩篇エウレカセブン 8 [DVD]
  • +
  • 交響詩篇エウレカセブン 9 [DVD]
  • +
  • 交響詩篇エウレカセブン 7 [DVD]
総額: ¥11,930
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 三瓶由布子, 名塚佳織, 藤原啓治, 根谷美智子
  • 監督: 京田知己
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2006/02/24
  • 時間: 98 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000DZJJVI
  • JAN: 4934569622570
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 51,041位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

バンダイグループが総力を結集して挑む、空前のメディアミックスプロジェクト!!
新進気鋭のスタッフによる新感覚アニメーション超大作!
PSP(プレイステーション・ポータブル)で視聴可能なUMDを同梱した、UMDスペシャルパック&通常版DVDの2アイテム
で全巻リリース!


まるで本当の両親のように優しかったレイとチャールズのビームス夫妻。だが、安らぎは破られた。
ゲッコーステイトとビームス夫妻の最後の戦いが始まる。その戦いの中心にいるのは、エウレカだという。

それを知ったレントンは!? どうして人は戦い合わなくてはならないのか?

優しかったはずのレイ・ビームスが音楽と共に月光号を襲うレイ・ライン上に大人の愛と憎しみが交錯する!!


◎仕様◎
【毎回封入特典】20ページライナーノーツ
【毎回映像特典】
・スペシャルネクストプレビュー(新編集による次巻予告編映像)
・<音声特典> 第27話本編音声の別ストリームに三瓶由布子×名塚佳織×小杉十郎太×久川綾による
オーディオコメンタリーを収録
【他、仕様】ジャケットはキャラクターデザイン・吉田健一による描き下ろし

◎内容◎
■第27話「ヘルタースケルター」
 レイとチャールズの襲撃に備える月光号。
ホランドは、レントンとエウレカを守るため全身をステルス塗料で塗り、戦闘体制を整える。首尾良く月光号に潜入した
レイとチャールズはトラップを突破。ついにレイはエウレカと、チャールズはホランドと対峙する。
■第28話「メメントモリ」
 空に、チャールズのフェイバリットだった「GET IT BY YOURHANDS」が流れる中、レイの孤独な戦いが始まる。
ホランドとの因縁、エウレカへの憎しみ、そしてチャールズへの愛。ホランドからレイとチャールズの因縁を聞かされたレント
ンは通信でレイに呼びかける。
■第29話「キープ・オン・ムービン」
 再び以前のように月光号で働き始めたレントン。エウレカと相談して始めたのは、艦内での生活を快適にするための掃除と料理だった。そんなレントンにタルホはエウレカの
真実を告げるのだった。一方、ドミニクはベルフォレストでレントンの祖父と出会う。
■第30話「チェンジ・オブ・ライフ」
 エウレカが一時を過ごし、ニルヴァーシュが開発された施設、トレゾア技術研究所。アーキタイプの成長により合わなくなったニル
ヴァーシュの外装の交換を行うため、月光号はトレゾア技研を訪れた。そしてタルホにとってもまた変化の刻が訪れつつあった。

◎キャスト◎
レントン:三瓶由布子/エウレカ:名塚佳織/ホランド:藤原啓治/タルホ:根谷美智子/ストナー:松本保典/ハップ:山口太郎
ウォズ:長島雄一/ジョブス:志村和幸/ムーンドギー:宮野真守/ギジェット:水沢史絵/ヒルダ:浅野まゆみ/マシュー:中村彰男
ゴンジイ:石森達幸/ケンゴウ:大木民夫/ドミニク:山崎樹範/アネモネ:小清水亜美/デューイ:辻谷耕史 他

Amazonレビュー

   『ラーゼフォン 多元変奏曲』の京田知己監督によるTV秀作SFアニメーション・シリーズのDVD第8弾。第27話「ヘルタースケルター」第28話「メメントモリ」第29話「キープ・オン・ムービン」第30話「チェンジ・オブ・ライフ」を収録。新章に突入し、展開が大きく変わっていく巻。月光号内部へ突入するビームス夫妻とホランドの宿命の対決、その激しくも悲しい死闘を経て、ホランドはようやくレントンに心を開き、エウレカとの愛を応援するとともに、2人を護る決意を固める。エウレカの謎も少しずつではあるが明らかになっていく。第30話ではタルホも髪形を変えて気分一新。シリーズ前半部の人間関係のモヤモヤが確実に消え失せ、晴れ上がっていくのが観ていて気持ちいい。しかし多くの謎はまだ残されたまま、次巻へ!(増當竜也)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

この作品はよくエヴァンゲリオンに似ていると囁かれる。確かにそうと言える設定を見る事はできるだろう(サマー・オブ・ラブ等)。

だが、唯それだけの理由で『駄作』と評価をしてしまうのは如何な物だろうか?

どんな作品にも、そこには必ず創り手の込めたメッセージがある筈だ。視聴者はそれを探し、読み取って初めて作品を真に理解できるのではないだろうか。

中身の素晴らしさに目を向けず、蓋を開けようとさえせず、剰え包装の外から見下ろし作品を判断するなど製作者に対する侮辱以外の何物でもない。

正しく愚の骨頂と言えるだろう。 
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
3クール目は怒涛の展開で特に前半はむちゃくちゃ面白いです。

最近似ていると評判のエヴァを見てみましたが、確かに似ている場所もあったが、逆に「この感じの作品にはどれも共通して表れているものではないのか?」という感じを受けました。結局は組み合わせなんですよね。

似ていることを考慮してもこの作品は間違いなく良作です。

ストーリーからいくと9巻も最高に面白いとおもいます。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
27話からはレントンに多大な影響を与え、ホランドとも因縁のあるビームス夫妻の末路が描かれます。個人的には28話中ずっと流れ続ける「GET IT BY YOUR HANDS」が印象的でした。また29話ではドミニクが久々に登場し、最後に涙を見せるんですが、これは物語終盤にその意味がわかります。じっちゃんの凧といい、本当にいたるところに伏線が張られている作品ですね。そして30話。タルホさんのイメージチェンジが衝撃ですが(笑)、モーリスがストナーにカメラを教わるトコが一瞬だけど凄くいいシーンですね。エウレカもニルヴァーシュも変わった、変われるという感じでまさにチェンジ・オブ・ライフなエピソードです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
過去の作品からの影響を受けていない作品はありえない。そこで受けたインスピレーションをどう活かしていくか、それが製作サイドの腕の見せ所となるのではないだろうか。

その意味でこの作品は間違いなく良質だ、現時点で。

繊細な心情描写、質の高い脚本・画・サウンド、そして奥深い世界観と物語のどれもが充分だ。演技も主役の二人はソコソコだが、脇を固める役者陣がうまいため安定している。

この巻はちょうど3クール開始の巻で、激しい展開の話が揃っている。特に27,28話は鳥肌モノである。

TV放送で残り10話、どう仕上がるかは見てみるまでわからない。

その結末が納得のいかないモノであれば、その時には悪評するべきだ。

しかし今はまだすべきではない。色眼鏡を外せば立派なエンターテイメントであるはずだから(視聴率は低くとも)
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 この巻は第27話からスタートしますので、第3クールに突入です。

 ネタバレは好きではないので書きませんが、(特にこの作品は「この後一体どうなるんだ?」的な魅力が高いので)本当に製作スタッフに神レベルの仕事を発揮したのがありありと伺えます。

 第2クールも全てこれくらいの仕事をしていれば、エウレカセブンは長く後世に語り継がれる名作となったでしょうにそれが残念と思えるほどでした。(いや、今からでもそうなりえるかも)

 作中の本当の魅力は全員が「吹っ切れた」のだと思います。レントン、エウレカ、そしてホランドが。

 ネタバレは色々と買う楽しみがなくなりますので、書きませんが、この魅力を最大に象徴できる一言でコメントを閉めさせていただきます。

 (二人で仲良く)「続く!」
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す