交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい [... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,875
通常配送無料 詳細
発売元: ことり商店※
カートに入れる
¥ 3,975
通常配送無料 詳細
発売元: ecotte
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい [DVD]

5つ星のうち 2.9 59件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,040
価格: ¥ 3,875 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,165 (23%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、STAR-SELLERが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 1,845より 中古品の出品:16¥ 200より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい [DVD]
  • +
  • 交響詩篇エウレカセブン(全50話)DVDBOX [Import]
総額: ¥7,595
ポイントの合計: 112pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 三瓶由布子, 名塚佳織, 藤原啓治
  • 監督: 京田知己
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2009/06/26
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 59件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001V70TK2
  • JAN: 4934569634757
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 19,601位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

2005年より1年間、MBS・TBS系全国ネットで放送された『交響詩篇エウレカセブン』、待望の劇場版!
大スクリーンで紡がれるエウレカとレントンの新たな物語が、
劇場の感動をそのままに早くもDVDで登場!!

<ストーリー>
これはレントンとエウレカの、もうひとつの物語――。
宇宙より飛来した謎の生命体イマージュと人類の戦いは、既に半世紀に及ぼうとしていた。
西暦2054年、ホランド・ノヴァクの指揮下、イマージュと戦う第303独立愚連隊の戦闘母艦・月光号に一人の少年兵がいた。少年の名はレントン。レントンはニルヴァーシュに搭乗し戦場に赴く。レントンの夢は一つ。8年前に連れ去られた幼なじみの少女エウレカをいつの日か助け出し、故郷へと帰ること。
だが運命は、レントンとエウレカの小さな恋を試すように試練を与える。使命と感情、真実と嘘、過去と未来、生と死、現実と夢、そしてホランド。二人の前に世界の全てが立ちはだかる。
イマージュとの最終決戦が迫る中、二人は神話の扉を開く!


【毎回封入特典】 ブックレット
【毎回映像特典】 予告編


<スタッフ>
総監督:京田知己/キャラクターデザイン:吉田健一/アニメーションディレクター:斉藤恒徳/特技監督:村木 靖/美術監督:永井一男/色彩設計:水田信子/撮影監督:木村俊也/音響監督:若林和弘/音楽:佐藤直紀/プロデューサー:南 雅彦/制作:ボンズ

<キャスト>
レントン:三瓶由布子/エウレカ:名塚佳織/ホランド:藤原啓治/タルホ:根谷美智子/ドミニク:山崎樹範/アネモネ:小清水亜美 他

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

BONES原作による人気TVアニメの劇場版。西暦2054年、戦闘母艦・月光号にいたレントンは、8年前に連れ去られた幼馴染みのエウレカを救出しようとするが…。大幅な新作カットを加え、カット単位で換骨奪胎したTVシリーズの映像をミックス。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

TV版エウレカセブンのファンです。

本作はTV版とは設定がまったく異なるストーリーで、
なぜ、これをエウレカで作ったのか、いまいちよくわからない。
ニルヴァーシュが喋っている違和感もすごい。
「L change the WorLd」とかを見た後の気持ちと近いかもしれない。

まったく別作品と構えて見るか、TV版を見ていない人には、なくはないかもしれない。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
スロットのエウレカセブンが面白かった為TV版をすべて見て、
そして最後に劇場版を見ました。

感想から言うと微妙です。

まずパラレルワールドなので割り切ってみないと駄目だと言うこと。
自分はTV版から間をあけずに見た為、ものすごい違和感を覚えました。

ニルヴァーシュ、ジエンドは可愛らしい幼体が出てきていいですし、
レントンとエウレカの描き方も悪くないと思う。

しかしハップの扱いは本当に酷い、あんなキャラじゃないのにって思いつつも、
TV版とのギャップに耐え切れず笑いそうになりました。
ギャグにしか見えないんですよね、どういう訳か。

あとネーミングセンスがよろしくない。

ドーハの悲劇とか、ネバーランドとか、下手に実際に存在する物をつかっているため、
ふざけているのではないか?と不快感を覚えるばかり。

また全体的に使いまわしのシーンが多くて違和感が有ります。

新規のシーンも勿論有りますけど。

何ていうか全体的にモヤモヤした感じです。

TV版が好きであれば、見る必要はないと思う。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
まず、TV版が大好きな方にはオススメできません。
また、エウレカセブンを全く見たことない方にもあまりオススメできません。

既に周知のとおり、TV版とはキャラ設定や舞台設定が違っています。
完全に違うのなら全く別の物語として見れるのですが、その違いが中途半端でTVシリーズを見てる人にとっては変な違和感を終始感じます。混乱してしまうというか。
細かいところはいいとしても

・デューイはほとんど描かれず、話の中軸にいない(その上ホランドとは血縁関係がない)
・ハップとストナーの中盤での乱心、扱いがひどい(彼らがエウレカを襲うシーンが・・・)
・ダイアンやアドロックなどサーストン一家の設定はほとんどカット
・アネモネが全く戦わず、ジ・エンドも幼体しか出てこない
・コーラリアンでなくなぜイマージュなのか(呼称が違うだけ?)
・終盤でホランドらとなぜ死闘を繰り広げるのかイマイチ意味がわからない

あたりは看過できません。
「神話」がキーワードなんでしょうけど、そのへんもあまり伝わってこないというか。
制作者に対して「いったい何がしたかったの?」と思わざるをえません。
かといって、この劇場版だけで話が成立しているかというと決し
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 RICK トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/8/16
嫌いではないんですけど、やはりこの評価なのが残念。
『嫌いではない』というのも、TVアニメ版の高評価に救われている気がしなくもない。

音楽と空戦のマッチングや、成長する少年の視点、というところ(これが好きだったんですけど)がみごとにスポイルされて、
戦う意義も『自分たちのため』という利己的な月光メンバー、
レントンを薬漬けで廃人化して手元に置こうかと相談したり、
男二人でエウレカを襲っちゃってひどい目にあったり、
ミンチ化した二人をいっさいなかったかのように無視して進む仲間たち。

う〜ん。収録時間の関係か?
絵はきれいだが。
TV版でのクールかつ人間臭く若く熱い、さわやかな連中はどこへ行ったのか。
別世界のストーリーだというのを念頭に置きつつ、しかし残念さが残る。
ただでさえ特殊用語が多い作品だったのに、それも名前が変わっちゃって。
TVから見た人には多大な違和感を、初見の人には消化不良と?を残すことは間違いない。
よくある同人誌をプロが資本入れてアニメ作ったって感じ。

自分はレンタルで見たんですけどね。
劇場に足を運んだり、DVDやBD買って手元に置いてリピートしようとは思わないな〜
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。春ブーツ レディース

関連商品を探す