交渉人 真下正義 スタンダード・エディション [D... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【良い】の商品です。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。使用には支障のない状態です。盤面、ケースに傷がある場合があります。値札、管理ラベルが付いている場合があります。●万が一、品質に不備があった場合は、速やかに返金対応致します。商品分類2
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,271
6pt
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 【オールジャンルストア☆えむじい堂☆】
カートに入れる
¥ 1,350
10pt  (1%)
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 久遠カンパニー
カートに入れる
¥ 1,460
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

交渉人 真下正義 スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.5 80件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,860
価格: ¥ 1,233 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,627 (75%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、激安CD DVDアウトレット専門店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 交渉人 真下正義 スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • 容疑者 室井慎次 [DVD]
  • +
  • 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! [DVD]
総額: ¥3,821
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: ユースケ・サンタマリア, 寺島進, 小泉孝太郎, 高杉亘, 松重豊
  • 監督: 本広克行
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Letterboxed
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2005/12/17
  • 時間: 127 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 80件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000B5M7T6
  • JAN: 4988632501460
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 24,309位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

商品の説明

交渉人 真下正義 スタンダード・エディション [DVD] [DVD] [2005]

Amazonレビュー

   2004年のクリスマス・イブの日に、東京の地下鉄の最新鋭実験車輌が(通称クモ)が乗っ取られ、乗降客200万人の命が危険にされされるハメに。その犯人からの指名もあり、警視庁初の交渉人・真下正義が奮闘する!
   国民的シリーズにまでのしあがった『踊る大捜査線』のスピンオフ作品第1弾。シリーズではコメディリリーフだったユースケ・サンタマリア演じる真下だが、この映画における真下はやばいくらいにカッコイイ。また未曾有の地下鉄パニックシーンや、さらに爆弾をも仕掛ける巧妙な犯人の手口、外で犯人を探す刑事たちの奮闘などがクライマックスへと集約していく様は手に汗を握らずにはいられない。『踊る』シリーズを見ていない人にも十二分に楽しめる、パニック・サスペンス映画として実によくできた作品だ。観て損なし!(横森文)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
初めて、ユースケ・サンタマリアが、かっこいいと思いました~("⌒∇⌒")
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぢぢぢ VINE メンバー 投稿日 2005/12/19
Amazonで購入
映画内容云々・・ではなく、真面目にこの映画「劇場版パトレイバー」から拝借しすぎです。内容は勿論、設定、演出etc・・。

ま、個人的には飽きずに観れたのでいーんですが、「パトレイバー」未見の方はお試しアレ。結構びっくりしますよ、その拝借ぶりに。
1 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
電車を遠隔操作して勝手に走らせ、地下鉄が大パニックになる。なかなか無い発想で面白かったです。
踊る大捜査線ファンとしては、室井さんが出てきたのがうれしかったです。木島さんもいいキャラだし。あと、線引き屋のおじちゃんはとても好きです。
交渉もなかなか面白く、ストーリーも良かったと思います。

ただ、やはり犯人について最後まで真実が明かされないので、そこは少しモヤモヤしますね。結局あいつ何者なんだよと。せっかく「え?この声の犯人もう死んでるけど?」っていう最高の謎が出来たのに、そこを謎解きしないのはどうなのかと。
あと個人の意見ですが、雪乃さんを助けにコンサートホールへ行ってしまう真下君・・・・できたら現場で頑張ってほしかった! 私情より職務を優先する警察官としての誇り、みたいなのをもっと押し出してほしかった。青島君が撃たれても捜査に行く映画での和久さんみたいに。真下君ならしょうがないかな、とも思わないでもないけど、やっぱりそこは頑張ってほしかった。

オチはとてもいいし、俳優陣も良いです。とにかく上記二点だけがモヤモヤするので☆4ですが、踊るの映画3やファイナルに比べると圧倒的にいい出来ですので、踊るファンは見て損はないと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
クモの場面はハラハラドキドキでしたが、それ以外はグダグダ。

『交渉人』と銘打っているが、全然交渉になっていない。あんな交渉の仕方したら、まとまるものもまとまらない。
”交渉人”がどういうものかとか、まったくリサーチせずに、こんなものだろうと受け狙いだけで作っちゃった映画。
踊るの2のレビューでも書いたけど、消耗品。とにかくノリでその場で話題になればいい程度で仕上げた作品です。

観客バカにしているのかと言いたいです。

そんな中で、國村さん。何気ない応答、仕草で笑とってました。職人芸すごいなあと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
踊るシリーズは大ファンであります。しかも、第1回から見続けている古参ファンでもあるとも自負しています。つまり脇キャラにも思い入れはかなり強く、仮にキャラ人気の映画だとしても楽しめる自信があって観覧したわけです。………が、これは…。
モチロン面白くない訳ではない。しかし後味が悪い。結局犯人像のプロファイリングが中途半端ですし、交渉自体も中途半端。
謎な部分を残すのは悪い事じゃないんですが…なんだかなぁ、真下さん好きなのに…。何がいけないのか、苛っとします。踊るに重要な要素である"爽快感"がないからか。
盲目的なファンであるのに評価に困る作品です。
ただ、寺島進は好演しています。スピンオフに欠かせないキャラクターを作り上げています。
これだったら灰島をDVDにして欲しいなぁ。あっちのが良作。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
最後の犯人が分からないというのはともかく、そのあといきなりただのコメディな締めがなんとも…。
犯人を追わんといかんやろ…。

まず、交渉人というのが感じられない。爆弾の話しで『カンです』で終わったときは唖然とした。
長年の経験からくるカンというのはあるが、ある程度の推測や考え、根拠とかあるだろうに。ぶっちゃけ経験もないくせに

やたらヤクザな刑事に、地下鉄の司令みたいな人と最初は上手くいかない(わざわざマザコンまで言わんくて良い)
人物の個性を出すのは大事だけど、なんか日本の映画てあからさまに表現しすぎな気が。
人物の行動で『あ、何この人マザコンなんだ…。』と気づくくらいがいいのに
『俺マザコンだけど何か…?』な感じな登場人物のセリフ

ヤクザな刑事は話し方ほぼ全てがそういう口調ばかり、正直ウザイ。あげく部下にキレられる始末

爆弾処理班も結局自分たちで解除(解除に必要な情報とか犯人とのやり取りでわかってくると思ってたのに)

地下鉄をマシンガン程度で止める始末。ハリウッドだったら障害物を急いで設置したり、乗り込んで停止とかあるだろうが
あれだけで止められると『ハァ?』となる。爆弾の起爆信号を止めるだけなら瞬間的に強力な電波
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー