通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
亡国のイージス 上 (講談社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

亡国のイージス 上 (講談社文庫) 文庫 – 2002/7/16

5つ星のうち 4.4 122件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 751
¥ 750 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 亡国のイージス 上 (講談社文庫)
  • +
  • 亡国のイージス 下(講談社文庫)
  • +
  • 終戦のローレライ(1) (講談社文庫)
総額: ¥2,006
ポイントの合計: 111pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第2回(2000年) 大藪春彦賞受賞

内容紹介

在日米軍基地で発生した未曾有(みぞう)の惨事。最新のシステム護衛艦《いそかぜ》は、真相をめぐる国家間の策謀にまきこまれ暴走を始める。交わるはずのない男たちの人生が交錯し、ついに守るべき国の形を見失った《楯(イージス)》が、日本にもたらす恐怖とは。日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞、大藪春彦賞をトリプル受賞した長編海洋冒険小説の傑作。(講談社文庫)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 560ページ
  • 出版社: 講談社 (2002/7/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062734931
  • ISBN-13: 978-4062734936
  • 発売日: 2002/7/16
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 122件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 104,925位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 出てくる人出てくる人がみんな熱い!その熱さに心を打たれ続けました。私が今まで読んだ作品で一番鳥肌が立ち、泣けた作品です。
 文学作品として特筆すべきはその構成にあると思います。この上巻の大半は主要登場人物の人物像を描く事に終始しているためあまり話が進みません。しかし読者がたっぷり感情移入したその時に人物たちの人生が交錯し物語りは一気に加速していきます。そこからは緊張の連続でページをめくる手は止まりませんでした。
 軍事や国際政治に明るくなくとも、意外に楽しく読めますし、逆にこれをきっかけに興味を持つ事も有りうると思います。福井晴敏氏の才能が爆発した作品だと思います。極上のエンターテイメント作品としてお薦めです。本当に凄い!!

 また、この作品を気に入られた方には同氏の最新作「終戦のローレライ」をお薦めします。太平洋戦争を舞台にした書下ろし長編です。この小説を気にいられた方なら存分に楽しんでいただけるはずです!こっちもかなり熱いですよ!! 
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/11/29
形式: 文庫
数年ぶりに長編を一気に読み終えた。なんと言えばよいのだろう。
これだけの長編、しかも傑作を創造した才能。同年代だからであろうか、
背景、登場人物をはじめとした設定、そして何よりもストーリー展開が心をとらえて放さない。
ほろ苦さと独特のすがすがしさが読書後に残る。
シーンのほとんどがイージス化された艦である「いそかぜ」内で進行するところから、
映画で言えば「クリムゾン・タイド」の進行に近い面はある。
しかし、こと登場人物の心情の描写に至っては、
日本人のアイデンティティというのだろうか、素直に感情移入できる。
味方への連絡方法など、映画「エグゼクティブ・ディシジョン」と比較してみるのも面白いかも知れない。
とにかく話は尽きない作品なのだ。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本を読んだのはちょっと前ですが、昨今の出版界で、この作家

の作品の話題は外せないと思います。スケールの大きな作品です。

日本にもこんな作品を書く作家がいたのかと驚きました。

ハリウッド映画的な内容ですが、この作者自身も自分の作品は

ステーキ丼だと言ってるように、どこか日本らしさも感じます。

登場人物が多数出てきますが、一人一人深く人間性を描き込んで

います。それぞれの思惑を乗せて、国家に反旗を翻した護衛艦

「いそかぜ」は終局に向かって突き進みます。

ぜひ読んでみて下さい。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
映画も見ましたが、「亡国のイージス」は断然本で読んだ方が面白い。
映画は読んでから見ないと、表面しか理解できないと思います。映画を見た方は必ず本書を読んで欲しいと思います。
国家としての安全保障のあり方の非常識さを痛感できます。防衛庁幹部が映画制作に全面的に協力したのも頷ける良書です。
自己決定能力を失った文明は滅ぶと言われますが、日本という国家の自己決定能力の無さが浮き彫りになっています。
特に印象に載った文章は下記の通り。
上意下達の徹底は強固のチームワークと経営体質を企業に与えたが、上に対して口を閉ざすのを当たり前にしすぎた結果は、参政意欲のない、主権意識のきわめて希薄な国民たちを生み出すことにもなった。そうして・・・個人としては考えることも責任を取ることもできなくなった国民が、経済という制御の難しい化け物と場当たり主義でつきあい続けた結果が、バブルの災厄を招来した
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
もしあなたが、これから長時間の列車や飛行機での移動をするか、

あるいは行列に並んだりするとしよう。

そんな時は時間が早く過ぎることを願うはずだ。

その願いをかなえる方法を教えましょう。

答え:「この本を読むこと」。

とにかく面白い。

読んでいると時間があっと言う間に過ぎ去ってしまう。

私は米国から日本に帰る飛行機の中でこの本を読んだおかげで

長時間のフライトが全く苦にならなかった。

普段ならツラい十数時間だが、

「あれもう着いたの?」と思ってしまったほど。

前半部分はそれぞれの人物の丁寧な背景描写に費やされる。

いくつかの独立した出来事が、それぞれ少しずつしか進んで行かない。

それでも、ばらばらだった物語の進行が少しずつ絡み合っていくにつれ、

否が応にも期待は高まっていく。

「事件」が起こるや、その後はまさに「ジェットコースター」。

しばらくは誰が善で誰が悪かも判らない、どんでん返しの連続だ。

ここまで来ると、眠気
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー