ポイント: 83pt  (3%)  詳細はこちら
通常6~10日以内に発送します。
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
亜細亜熱帯怪談 がカートに入りました
配送料 ¥280 5月 28-30日詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 森のふくろう
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: {クリーニング済}帯なし。 カバーの背上部に少しヤブレ、その他は細かなキズ・縁ヨレが御座いますが、本文中はキレイな状態です。クリスタルパック包装の上、厚紙封筒にて発送させて頂きます。
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

亜細亜熱帯怪談 単行本 – 2019/9/25

5つ星のうち4.3 11個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥2,750
¥2,750 ¥1,699

購入を強化する

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

タイ在住二〇年の作家が紹介する、アジア最深部に広がる怪異譚。大量の死者が出た火災現場で起こる怪異、なぜか続発する交通事故現場、宿泊客には知らされない「出る」ホテル、霊が毎夜やってくるスナックから、謎のシマウマの置物や人力車の幽霊(?)まで、一挙紹介。タイに根づく精霊信仰と日本の共通項とは何か。東南アジアの文化や観光スポットを、怪談を切り口に探究する試み。古典的な怪談から最新の現代奇譚までを網羅した決定版。

著者について

高田胤臣(たかだ・たねおみ)
1977年、東京都出身。1998年に初訪タイ後、タイ語留学を経て2002年
からタイ在住。現地採用者として会社員をしながら執筆活動を続け、
2011年『バンコク 裏の歩き方』(彩図社)からライターを専業
に。現在はタイを中心に東南アジア各国で取材を進め、書籍、雑誌、
ウェブ、電子書籍などで執筆する。著書に『バンコクアソビ』(イ
ーストプレス)、『ベトナム 裏の歩き方』(彩図社)などがある。

監修
丸山ゴンザレス(まるやまごんざれす)
1977年、宮城県出身。考古学者崩れのジャーナリスト、編集者、
國學院大學学術資料センター共同研究員。國學院大學大学院修了後、
出版社勤務を経て独立。現在は世界各地で危険地帯やスラムなどの
取材を続ける。主な著作に『世界の危険思想 悪いやつらの頭の中』
(光文社新書)などがある。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 晶文社 (2019/9/25)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/9/25
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 544ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4794970544
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4794970541
  • 寸法 ‏ : ‎ 19 x 14 x 2 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 11個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

髙田胤臣(たかだ たねおみ)

1977年5月24日生まれ

東京都出身

<来歴>

1998年に初訪タイ後、1ヶ月~1年単位で長期滞在を繰り返し、2002年9月からタイ・バンコク在住

タイ国内の救急救命関係の慈善団体「華僑報徳善堂」に2004年11月からボランティアで参加

<出版歴>

2011年2月 彩図社より皿井タレー氏と共著で「バンコク 裏の歩き方」を出版

2012年8月 彩図社より「東南アジア 裏の歩き方」を出版

2013年11月 Kindleにて「タイ移住マニュアル」を発行し、電子書籍個人出版に参入、順次電子書籍を不定期で発行中

2015年5月 彩図社より「タイ 裏の歩き方」を出版

2017年4月 彩図社より皿井タレー氏と共著で「バンコク 裏の歩き方 2017-18年度版」を出版

2018年5月 彩図社より「ベトナム 裏の歩き方」を出版

2018年6月 イーストプレスより「バンコクアソビ」を出版

2019年3月 彩図社より皿井タレー氏と共著で「バンコク 裏の歩き方 2019-20年度版」を出版

2019年9月 晶文社より「亜細亜熱帯怪談」を出版

そのほか、辰巳出版の「最強ナビ」シリーズに多数寄稿。雑誌や出版物に寄稿や情報提供も行う

また、めこん出版のホームページ内「バンコク便り」でタイのレスキュー慈善団体・華僑報徳善堂の活動を連載中。扶桑社「日刊SPA!」「ハーバービジネスオンライン」、「コリア・ワールド・タイムズ」、「海外ZINE」、などのウェブサイト上にて不定期でタイや東南アジア関連の記事を掲載、タイ国内の無料誌でも不定期で特集記事などを執筆

<ウェブサイト>

ホームページ 「NatureNENEAM-バンコク在住ライター髙田胤臣の情報発信基地-」

http://nature-neneam.boo.jp/

ブログ「バンコクとレスキューと子育てとくだらない話と」

http://d.hatena.ne.jp/Tan-BKK/

ツイッター「高田胤臣@NatureNENEAM」

https://twitter.com/NatureNENEAM

インスタグラム「taneomitakada」

https://www.instagram.com/taneomitakada/

<自己紹介>

気づいたらタイ在住18年目。初訪タイから20年超。

2011年4月からライター専業で活動しています。

子育てネタから下ネタまで幅広くやっていますが、夢は小説家です。

家内はタイ人であり、子どももタイ語しか喋らないので、家庭内では常にタイ語ですが、今のところタイ語を仕事に活かそうかどうかという点に関してはノーアイデアでおります。

かつてはバンコクに編集部がある雑誌「Gダイアリー」で連載や特集記事をバシバシ書いておりましたが、残念ながら紙から撤退してしまいましたので、過去の話になってしまいました。

新たに書く場所を求め、そして今後も末永くライターとして活躍したいと日々勉強に励んでいます。

タイは中途半端な人も多く流されやすいので、誘惑に負けず、プロのライターだと胸を張って生きていけるようになることが当面の目標でもあります。

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
11 件のグローバル評価
星5つ
44%
星4つ
42%
星3つ
15%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年6月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年11月6日に日本でレビュー済み
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年10月18日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する