Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 97の割引 (15%)

(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[桜井画門, 三浦追儺]の亜人(1) (アフタヌーンコミックス)
Kindle App Ad

亜人(1) (アフタヌーンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.7 57件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 亜人(アフタヌーンコミックス)の10の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 1

紙の本の長さ: 228ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

「亜人」と呼ばれるその生物は「死なない」。高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、その直後に生き返った。それは、彼が亜人であり、人間ではないことを意味する。圭をとりまく環境は一変した。彼は人間たちから逃げ惑うことになる。友人のカイは、怯える圭を助けるために駆けつけ、ふたりで人里を離れて山の中に逃げ込んだ。そんな彼に人間と敵対する亜人たちが接触してきた。――彼は何と戦い、誰と生きればいいんだろう?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 45034 KB
  • 紙の本の長さ: 231 ページ
  • 出版社: 講談社 (2013/3/7)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00BML5V6E
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 57件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
おもしろい漫画です。

今のところ9巻まで読みましたが、原作者の抜けた2巻のあたりから、いきなり作画が大友克洋(AKIRA)風になったのがまずビックリ。

ストーリーの方は、17年前に米軍の対ゲリラ部隊がアフリカの武装組織の兵士に、不死身の男を発見したことから始まります。

〈亜人〉と名付けられた不死の新人類は、保護の名目で各国の政府に追われることに。
しかし実際は、従来の人間ではないということで人権が適用されず、亜人は差別と、政府と企業による人体実験に晒される・・・。

主人公の高校生・永井圭は、下校途中に交通事故に遭うが、肉体が再生して生き返る。
そこで永井ははじめて、自分が不死の亜人だと知り、警察をはじめとする国家権力や賞金目当ての一般人などに追われることになった・・・。

この1巻を含む最初の数巻では、主人公が逃げ続けるサスペンス風の作風になっていますが、ある男が現れたあたりから物語は変わります。

その男の名は〈佐藤〉。

亜人の人権を回復し、亜人のための国家を創るという破格の目的を持ったテロリストの亜人だった。

物語は佐藤vs国家という闘争へとシフトします。
かつてのような生活の安
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
あらすじとしては、舞台は現代社会 日本、亜人という死んでも即復活する不死身の人間がごく少数おり(作中で世界で47人と言われている)、彼らは人間扱いされておらず極端な差別状況になっています。主人公は、模試で上位をとる優秀な高校生。しかし交通事故にあって死亡しますが、衆人環視の中、あっというまに回復し、自分が亜人で在ることを知ると同時に周囲にも知られてしまいます。そしてのちの人生が大きく変わってしまう・・というお話です。

画力も高く、画に独特な魅力があり、漫画としての構成も上手く、アクションのスピード感もあり、読ませます。作品全体の質は極めて高いと思います。これらの部分だけについてなら星五つでもいいでしょう。1〜2巻は主人公が痛めつけられ差別される状況で、主人公への感情移入が深まり、読んでいて「いろいろと溜まっていく」流れで、今後、この読者側に溜まった鬱憤と、作中の謎を、どういうカタルシスで昇華し伏線回収していくかで、この作品の最終評価が左右されるでしょう。

**

次は読んでいて疑問になった点ですが、全体的には良質なのですが、すでに他のレビュアーの方が指摘しているように、亜人に対する周囲の差別や反応が、露骨で不自然に感じます。

というのも、作中で「亜人は、不死身である以外 人間と変わりなく害がない
...続きを読む ›
4 コメント 391人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 イモ 投稿日 2013/11/15
形式: コミック Amazonで購入
それなり面白いけど違和感も多々感じる

一般市民の知っている亜人の情報は不死身であるという事だけ
特に害があるわけでもないと認識されている模様
なのに人間扱いしない、差別する理由がイマイチぴんとこない
見た目が異形になるとか明らかに受け入れがたい理由があるなら納得ですが

特に不自然に感じたのは主人公の家族の反応
自分の息子が亜人だと分かって何の葛藤もなくそれを受け入れている母親
兄をキモいと言いはなつ妹
家族なんだから少なからずの悲しみや葛藤があるのが普通だと思いますが
そのあたりの表現がすごく希薄でリアリティを感じない

何の迷いもなく主人公を助けるカイと呼ばれる少年の事ももう少し丁寧に見せてほしかった
コメント 105人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
レビューを見て平凡とかつまらないなどという意見が多かったのですがまぁ人それぞれですね。僕はこの漫画が大好きです なぜなら主人公である永井圭に感情移入してしまうからです 恐らく好き嫌いが分かれるのは主人公に感情移入出来るかどうかで決まります。ただ読んでいるだけだと「は?」ってなると思いますが僕はこれぞ漫画!って感じですかね 主人公がどんなに非道な作戦を考え、実行しようが憎めない自分がいます ネタバレになるので言いませんが永井圭も大変辛い思いをしてきたのです とにかく最新刊までTSUTAYAで借りるなり読んでみてはいかがでしょうか?新しい発見があると思いますよ!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover