亜人ちゃんは語りたい 1(完全生産限定版) [Bl... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

亜人ちゃんは語りたい 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,320
価格: ¥ 3,449 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 871 (20%)
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 2,672より 中古品の出品:9¥ 630より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【ANIPLEXストア】 TVアニメ「物語シリーズ」、『内村さまぁ~ず』ほか、新着タイトルや人気ランキング、ANIPLEXのアニメやバラエティなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 亜人ちゃんは語りたい 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
  • +
  • 亜人ちゃんは語りたい 2(完全生産限定版) [Blu-ray]
  • +
  • 亜人ちゃんは語りたい 3(完全生産限定版) [Blu-ray]
総額: ¥14,857
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 諏訪部順一, 本渡楓, 篠田みなみ, 夏川椎菜, 日笠陽子
  • 監督: 安藤良
  • 形式: Color, Limited Edition
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: アニプレックス
  • 発売日 2017/03/22
  • 時間: 24 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01N4MWZ8C
  • JAN: 4534530100788
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 15,629位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


★イントロダクション
サキュバス、デュラハン、雪女、
そしてバンパイア――。
僕ら人間とちょっとだけ違う、それが「亜人」。
最近じゃデミと呼ばれてます。

そんな個性的な「亜人」ちゃんたちと、
彼女たちに興味津々な高校生物教師・高橋鉄男が繰り広げる、
ちょっと刺激的でハートフルな学園亜人コメディ!

★1話収録
「高橋鉄男は語りたい」【完全生産限定版特典】
DISC2枚組(本編DISC+特典CD)

・キャラクターデザイン 川上哲也描き下ろしジャケット
・「亜人ちゃんは語りたい」原作秘蔵資料集
・特典CD:キャラクターソング集
01小鳥遊ひかり(CV:本渡楓)、02町京子(CV:篠田みなみ)、
03日下部雪(CV:夏川椎菜)、04佐藤早紀絵(CV:日笠陽子)
・イベントチケット優先販売申込券
「亜人ちゃんは歌って語りたい」
日時:5月14日(日)
出演:諏訪部順一、本渡 楓、篠田みなみ、夏川椎菜、日笠陽子、Lynn、雨宮天、TrySail
・お正月特番「亜人ちゃんは祝いたい」ディレクターズ・カット版
出演:諏訪部順一、本渡楓、篠田みなみ、夏川椎菜、日笠陽子、Lynn
第一話の放送直前にOAしたお正月特番に未公開映像を加えたスペシャル版で収録!
・第1話オーディオコメンタリー
・日本語字幕 (本編のみ)
※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

★放送情報
2017年1月7日(土)よりTOKYO MX・MBS・BS11・群馬テレビ・とちぎテレビにて放送予定
TOKYO MX 1月7日 土 24時00分~ 初回のみ23時30分~正月特番1時間スペシャル放送
MBS 1月7日 土 26時58分~ 初回のみ26時03分~正月特番1時間スペシャル放送
BS11 1月7日 土 24時00分~ 初回のみ23時30分~正月特番1時間スペシャル放送
群馬テレビ 1月7日 土 24時00分~ 初回のみ23時30分~正月特番1時間スペシャル放送
とちぎテレビ 1月7日 土 24時00分~ 初回のみ23時30分~正月特番1時間スペシャル放送
AT-X 1月10日 火 24時30分~ ※リピート放送 毎週(木)16:30/(日)18:30/(月)8:30
※放送開始日・放送日時は変更となる場合がございます。予めご了承ください。

★キャスト
・高橋鉄男 : 諏訪部順一
・小鳥遊ひかり : 本渡楓
・町京子 : 篠田みなみ
・日下部雪 : 夏川椎菜
・佐藤早紀絵 : 日笠陽子
・小鳥遊ひまり : Lynn
・クルツ : 雨宮天
・宇垣 : 津田健次郎
・相馬 : 花江夏樹

★スタッフ
・原作 : ペトス(講談社「ヤングマガジンサード」連載)
・監督 : 安藤良
・シリーズ構成・脚本 : 吉岡たかを
・キャラクターデザイン : 川上哲也
・美術監督 : 針生勝文
・色彩設計 : 赤間三佐子
・撮影監督 : 宮脇洋平
・CG監督 : 那須信司
・編集 : 西山茂
・音響監督 : 明田川仁
・音楽 : 横山克
・制作 : A-1 Pictures
・製作 : 「亜人ちゃんは語りたい」製作委員会

★オープニングテーマ
TrySail 『オリジナル。』
★エンディングテーマ
三月のパンタシア 『フェアリーテイル』

≪Copy Right≫
©ペトス・講談社/「亜人ちゃんは語りたい」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ペトスの人気コミックをアニメ化したハートフル学園コメディ第1巻。サキュバス、雪女、バンパイアなど人間とちょっとだけ違う“亜人(デミ)ちゃん”と、彼女たちに興味津々な高校教師・高橋鉄男の刺激的な学園生活を描く。第1話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
ストーリー面では他の人がレビューを書いているので読んでみて同意見でしたので省略します
最初はレンタルビデオでこの作品を観たのですが、オーディオコメンタリーが付いていなかったので購入することにしました
ラジオも配信されていたようなのですが、女子会のような雰囲気だったので⁽諏訪部さんがゲストでていなかったので⁾購入を断念しました
なのでオーディオコメンタリーがとても楽しみでした
予想通り諏訪部さんを中心にいろんな声優さんの現場の雰囲気だとか世間話だとか聴くことができたのでとてもよかったです
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
こういった日常系のまったりした良作アニメで、あまり社会だのという話はしたくないのですが
意外に社会派な部分がありましたので、その点を少し。
もちろんそれなくしても十分に楽しめるアニメです。
基本キャラの可愛い日常アニメですが、この社会派的部分が良いスパイスになっていると思います。

この世界において亜人というのは、要するにマイノリティなんですね。
差別される対象であり、逆に気を使われすぎる対象でもあり、奇異の視線で見られる対象でもあり、という立場にいます。
それを気にせずにみんなと仲良くやってる亜人もいますし、それを気にして人と距離をとってる亜人もいます。
差別と差異とか何なのか。
彼女たちを「枠からはみ出ている」存在として否定するのは論外だとしても、それでは「人と同じだから」と言って良いのか。
そこはちゃんと人と亜人との差異を認めた上での、個性の尊重を行う必要があるのではないのか、と。
ヒロインの1人は、そういった陰口とかにも臆することなく接していますが、それでも差異は存在します。
ヒロインの1人は、相手方があまりに気を使って「そこに触れちゃいけない」という空気を出すので、壁を感じてしまいます。
ヒロインの1人は、軽い陰口を叩かれますが、それは思春期特
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 BLUEDOT 投稿日 2017/5/18
最近、本作を見始めたばかりなのですが、面白く一気に気に入りました。
ここのレビューでもいろいろ興味深い見解がありますが、私の感想とは違ってたりするので少しレビューしてみます。

本作には亜人(デミ)というキャラが何人か出てきて、社会に適応しようと苦労してたり、努力してたりしてます。
普通の人間とは違う部分を周囲に理解されず困ったり、奇異な目で見られることに警戒しています。
そんな中で主人公のひかりは何も悩みが無いような明るさで物語を牽引していくのですが、
それは、ひかりの家族や、本人の気配りや優しさや努力の結果のように思えます。
よき理解者である家族や高橋先生に囲まれて幸せそうなひかりを見ていると、見ている自分もなんだか幸せに感じるものですね。

さて、ひかりを初めとする亜人ですが、差別される対象としてネガティブな者の暗喩であるように捕らえている方も多いように見受けました。
ですが私は、亜人は私たち視聴者自身を投影する姿に思えて仕方ありません。
誰もが持つ、他人との身体的特徴や考え方の違いと、それぞれが抱える悩みを極端にデフォルメしたものが亜人であるように思えます。
だから彼女たちが社会に適合しようと頑張っている物語は、自分自身の物語のように思えてくるのです。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Tony06 投稿日 2017/5/13
主人公はじめ亜人たちの表情が豊かで見ていて楽しい作品です。
ただ全12話にもかかわらずBlu-rayが全7巻構成で1巻と7巻にそれぞれ1話しか収録されないのが残念です。
各2話ずつの6巻構成にしてほしかった・・・。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
たまたま、雑誌で1話を読み、単純に「可愛い!面白い!」と思ったんですが、なかなかに深いお話です。

亜人(デミ)と言うマイノリティーと周囲の関わり方や絆を、重くならず、さらっと軽いムードで描(えが)いてます。さっき見た話なんて、うるっと泣けちゃいましたよ。うん。この作品見たら、自分と違う存在を苛める人間なんて、いなくなりそう。

人間は、自分と違う存在を認めたがらず、排除しようとするか、無視する事が多いですが、違いを認めた上で、歩み寄らなきゃいけないんですよね。私自身、実際に態度に出さなくとも、差別意識持っちゃう事あるから、もっと大人にならなきゃなーと反省。

まあ、小難しく考えず、単純に楽しむだけでも良いと思います。とにかくお勧め♪
11 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す