通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
五輪書 (講談社学術文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 センチュリー
コンディション: 中古品: 良い
コメント: アマゾンコンディションガイドラインを基準に出品しております。発送は,ヤマトDM便等(ポスト投函)となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

五輪書 (講談社学術文庫) 文庫 – 1986/5/6

5つ星のうち 4.5 34件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 994
¥ 994 ¥ 86

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 五輪書 (講談社学術文庫)
  • +
  • 武士道―人に勝ち、自分に克つ強靭な精神力を鍛える   知的生きかた文庫
  • +
  • 葉隠 (知的生きかた文庫)
総額: ¥2,146
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

一切の甘えを切り捨て、ひたすら剣の道に生きた絶対不敗の武芸者宮本武蔵。武蔵は、「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす」る何10年にも亙る烈しい朝鍛夕錬の稽古と自らの生命懸けの体験を通して「万理一空」の兵法の極意を究め、その真髄を『五輪書』に遺した。本書は、二天一流の達人宮本武蔵の兵法の奥儀や人生観を知りたいと思う人々のために、『五輪書』の原文に現代語訳と解説、さらに「兵法35箇条」「独行道」を付した。

内容(「BOOK」データベースより)

一切の甘えを切り捨て、ひたすら剣の道に生きた絶対不敗の武芸者宮本武蔵。武蔵は、「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす」る何十年にも亙る烈しい朝鍛夕錬の稽古と自らの生命懸けの体験を通して「万里一空」の兵法の極意を究め、その真髄を『五輪書』に遺した。本書は、二天一流の達人宮本武蔵の兵法の奥儀や人生観を知りたいと思う人々のために、『五輪書』の原文に現代語訳と解説、さらに「兵法35箇条」「独行道」を付した。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 264ページ
  • 出版社: 講談社 (1986/5/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061587358
  • ISBN-13: 978-4061587359
  • 発売日: 1986/5/6
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,980位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
本書は宮本武蔵の、時代と国を超えて読み継がれる名著「五輪書」に鎌田茂雄氏が現代語訳と解説を付した本です。
本書は各社から出ている五輪書の中でも、読者への親切心に最も満ちた1冊でしょう。五輪書は「地之巻」「水之巻」「火の巻」「風の巻」「空の巻」の5巻で構成されていますが、それぞれの巻で各段落ごとに現代語訳が挿入されています。気軽に読み易く、現代語訳は極めて明晰です。
解説を要する箇所には「付記」があり、そこで鎌田氏の鋭い考察が展開されています。それを読むと、何故五輪書が人生やビジネスの分野でも注目されてきたかが、現代語訳の読解よりも更に分かりやすく実感できるようになっています。
本書は「兵法三十五箇条」と「独行道」も併せて収録しています。ただこれらについては代語訳が無く、本書の欠点となっています。それを除けば、本書は五輪書読解に非常に適しています。五輪書初心者にお勧めです。
コメント 226人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 くにたち蟄居日記 VINE メンバー 投稿日 2005/2/13
形式: 文庫
 宮本武蔵の名高い本書をはじめて この文庫でじっくり読んでみた。
 読んで分かったことだが この本は本当に剣法を具体的、実際的に丁寧に教えているKNOW-HOW本である。精神論でもなく 思想書でもなく ひたすら 「足の使い方」だの「刀の持ち方」だのが 説かれている。その意味では現代の「**の達人」であるとか「料理読本」等といった本と基本的な性格は同じであると 思い切って言ってしまおう。
 但し、ではある。
 「細部に神は宿る」とはキリスト教の言葉だが まさしく その言葉を思い出させるものが この本にある。自分の「天職」を「極私的」に「目を凝らしていく」うちに 思いがけなく普遍的な視野が得られるということは 武蔵だけではなく 先達の諸賢の方々にも共通して見られた現象である。その良例は本書からいくらでも引用できる。
「遠き所を近く見、ちかき所を遠くに見る事、兵法の専也」
これは 剣法において 「相手の遠いところをしっかり見る一方 目先の動きには捉われるな」という事を当たり前のように言っているだけだが 実に普遍的な内容ではないかと思う。武蔵は そんな感心している僕を見たとしたら「いったい何に感心しているのだ?」と首をひねるかもしれないが そんなものである。 その意味で この「五輪書」が400年という歳月に耐えて 今なお 多くの人の興味と共感を集めていることに あの世の武蔵も呆れているかもしれない。
 
コメント 91人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
宮本武蔵の人生哲学が書かれていると、勝手に思い込んでいました。でも、書かれているのは本当に剣の道なんです。たとえば五つの基本形について、「第一のかまえは、中段をとり、太刀の先を敵の顔につける」など。剣の実用書ですよ。敵がいることを前提として書かれているので、自分自身との戦いにどう勝つか……なんてことのヒントにはなりにくいです(そんなことをこの本に求めた私がバカだったのかもしれない)。ただ、一つうなずけたのは、「修行が未熟なうちは、よい技をしよう、うまく動こうと思うからかえってできなくなる」という箇所。これって何事にも言えることですよね。「五輪書を読む」ということに関しては、訳文も詳しいしおすすめできます。ただ、五輪書を人生哲学書だと思うと失敗しますよという……(そんなこと思うの私だけか)。教養にはなりました。
コメント 107人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 吉川英治の「宮本武蔵」を子供頃読み、剣豪物というよりは、成長物語的な内容であり、心躍らせていました。小説なので真実はわかりませんが、その後、宮本武蔵はどうなるのか?ということから、五輪書というものが、当然クローズアップしました。以前甲野善紀さんの古武術がブームになったときにも見直されていたように思います。妙な武士道ブームもありましたが…。古典であるため、何度も読んでも染みますね。感情的なものがなく、冷徹な内容であり、淡々と武士としての在り方が記載されている。鎌田氏の解説が邪魔という意見がありましたが、解説が無いとわからない部分もあり、邪魔になるまで読み続ける必要があるような気がします。読むたびに感性が引き締まる気がします。解説者の意見がすべて正しいとは思いませんが、こちらも成長して意見が変わってくることもある。まさにこの本とともに人は成長できるかもしれません。
 なんども挫折しても結構文面が好きなのは戦争論、長いですが、解説書はいくつか読んでいる。本質を語り、意味を追う本だと個人的には思います。武士道も日本語の跡に英文を読み、意味は?という感じですが、人のあるべき姿として参考になることでしょう。一般向けではない気はしますが…。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック