通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
五年の梅 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エーブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古のため経年による多少の傷み、日焼け、汚れなどあります。併売品ですので在庫切れの場合はキャンセルとさせていただきます。A17引き出し
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

五年の梅 (新潮文庫) 文庫 – 2003/9/28

5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 514
¥ 514 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 五年の梅 (新潮文庫)
  • +
  • 霧の橋 (講談社文庫)
  • +
  • 生きる (文春文庫)
総額: ¥1,707
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第14回(2002年) 山本周五郎賞受賞

内容紹介

友を助けるため、主君へ諫言をした近習の村上助之丞。蟄居を命ぜられ、ただ時の過ぎる日々を生きていたが、ある日、友の妹で妻にとも思っていた弥生が、頼れる者もない不幸な境遇にあると耳にし──「五年の梅」。表題作の他、病の夫を抱えた小間物屋の内儀、結婚を二度もしくじった末に小禄の下士に嫁いだ女など、人生に追われる市井の人々の転機を鮮やかに描く。生きる力が湧く全五篇。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 305ページ
  • 出版社: 新潮社 (2003/9/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101192219
  • ISBN-13: 978-4101192215
  • 発売日: 2003/9/28
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 147,549位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 6138 投稿日 2017/6/12
形式: 文庫 Amazonで購入
友を助けるため、主君へ諫言をした近習の村上助之丞。蟄居を命ぜられ、ただ時の過ぎる日々を生きていたが、ある日、友の妹で妻にとも思っていた弥生が、頼れる者もない不幸な境遇にあると耳にし──「五年の梅」。表題作の他、病の夫を抱えた小間物屋の内儀、結婚を二度もしくじった末に小禄の下士に嫁いだ女など、人生に追われる市井の人々の転機を鮮やかに描く。生きる力が湧く全五篇。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
山本周五郎賞受賞作。

乙川さんの短編は背景描写がクドイため間延びした印象の作品が多いのだが、
この作品集はいずれもテンポが良く、とても読みやすい。
特に後半になるほど作品に引き込まれ、「小田原鰹」「蟹」「五年の梅」などは読み進むのが楽しかった。

ただ、この本の文庫版には注意点がある。
私が読んだのは第7刷だったが、巻末の川本三郎氏の解説は、解説ではなく「あらすじ説明」であり、
各編の事のいきさつから意外な結末まで、あますところなく見事にまとめられている。
「未読の読者のため詳細には触れず・・・」などという配慮はなされていないので、解説を先に読む方はご注意を。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 くま 投稿日 2016/11/21
形式: 単行本
山本周五郎賞受賞作らしい。その山本周五郎とナント藤沢周平の後継者だという小さな書評を読んだので手にとった。当たり前ではあるが、人間観察の手法も、文体も、2人とは大きく違っていた。

「後瀬の花」まるで高級クラブのホステスに入れ込んだサラリーマンが、2人手にとって夜逃げをしたような内容。落ちの付け方が、今まで見たことのないようなやり方で、先ず最初の短編としてはショック。最近の時代劇小説って、こうなの?

「行き道」まるで、介護疲れをしている妻の迷いのような設定。人に助言をしながら、本当は自分に言い聞かせているのは、老若男女古今東西あることだろう。

「小田原鰹」鹿蔵のような男は、現代でも何人か居るように思える。というか、金と不幸を人のせいにしか出来ない人間が、人との繋がりの大切さに気がつくまでに十数年かかった鹿蔵は、現代でもまだ珍しいパターンなのかもしれない。

「蟹」出世よりも、大切な人を大事にする優秀な男に出逢って、初めて恋をする、わけありの女性の話。

「五年の梅」短慮だけど、誠実で行動力のある若者の五年越しのラブストーリー。

ひとつわかったのは、藤沢周平には決してなれない。あまりにも明る過ぎる。山本周五郎を目指して、何処まで行くか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
2001年の山本周五郎賞の受賞作品。
「後瀬の花」「行き道」「小田原鰹」「蟹」「五年の梅」の短編五話掲載。
どのお話も日々を精一杯生きる人たちの転機が書かれてる。
“生きる力が湧く”短編集とあるが、まさにその通りの作品だと思った。
どの作品もそうだが、とくに「小田原鰹」が私は好きだな。
人間いくつになってもどんな人でも、やり直しはできるって勇気づけられる。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
充実の全5篇。どの作品も素晴らしい内容。

特に表代作「五年の梅」は、「これぞ武士!」という泣きの作品。映画化になってもおかしくない充実した作品です。侍同士の友情、男と女の愛情、武士社会の上下階級、忠誠心、清さ。全てが武士道そのもの。
最後の10ページは、読む場所を先にきちんと考え、バックグランドmusicに壮大なクラシック音楽を用意しておく事をお薦めする。

乙川作品の中でも、これを読んだら病み付きになってしまうこと間違いない、そんな作品です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本著は五編を収めた短編集。 いずれも、それぞれに思い通りにならない日々の暮らしの中で、勇気をもって前向きに意を決する姿を描く。「人は変われるのだ」、「自分の心持ちが変われば、物事の見え方も変わるのだ」ということを伝えてくれる内容です。単純かもしれませんが、元気をもらえる一冊です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
全5編からなる山本周五郎賞受賞作品です。
こういう本を読むと、本当に読書っていいなあと実感できます。各編とも、すべて過去を振り返り、悔い改めようとする人々の葛藤をせつなくかつ深く掘り下げて語っています。
いずれも、視線が暖かくて読後感もよく心に残る作品ばかりです。
特によかったと思える2編を紹介しておきます。
「小田原鰹」
鹿蔵は、自分勝手な性格で、女房や子供に対してきつく当たり逃げられ一人になる。 そのうち、詐欺にも巻き込まれ不幸のどん底に落ち、廻りの信用もなくなるが、ある日鰹が知らぬ女から送られてきて、廻りの人間に与え始め信用を回復していく・・・・
これはなんといっても、離れた年老いた男女のそれぞれの気持ちの表現の仕方が見事だと思いました。
!「五年の梅」
許婚に別れを告げて別離していた助之丞は、過去を後悔し女(弥生)の事を思い出す。 弥生も失意の内に違う男の許へ嫁いでいたが、助之丞を忘れられずにいた・・・・
特にいいのは、弥生の子供を助けようとする一途な行動が胸を熱くさせます。最後がなんともいえないほどいいです。(まず読んでください!) 
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー