中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

二百回忌 単行本 – 1994/5

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,416 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 73
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第7回(1994年) 三島由紀夫賞受賞

内容(「BOOK」データベースより)

よみがえる死者、歌う骨、歪む時間―21世紀の文学を予感させる衝撃の幻想空間。圧倒的な筆力で《大地と共同体》に挑む。三島由紀夫賞受賞。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 161ページ
  • 出版社: 新潮社 (1994/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103976012
  • ISBN-13: 978-4103976011
  • 発売日: 1994/05
  • 商品パッケージの寸法: 19.8 x 14 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 638,182位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
初めて読んだ彼女の作品でした。
愕いたのなんのって。
天才だわ。当たり前か。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
æ­»è€...が蘇ってくるというモチーフは、下手にæ-™ç†ã™ã‚‹ã¨ï¼¢ç'šãƒ›ãƒ©ãƒ¼ã¨ãªã‚‹ã€‚
だがã"の人はその発想ã‚'ひとつの宇宙にã-てã-まった。
æ­»è€...ã‚'含む親戚一同が一同に会する二百回忌という奇抜なアイディアに
赤いå-ªæœã‚'初めとするするさまã-まなã-きたりã‚'違å'Œæ„Ÿãªãè©°ã‚è¾¼ã¿ã€
ç...½å‹•ã°ã‚さã‚"などネーミングも絶妙な奇妙な人ã€...がé-Šæ­©ã™ã‚‹ã€‚
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
笙野さんは世間と言葉で戦う。

だから、どうしてもこういう一見、わかりづらい小説となってしまう。

ふと、この小説をゆっくり読めばいいことに気付いたときに、なにかにぶつかった。

ずーっと考えてぶつかったのが世間という言葉だった。

つきづきと見えない敵と戦う、出会う笙野さんは只者ではない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 定石どおり「コンビナート」から入り、はまった作家です。この「二百回忌」、一言でいえば、私もやってみたい。楽しいじゃないですか、こういうの。古くから続くお宅で育った人だからこそ書けるのだろう。世間とも親戚連中とも、いろいろなものと戦っておられる方だが、この作品を読んで、少なくとも「家」とは何のつながりもない気楽な生活を享受している者として、ちょっとうらやましく(?)思ってしまった。こういう読み方をすると、また戦う相手がふえたことになってしまうだろうか。笙野さん、作品全部持って愛読しているので、許してください。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
読者を選ぶ作家だ。
私の波長には共鳴しない。
構築されていく世界が受け入れ難い。
物語の展開に必然性がない。
唐突すぎる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告