数量:1
二百三高地 [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: アマゾン配送センターから無休で発送されますので、迅速、かつ安心です。当商品は、アマゾン評価基準の「良い」に該当する商品です。ディスクに傷があるものの、傷が小さい商品です。中古品ですので、多少のスレ、折れ、傷、焼けがある場合がございます。その際はご容赦ください。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。貼付ラベルは剥がせるタイプを使用。万が一、映像の乱れ、音飛び、著しい傷み等があった場合は返品・返金を致します。◆当店の商品はすべてアマゾンの倉庫に預けており、手元にございませんので、商品に対する詳細な返答はできかねる場合がございます。ご了承くださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

二百三高地 [DVD]

5つ星のうち 4.2 19件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 2,754 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 270 (9%)
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 2,625より 中古品の出品:4¥ 2,478より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 二百三高地 [DVD]
  • +
  • 大日本帝国 [DVD]
  • +
  • 日本海大海戦 海ゆかば [DVD]
総額: ¥8,357
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 仲代達矢, あおい輝彦, 森繁久彌, 夏目雅子, 三船敏郎
  • 監督: 舛田利雄
  • 形式: Color, Limited Edition
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日 2014/07/11
  • 時間: 184 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 19件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005FCX6J0
  • EAN: 4988101160198
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 9,373位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

【解説・ストーリー】
明治37年に勃発した日露戦争の歴史的事実と、それにかかわった人々の生き様を雄渾なタッチで描いた歴史巨編。豪華キャストが総結集し、さだまさしによる主題歌「防人の詩」が万人の心を揺さぶった。

【キャスト】
仲代達矢、あおい輝彦、新沼謙治、湯原昌幸、佐藤允、永島敏行、長谷川明男、稲葉義男、新克利、矢吹二朗、船戸順、浜田寅彦、近藤宏、伊沢一郎、玉川伊佐男、名和宏、横森久、武藤章生、浜田晃、三南道郎、北村晃一、木村四郎、中田博久、南廣、河原崎次郎、市川好朗、山田光一、磯村建治、相馬剛三、高月忠、亀山達也、清水照夫、桐原信介、原田力、久地明、秋山敏、金子吉延、森繁久彌、天知茂、神山繁、平田昭彦、若林豪、野口元夫、土山登士幸、川合伸旺、久遠利三、須藤健、吉原正皓、愛川欽也、夏目雅子、野際陽子、桑山正一、赤木春恵、原田清人、北林早苗、土方弘、小畠絹子、河合絃司、須賀良、石橋雅史、村井国夫、早川純一、尾形伸之介、青木義朗、三船敏郎、松尾嘉代、丹波哲郎

【スタッフ】
監督:舛田利雄
企画:幸田清、天尾完次、太田浩児、瀬戸恒雄
脚本:笠原和夫
撮影:飯村雅彦
音楽監督・指揮:山本直純
主題歌「防人の唄」/作詞・作曲・唄:さだまさし

【公開日】1980年8月公開

【スペック】
●映像特典
◆フォトギャラリー
◆予告

DUTD02311/COLOR/本編184分/片面2層/1.主音声:モノラル/16:9LB

【販売元】東映株式会社【発売元】東映ビデオ株式会社

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

舛田利雄監督がメガホンを取り、日露戦争の中でも熾烈を極めた二百三高地の攻防を描いた戦争スペクタクル。仲代達矢、丹波哲郎ほかが共演。“<東映 ザ・定番>シリーズ”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ウルトラのオヤジ トップ500レビュアー 投稿日 2011/11/1
すみません、作品評価は既に他の方々が、すばらしいレビューをされていますので、
「二百三高地」という映像作品が好きだ、という方には興味深く聞いて頂けるのではないか、
と思われる話を一点申し上げます。

本作品の中軸となる金沢第九師団第七連隊の「小賀小隊」は実在のモデルが居た事を
ご存知でしょうか?
脚本担当の名ライター笠原和夫氏は、かなり仔細に事実の発掘やインタビューを
積み重ねた上で、本作を書かれた模様です。

私は中学時代を金沢で過ごしたのですが、二百三高地劇場公開〜TV版本放送の
1980〜81年当時、通っていた中学校の、ある定年間近の男性教諭が、

「米川二等卒のモデルは、俺のお祖父さんだ。俺の親父はその息子だった。」
「親父も叔母(つまりは妹さん)も本当に苦労して育った、と聞いている」
「親父は亡くなったが、叔母(つまりは妹さん)は高齢だが、まだまだ元気だ」
と授業中に話してくれたのを覚えています。

米川二等卒は劇中、戦死されますが、残された二人のお子様はがんばって元気で
成人された事実。

その事を知った上で映画&TV版を見ると、悲しい(勿論感動はしましたが)物語の中でも、
...続きを読む ›
2 コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
日露戦争のお話。

近年の単純な反戦映画にほとほと疲れていたので、とても新鮮な感覚で観ることが出来ました。
内容は、非常にまっとうなものです。
俳優陣も、製作陣も、きちんと時代を直視していると思います。

ロシア文学を愛する博愛主義の青年とその恋人の、葛藤の末の結末にすべて凝縮されているのではないかと。
最後は非常に複雑な心境に陥る夏目雅子さんの演技がなんともいえない。

「戦争はいけないことです」という話ではないと思います。
どちらかといえば
「戦争というのはこういうことなんだ」という話で、「当時、日本はこういう立場にあったのだ」ということを理解する映画だと思います。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 1969年に東宝で「日本海大海戦」が劇場公開されましたが、1980年に公開された東映の本映画は、それと姉妹作品のような感じがします。
 映画には、恋愛や家族、兄弟の物語もありますが、全体的には壮絶な戦闘シーンの連続です。ここまで、戦争の残虐性を描く作品も、現代では考えられないのではないでしょうか。
 しかし、ロシアの文学者トロストイとロシア文学を愛する人間が、戦争を通してロシア人を憎んでいく兵士へと変貌していくプロセスが、この映画の本旨といっていいかもしれません。
 挿入歌となっている、さだまさしさんの「防人の詩」が、物語とマッチしています。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 きんちゃん。 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/7/24
その昔、税込定価で購入した。

仲代達矢の乃木希典大将、丹波哲郎の児玉源太郎大将の、なんとハマリ役なことか。
二大将の写真が残っているが、特に乃木大将と仲代は、そのシルエットといい、泣き顔といい、ソックリだ。
なかでも、映画の中で、“息子が戦死した”との報告を受けた乃木(仲代)が、暗闇の中でサーベルをカタカタ鳴らすシーンは、乃木が乗り移ったかのようだ。

好きなシーンは、大山総司令官の特命により、児玉(丹波)が、乃木の参謀たちを一喝するシーン(開始後2時間37分頃)。
児玉・乃木・参謀をみつめるカメラワークは芸術的だ。
児玉「戦(いくさ)は気合じゃぞ!」

満州軍参謀を叱るシーン(開始後1時間46分頃)もそうだが、丹波哲郎の多少コミカル感もあるド迫力は、この映画で際立っている。
児玉「何~っ!!ぬしが、ワシにケンカ売る気かーッ!?・・・・(あ痛たたた)、おい、誰か歯痛止めの薬を持ってきてくれんか」

今のCG技術に比べたら、軍艦や町の爆破シーンなど昔日の感は否めないが、この俳優陣とその演技、物語、撮影、音楽等により、このDVDを持つ価値は十分ある。
総合評価(満足度)は、高めの「★4」。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック