通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
二十世紀旗手 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

二十世紀旗手 (新潮文庫) 文庫 – 2003/10

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 497
¥ 497 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 二十世紀旗手 (新潮文庫)
  • +
  • ろまん燈籠 (新潮文庫)
  • +
  • グッド・バイ (新潮文庫)
総額: ¥1,588
ポイントの合計: 50pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

麻薬中毒と自殺未遂の地獄の日々――小市民のモラルと、既成の小説概念を否定し破壊せんとした前期作品集。「虚構の春」など7編。


登録情報

  • 文庫: 279ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (2003/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101006091
  • ISBN-13: 978-4101006093
  • 発売日: 2003/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 378,204位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 fullhouse 投稿日 2004/12/14
形式: 文庫
これを読んで吐き気を催すか、どっぷり太宰ワールドに浸かるか。
太宰の作品の中でも、好き嫌いがはっきり分かれる類のものだと思う。
僕は圧倒的に後者の方だ。
とにかく言葉の持つ力が半端じゃない。
特にこの作品に収められている「HUMAN LOST」は「人間失格」につながる小説(日記?)
なので、太宰を語りたければ避けては通れない道だ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
太宰の作品が好きというよりは太宰本人に興味がある人にむいてます。小説というよりはエッセイ、むしろ日記に近いものです。しかも太宰が最も悲惨な時期(精神病院に入るなど)のものなのでかなり陰鬱です。しかしその時期だけに作者の本音のようなものを感じることが出来ます。私はそこまで太宰好きではないという人は避けた方が無難です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「晩年」の作品と比べると、落ち着きがなく、混乱していて、とっちらかっていて読みにくい。
よく言えば前衛的で、新しいことを取り入れるのではなく、編出そうとしている姿勢が伺える。
表題作の「二十世紀旗手」は星新一にして「走れメロスを読むより二十世紀旗手を読め」と言わしめた力作。自分の身辺雑記と、アフォリズムを組み合われた散文詩としても読むことができる。
「humanlost」などはほぼ散文であり、近代文学と言うより現代詩と言ってしまった方が合点がゆく。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 まず、収録されている作品の題名を列記しておきます。

  1 狂言の神
  2 虚構の春
  3 雌に就いて
  4 創世記
  5 喝采
  6 二十世紀旗手
  7 HUMAN LOST

 最後の 『HUMAN LOST』 が戦後の 『人間失格』 に結実することは皆さんご存じのとおりです。他の方もレビューで書いておられましたが、この本は太宰の有名な作品(『走れメロス』『晩年』『女生徒』『人間失格』など)を文庫なら2〜3冊読んでから購入されたほうが良いとおもいます。この文庫での太宰の文章はかなり狂気が前面に出て破綻が見られ、かつ推敲が不完全です。それでも読みたいと仰有る方の妨害は決していたしませんが・・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告