¥1,320
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
二十世紀の文学と音楽 (文庫クセジュ) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

二十世紀の文学と音楽 (文庫クセジュ) (日本語) 新書 – 2019/10/5

5つ星のうち4.0 1個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書, 2019/10/5
¥1,320
¥1,320 ¥2,299
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

音楽に捧げられた文学作品へのアプローチ
二十世紀の音楽小説案内

さまざまな実験が試みられた時代。文学と音楽のあいだには、いくつもの魅惑的な交流が生まれた! 二十世紀の音楽小説案内。

いつの時代も文学と音楽は互いに影響を与え合ってきた。本書は、いずれの領域においても数々の実験的試みがなされ、創造的な可能性が飛躍的に高まった20世紀に焦点を当てる。
印象主義、表現主義、未来主義、ダダイスムといったさまざまな運動は、作家と作曲家の出会いの場となり、相互に影響がみられた。本書の第一部では、こうしたジャンルを越えた関係を歴史を追って検討する。第二部では、まず音楽にまつわるテクストを、つぎに100年のあいだに書かれた音楽小説をとりあげる。さらには詩と音楽、演劇とオペラといったテーマやジャンルごとに相互の関係を論じる。
音楽に捧げられたテクストの数々へアプローチすることで、それぞれの領域が抱える複雑な関係を明らかにする。20世紀の音楽小説案内。

[目次]
はじめに

第一部 二十世紀における文学と音楽の関係—歴史研究と比較詩学
第一章 二十世紀初頭(一九〇〇—一九一八年)
印象主義と象徴主義
表現主義とウィーン楽派の作曲家たち
未来主義とキュビスム
「音楽主義」について
「ダダ」運動
第二章 大戦間期
サティ、コクトー、六人組……、そしてジャズ
シュルレアリスム
社会主義リアリズム、および芸術と全体主義とのかかわり
音楽グループ「若きフランス」からシェフェールの音響実験まで
第三章 一九四五年以後の文学と音楽
戦後の音列技法—シェーンベルクとマン
実存主義とジャズ、シャンソンとのかかわり
音楽と「具体」詩
レトリスムから音響詩へ
ヌーヴォー・ロマンに耳を傾けて
「ハプニング」から音楽劇へ
ポスト・音列技法とその文学的モデル
偶然性の音楽とウリポ
第四章 二十世紀最後の数十年間
ポストモダニスム
こんにちのテクストとポピュラー音楽

第二部 二十世紀における文学と音楽の関係—ジャンル別の研究
第一章 音楽についての著作
理論的テクストにおけるジャンルの多様性
「執筆する」作曲家から作家としての作曲家へ
音楽に関する作家の発言
往復書簡
第二章 音響芸術の影響を受けた長編小説と中編小説
二十世紀の音楽小説作品
「音楽的」タイトル
歴史小説
「音楽的自己形成を扱う長編小説」
「音楽的」長編小説の形式上の特色
「声の小説」
第三章 詩と音楽の諸関係
音響芸術、声、歌の参照
言語の音楽的可能性の活用
言語の脱—意味論化とエクリチュールの音声化の試み
詩の音楽性から音楽化された詩へ
音楽とテクストの結合—結束と対立
音楽と言語の類似性
第四章 演劇とオペラの領域
演劇における音楽的テーマ群から音楽の劇作法的な機能へ
オペラの詩学
二十世紀におけるオペラ演出から二十世紀のオペラまで
文学作品の翻案
オペラから音楽劇へ—テクストのステータスの変化

結論

訳者あとがき
参考文献
原注
索引

[原題]Littérature et musique au XXe siècle

内容(「BOOK」データベースより)

いつの時代も文学と音楽は互いに影響を与え合ってきた。本書は、いずれの領域においてもさまざまな実験が試みられた二十世紀に焦点を当て、印象主義、表現主義、未来主義、ダダイスムなどの運動、また音楽についての著作、詩と音楽、演劇とオペラなどに言及しながら、それぞれの領域が抱える複雑な関係を明らかにする。

著者について

オード・ロカテッリ(Aude Locatelli)
エクス=マルセイユ大学教授。文学と音楽に関する比較研究を専門とする。本書のほか、Jazz belles-lettres, Approche comparatiste des rapports du jazz et de la littérature (Classiques Garnier, 2012), La lyre, la plume et le temps, Figures de musiciens dans le Bildungsroman (rééd. De Gruyter, 2010)などがあり、この専門分野で主催したシンポジウムの記録も複数出版するなど、精力的に活動している。

訳者:大森晋輔(おおもり しんすけ)
東京大学大学院総合文化研究科博士課程言語情報科学専攻単位取得退学、博士(学術)取得(東京大学)。東京藝術大学音楽学部教授。専門は20世紀フランス文学・思想。
主な著訳書
『フランスの詩と歌の愉しみ』(東京藝術大学出版会)
『ピエール・クロソウスキー 伝達のドラマトゥルギー』(左右社)
ピエール・クロソウスキー『かくも不吉な欲望』(共訳、河出文庫)
ブノワ・ペータース『デリダ伝』(共訳、白水社)

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ロカテッリ,オード
エクス=マルセイユ大学教授。文学と音楽に関する比較研究を専門とする

大森/晋輔
東京大学大学院総合文化研究科博士課程言語情報科学専攻単位取得退学、博士(学術)取得(東京大学)。東京藝術大学音楽学部教授。専門は20世紀フランス文学・思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 184ページ
  • 出版社: 白水社 (2019/10/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560510318
  • ISBN-13: 978-4560510315
  • 発売日: 2019/10/5
  • 梱包サイズ: 17.6 x 11.6 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 619,792位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
評価の数 1
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

ベスト500レビュアー
2019年10月12日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告