この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


二人の小さな家―クワイナー一家の物語〈7〉 (世界傑作童話シリーズ) (日本語) 単行本 – 2010/6/20

5つ星のうち4.5 4個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥11,521
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ミルウォーキーの女子大学を卒業して、コンコードに帰ってきたキャロラインは、小さい頃からの夢だった学校の先生になります。はばひろい年齢の生徒たちを教えながら、キャロラインは教師という仕事の難しさと喜びを味わいます。そして幼なじみのチャールズ・インガルスと再会したキャロラインはやがて彼と恋におち、悩みながらも新生活へとふみだす決意をするのでした。「大草原の小さな家」で、ローラが大好きだったかあさん、キャロラインが主人公の「クワイナー一家の物語」。故郷にもどり教師として生活するかたわら、再会したチャールズとの愛をはぐくむ完結編。小学校中級以上。

著者について

シーリア・ウィルキンズ(Celia Wilkins):「キャロライン・シリーズ」の執筆にあたっては、クワイナー家やワイルダー家の人々に関連する手紙、日記、公文書などを徹底的に読み込み、また十九世紀にウィスコンシン州に入植した開拓者たちの実生活を詳しく調査した。ニューヨーク州ブルックリン在住。ダン・アンドレイアセン(Dan Andreasen):挿絵画家。これまで刊行された「キャロライン・シリーズ」のすべてに挿絵を描いている。オハイオ州メディナ在住。土屋京子(つちや きょうこ):1980年、東京大学教養学部教養学科アメリカ科卒業。おもな訳書に『地球を救うかんたんな50の方法』(講談社)、『待ち暮らし』(早川書房)、『鹿と少年』(光文社)など。

登録情報

  • 発売日 : 2010/6/20
  • 単行本 : 324ページ
  • ISBN-10 : 4834022692
  • ISBN-13 : 978-4834022698
  • 出版社 : 福音館書店 (2010/6/20)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 4個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
4 件のグローバル評価
星5つ
51%
星4つ
49%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2011年11月29日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年6月29日に日本でレビュー済み
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告