中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙にスレや若干の使用感があります。本文内状態良好です。中古本として概ね良好で問題ないです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

二人だけで生きたかった―老夫婦心中事件の周辺 (NHKアーカイブス特別編) 単行本 – 2004/2

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

痴呆の妻(66歳)の介護の末、夫(77歳)は遺書を残して二人で故郷の近くの温泉地を巡り、入水自殺をしました。本書では、25日間の旅のあいだ揺れ続けた夫の気持ちや、妻に対する愛情を綿密な取材で追いました。老いた夫婦にとって本当の幸せとは何か…高齢化社会のあり方に一石を投じたドキュメンタリーです。

内容(「MARC」データベースより)

痴呆の妻の介護の末、夫は遺書を残して二人で故郷近くの温泉地を巡った後、入水自殺をした…。老いた夫婦にとって本当の幸せとは何か? 高齢化社会のあり方に一石を投じた感動のドキュメンタリー。NHKの番組を書籍化。


登録情報

  • 単行本: 169ページ
  • 出版社: 双葉社 (2004/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575296481
  • ISBN-13: 978-4575296488
  • 発売日: 2004/02
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 224,749位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 NHKアーカイブスは、NHKの映像ライブラリの中から懐かしいもの、優れた作品を再放送する番組です。本書の題材となった番組の初回放送は1991年6月9日のNHKスペシャルで、他と比べると比較的“若い”作品とのことです。
 番組に登場するのは77歳の夫と66歳の妻です。老人性の痴呆症と診断された妻は、夫の懸命の介護にもかかわらず、やがて徘徊するようになります。自治体の特別養護老人ホームに妻と一緒に入りたい、と申請しますが、介護を必要としない人は入所できない規則です。それにたくさんの希望者が待機しており、たとえ妻一人を申請しても、すぐに入所すること自体が難しいのです。一方で夫婦で入所させてもらえる民間の老人ホームは非常に高額で、この夫婦には手が出ません。
 夫一人の力ではどうしようもない事態になってしまい、近くに住む息子夫婦は、両親の様子を見かねて二人を引き取りました。
 しかし、同居をはじめてからわずか4ヵ月後に、二人は遺書を残してこの息子の家を出て行ってしまったのです。
 こうして、病の妻を連れた二人だけの旅がはじまりました。それは、死を覚悟しての旅でした。二人は故郷近くまで行きましたが、捜索願いが出されていることを恐れてか故郷には寄らず、宿にも偽名で泊まりました。その後も故郷を遠巻きにするようにして温泉を転々とします。実名で宿泊して「もう東
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
~このドキュメンタリーを見たときには、心が揺さぶられこぼれる涙がどうにもコントールできなかった。題名への興味だけで見始めて、夫婦が見た風景が淡々とつながれる構成にのめり込んだ。そこに淡々と事実が述べられる。死を決意した夫婦に会った人のコメントも家族の思いも、インタビュー映像ではなく、プロのナレータの言葉として淡々とその映像にかぶせら~~れる。
安っぽい役者を使って安っぽい再現映像を作るよりも心に迫ってきた。
それから、療養型の医療施設が注目され、さらに在宅医療、看護、介護が注目され、介護保険が導入された。10年たち時代は変わり記憶の片隅に押しのけられていた。
そして、先日その再放送が「NHKアーカイブズ」のコーナーで行われていた。全く気づかずに夜テレビをつけるとあ~~のドキュメンタリーの途中の映像が流れていた。これを見た10年前が思い返され、一気に心があつくなった。最後に2人で宿泊した旅館から海岸へ続く坂道が映し出されたときには、またコントロール不能状態。
しかし、この2人を支えきれなかったことが悔しい。2人で今のまま生きるか、2人でこのままいなくなるかしか選択肢が思い浮かばない状況に入ってし~~まった。ことが悲しい。
きっと、この2人の子供さんはもっとつらかっただろう。それでも、この本の出版を認めてくれたことに感謝する。この事実を
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/2/9
形式: 単行本
痴呆という重いテーマを扱っている話だけど、私は夫婦の愛の物語として読みました。何十年も連れ添うことで、あそこまで伴侶を愛することができるようになるんですね。私はまだまだですが、この番組に出てくる夫婦のような老い方をしてみたいと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 beach 投稿日 2004/11/13
形式: 単行本
将来自分が同じ立場になったときに、同じように愛情を注げるか?
同じように愛情を注いでくれるひとがいるか?
考えさせられました。
カンドーした。。。だけですまされる問題ではないと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
う~む。う~っ。とにかく考えさせられてしまいます。66歳で老人性痴呆症になった妻と77歳の夫。このご夫婦の最後の旅のドキュメンタリーです。NHKスペシャルで1991年に放送されたものの出版化です。最終的には入水で心中してしまう悲しい話なのですが。夫婦の関係だとか、老人福祉の問題とか。彼の残された家族の気持ちだとか。自分がそれぞれの立場だったらどうしよう??深く深く考えさせてもらう。良いきっかけを貰いました。本の中ではこのご夫婦の他に、同じ様な境遇に置かれている他のご夫婦の話も掲載されています。日本は超高齢化社会を迎えて、ますますこのような話が増えてくるのは間違いないです。とても人ごととは思えないそんな話です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告