中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

二人がここにいる不思議 (新潮文庫) 文庫 – 1999/12/27

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(9)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 3,864 ¥ 1,815
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
マスマーケット
"もう一度試してください。"
¥ 2,734 ¥ 960
カセット, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 3,581 ¥ 2,667
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

太めと痩せのカップルの、出会いと別れと再会の物語「ローレル・アンド・ハーディ恋愛騒動」、天国まで自慢のワインを持って行こうとする呑んべえ領主に抗して村人たちが考えた作戦が意表をつく「ご領主に乾杯、別れに乾杯! 」など、23編のジンワリいい話を集めた待望の短編集。ちぐはぐな会話としんみりした読後感が楽しい表題作は、今は亡き両親をレストランに招待した男の話。

内容(「BOOK」データベースより)

太めと痩せのカップルの、出会いと別れと再会の物語「ローレル・アンド・ハーディ恋愛騒動」、天国まで自慢のワインを持って行こうとする呑んべえ領主に抗して村人たちが考えた作戦が意表をつく「ご領主に乾杯、別れに乾杯!」など、23編のジンワリいい話を集めた待望の短編集。ちぐはぐな会話としんみりした読後感が楽しい表題作は、今は亡き両親をレストランに招待した男の話。


登録情報

  • 文庫: 446ページ
  • 出版社: 新潮社 (1999/12/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102211055
  • ISBN-13: 978-4102211052
  • 発売日: 1999/12/27
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 126,908位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
一つ一つの物語から、季節の香りが伝わってきます。
一年のうちで一番季節を感じてしまうクリスマスシーズンにお勧めです。
特に「ゆるしの夜」はクリスマスイブのお話。
忙しい師走もこころ穏やかに過ごせそうです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 小説には、大きく分けて長編小説と短編小説があります。長編小説は、緩やかでじっくりと面白さが広がっていくマラソン型。一方短編小説は、面白さのエッセンスを一機に爆発させる100m走型。この短編集は、こんな比較のしかたを、見事に実証していると思います。
 ブラッドベリの小説には、繰り返し同じような設定や同じような主人公が登場してきます。サーカスや墓場、善良な大人に純真な子供、夜明け前の薄明かりの時間帯等がそうです。
 しかし、物語られる世界は、一方向に傾かずいつも生き生きと瑞々しく、それでいて不思議な、なんとも言えない読後感を与えてくれます。SFあり、ホラーあり、ラブストーリーありで短編小説の壷を心得た秋の夜長にぴったりの本でした。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
レイ・ブラッドべりは高校生のSF少年時代から大好きな作家だ。映画の脚本も書く。「白鯨」など。映画化も多い。レイは本質的には「詩人」だと思う。文章は簡潔でポエジー。だからといって甘いものではない。まあスティーブン・キングの病気のような冗長な文体とは対照的。英語で読んだほうがいい。簡単な英語だから。この作品は短編集でSFではない。「短編」のお手本みたいな名品。「短編」の下手な書けない作家は2流。読むほうも短いから楽。全部いいが最初の「生涯に一度の夜」 One Night in Your Life が好きだ。うーむ そうだなあ。何度も恐縮だが。お馴染みの夏目坂のアパート。則子さんと新婚?のOne Nightを過ごした夜。「新婚みたい」とジョークのつもりで言ったら「馬鹿!」と睨まれた。それでも二人でのりちゃんの手料理(お嬢様で普通料理などしない)の「レタスの油炒め」を食べた。あとは深夜までおしゃべり。何を話したか忘れた。眠くなったので枕を並べて寝てしまった。則子さんの額にお休みのキスをしたら殴られたろうか?それは解んない。黙っていたかも。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告