¥ 1,944
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
事業性評価と融資の進め方 =取引先の強みを伸ばし資... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

事業性評価と融資の進め方 =取引先の強みを伸ばし資金需要を発掘する 単行本(ソフトカバー) – 2016/12/2

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/12/2
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,637
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 事業性評価と融資の進め方 =取引先の強みを伸ばし資金需要を発掘する
  • +
  • 事業性評価実践講座―銀行員のためのMQ会計×TOC
  • +
  • 事業性評価・ローカルベンチマーク 活用事例集
総額: ¥7,776
ポイントの合計: 235pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

「事業性評価」とは融資を伸ばす新たなテクニックではありませんし、
ヒアリングシートや管理表を作るという作業でもありません。
金融機関が取引先企業と正面から向き合うことによって、強みや経営課題を発見し、
その改善や業績向上を支援するなかで、融資や助言につなげることなのです。

本書は企業の見方や経営改善アドバイスについて、
金融機関の行職員や事業者向けに分かりやすく解説しています。
5つの業種のビジネスモデルを理解することで、
強みを見出し伸ばすための支援方法や融資につなげる方策を学びます。
取引先企業の事業を理解し、課題を発見し、
「最適な解決策=ソリューション」を提供してください。

内容(「BOOK」データベースより)

主要5業種のケーススタディにより事業性判断から融資ネタまでを解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 出版社: 近代セールス社 (2016/12/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4765020517
  • ISBN-13: 978-4765020510
  • 発売日: 2016/12/2
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,846位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2016年12月16日
Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年7月26日
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年7月20日
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月17日
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月7日
Amazonで購入
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月5日
Amazonで購入
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。捨てられる銀行