中古品
¥ 3,987
中古品: 良い | 詳細
発売元 6月書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに薄ヤケ・スレキズ少々 縁傷みあり その他概ね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

事例研究の革新的方法―阪神大震災被災高齢者の五年と高齢化社会の未来像 単行本 – 2006/11

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 12,798 ¥ 3,987

この商品には新版があります:

click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ST Vivo(NVivo)を用いた「事例研究」手法の手引書として多くの研究者に好評のロングセラー。阪神・淡路大震災から20年の節目に新装版で再版。 --このテキストは、単行本(ソフトカバー)版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

本書は日本の高齢化社会に関心を向けた探索的研究であり、被災地神戸をケーススタディとして、都市部の独り暮らしの高齢者を追った社会科学的研究である。質的および量的手法の混合手法を用い、英語圏では使用が常識となっている質的データ分析ソフトQSR NUD* IST Vivo(NVivo)を非英語圏、日本のコンテクストに初めて応用した。研究手法の手引書としてはもちろん、老年学、ジェンダー学や災害研究の視点からも参考となる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 338ページ
  • 出版社: 九州大学出版会 (2006/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4873789222
  • ISBN-13: 978-4873789224
  • 発売日: 2006/11
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 15.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 884,645位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 阪神 投稿日 2010/5/30
形式: 単行本
世界で次々と自然災害が発生する中、阪神大震災という日本の経験や学んだ事を分かつことが世界から求められているところで、本書は、外国語でも刊行されている。中国語では、『災難後的重生』中国書店(福岡)・南天書局(台湾)。英語では、『Older People in Natural Disasters』京都大学学術出版会・Trans Pacific Press (Australia).
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 帯より 投稿日 2006/11/11
形式: 単行本
被災から復興へ―超高齢化社会に挑む被災地で「老いる」とはどういうことか― 阪神大震災後の復興過程において被災高齢者はどう生きのびて、どのように見られてきたのか。仮設住宅や復興住宅での現地調査、マスコミ報道や公的報告書の分析によりその実態を解き明かす。神戸を通して、日本の明日が見えてくる。本書は日本の高齢化社会に関心を向けた探求研究であり、被災地神戸をケーススタディとして、都市部の独り暮らしの高齢者を追った社会科学的研究である。質的及び量的手法の混合手法を用い、英語圏では使用が常識となっている質的データ分析ソフトQSR NUD*IST Vivo(NVivo)を非英語圏、日本のコンテクストに初めて応用した。研究手法の手引きとしてはもちろん、老年学、ジェンダー学、メディア、災害研究の視点からも参考となる。海外生活の長い著者による豊富な海外の文献をレビューしながらの分析も特徴で、力作といえる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告