この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

事例演習刑事訴訟法 (法学教室ライブラリィ) 単行本(ソフトカバー) – 2011/2/25

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,700 ¥ 99

この商品には新版があります:

click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『法学教室』で好評を博した演習を全面的に書き改めた。書下ろし3本を加え全30問。法の解釈,事実の抽出,要件・規範への当てはめる力が身につく事例演習書。教員と学生による対話型の詳しい解説,学生が誤解しがちな点のQ&Aなどは,自習用教材としても最適。

内容(「BOOK」データベースより)

『法学教室』で好評を博した演習を大幅に書き改め単行本化。書下ろし3本を加え全30問。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 330ページ
  • 出版社: 有斐閣 (2011/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4641042799
  • ISBN-13: 978-4641042797
  • 発売日: 2011/2/25
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 225,889位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 nekozy VINE メンバー 投稿日 2011/9/11
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書は「法学教室」誌上で2年以上続いた連載に、大幅な加筆をしたものです。
判例学説はある程度知っている前提で書かれているので、ひと通り勉強した人向けの本かと。

「設問→ポイント→判例→解説(対話形式)」という構成。
設問数は30問で、一問につき1〜3の論点。
基本的な論点や重要判例ははカバーしています。

本書が主眼を置いているのは「判例・学説の丁寧な分析」に尽きます。
1/3ほどしか検討していませんが
「中途半端な理解や、理解せず暗記するだけでは駄目だ!」
という著者の強いメッセージを感じました。

本書が理解できたら、過去問や試験の答案で変な事は書かなくなる…と思います。

また、冒頭の「設問を解く前に」は必読でしょう。
刑訴(及び法学)の勉強方法、答案作成のポイントが丁寧に述べられています。
元試験委員からのアドバイスが満載なので、とても参考になりました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
【レビュアー】
2013年に都内ローを卒業した後、2013年度司法試験初受験し合格

【レビュー】
私は、ロースクール2年生の時に本書を購入して、3年生になるまで本書を用いていた。
しかし、あえて言い切らせていただくが、「司法試験」の観点からは本書をこなす必要はない。

内容は極めて高度であり、知的好奇心をくすぐられる。そのため、司法試験を余裕で突破できるレベルの方や教授になるために詰めて学習しておられる方などには強くお勧めしたい。
 ただ、司法試験の観点からすると、高度過ぎて本書で展開されている論理を論文式試験で用いることは難しいと思われる。
刑事訴訟法は資料も多く、他の科目よりも「読み解く→答案構成→作成」を2時間でこなすことが難しい科目である。そして、難しい議論はパターン的に論じるにとどめている多数人とは異なる筋になるため、それなりに厚く論じなければ分かってもらえない可能性があり、書く量が必然的に増える。
 それにも関わらず、あえて通常予備校で採用されているような(悪く言えばパターン的な)論証ではなく、本書で展開されているような高度な論証を時間を(無駄に)かけて展開する必要があるのだろうか。

司法試験は規範定立よりもあてはめが大切(≒あてはめの方に点数の比
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 好評を博した法教連載に「大幅な」加筆修正を施した上で、単行本化されました。連載を読了された方にも、購入を強くお薦めします。

 本書は、古江先生が東京大学法科大学院で5年間に亘って担当された2年次科目の講義内容をベースに据えています。しかし、標準的な教科書の「行間」を明らかにしたり、判例・学説の優れた理論的洞察に読者を案内したりすることを主眼としていますので、一通り教科書・判例を読了された方なら取り組むことができます。法科大学院生向けの演習書が量産されている中で、学部生にも手が届く貴重な一冊と言えるでしょう(古江'@頁)。判例・参考文献はH21.12.31までフォローされています。

 演習問題パートの前に用意された「設問を解く前に」という小稿では、条文の法解釈の重要性、都合の良い法解釈・事実の法的評価の危険性、答案における判例の取り扱い方などに言及されています。最近の演習書には、必ずと言って良い程に答案構成を意識した(研究者の著書らしくない)叙述が残されていますが、刑訴法に限らない一般的な答案構成の指針について古江1-8頁は説明を施しています。一読をお薦めします。

 演習問題パートは、設問→ポイント→参照判例(有斐閣CB、三井判例教材、百選9版に対応)→解説→(Questoin & Answer→Pointers T
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告