¥ 5,400
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
予言がはずれるとき―この世の破滅を予知した現代のあ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

予言がはずれるとき―この世の破滅を予知した現代のある集団を解明する (Keiso communication) 単行本 – 1995/12

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,400
¥ 5,400 ¥ 4,493

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 予言がはずれるとき―この世の破滅を予知した現代のある集団を解明する (Keiso communication)
  • +
  • 服従の心理 (河出文庫)
総額: ¥6,804
ポイントの合計: 205pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

大洪水にもならず、救出のためのUFOも来ない…そのとき、教団はどうなったか。「認知的不協和の理論」を検証する社会心理学の古典、堂々の完訳。

内容(「MARC」データベースより)

予言がはずれた後、かえって布教活動が活発になり、信者も増大して大きな教団になっていく…。予言を教義の中心的要素とする宗教グループや教団の布教活動にかかわる社会心理学的・文献的および実証的研究の書。


登録情報

  • 単行本: 389ページ
  • 出版社: 勁草書房 (1995/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4326101067
  • ISBN-13: 978-4326101061
  • 発売日: 1995/12
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 15 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 249,766位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
遠い昔から、多くの宗教やオカルト集団は「ある日、世界は終わる」という終末予言を度々発してきました。終末に対して所属員は生き延びる準備をし、あるいは世界を救う努力をし、並々ならぬ熱意と共にその日に備えるのですが、文字通りの意味で世界が終わった試しは一度たりとも有りませんから、所属員の落胆たるや想像にあまりあります。

ところが不思議なことに、予言が外れたにも関わらず集団は存続し、逆に力を強める事も少なくないのです。果たしてこれは何故なのでしょうか。

もし、志を等しくする人々が集団を作り、成長し、ついには終末予言を発するに至り、予言が外れていくまでの過程を、その集団の内部から客観的な立場で記録した資料があったとしたら、この疑問に答えを出す大きな一助となるでしょう。本書は正にそのような記録なのです。

「人の心は矛盾した情報に出会ったとき、どんな動きをするか」という問いは認知的不協和理論と呼ばれ、とても重要な心理学理論の一つです。理論の提唱者であった本書の著者ら研究グループは、この理論をより実証的に検証したいと思っていました。そんな折、終末を予言する団体の情報が舞い込みます。終末予言は必ず外れますから、信じたことが外れるという明らかに矛盾した情報に信者が出会う場面を観察するチャンスでした。研究グループは観察者を団体へ潜入させ、
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
予言が当たれば教祖をますます信じ、予言が外れても教祖を信じる、その集団力学についての壮大なフィールド研究。本書で得られた知見はカルト集団の理論的説明にとどまらない。会社組織、親密な仲間集団など、現代の日常生活で我々に関わりうるさまざまな集団に本書の知見は応用可能である。その意味で本書の適用可能性は極めて高い。

本書しか読んでいない人は「なんだ、ただの事例研究か。参与観察だけならアマチュアでもできるよ。つまらない本だ」と思うに違いない。たしかにそれはごもっともである。しかも、参与観察は観察者のフィルタを通しているので、そこから導き出された理論は間違っている可能性があるという欠点を内包する。

しかし、Festingerらは優秀な観察者であると同時に、やはり科学者だった。自分の理論に合致する現象を見つけるだけでは終わらず、理論の正しさを確認するために要因統制した実験を行い、学術雑誌にその知見は発表された。認知的不協和と命名されたこの理論は、その後の膨大な研究を触発した。

ところで、心理学を勉強したことのある人は「心理学?どうせ大学生相手に質問紙ばらまいたり、実験室状況でしか再現できない実験ばかりしてるんでしょ?たしかに要因統制の厳しさには感心するけどさ」と考えているのが一般的である。これはある意味正しい。しかし本書は、そん
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 未森 投稿日 2004/6/18
形式: 単行本
ちょうど、某白装束軍団がブラウン管を騒がせていた時だったので、
興味深く読みました。
特に親によってカルトに巻き込まれた子供はかわいそうだと…
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告