予感~アンジェリック・グリーンの光の中で がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,180
通常配送無料 詳細
発売元: ステップREIKODO
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

予感~アンジェリック・グリーンの光の中で

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,146
価格: ¥ 2,800 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 346 (11%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Leadwayが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 2,750より 中古品の出品:13¥ 150より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報

  • J-POP好きなあなたも、洋楽好きなあなたも、みんなが楽しめる「J-洋楽」!ストアだけのスペシャル動画も配信中。J-洋楽ストアを今すぐチェック!

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 予感~アンジェリック・グリーンの光の中で
  • +
  • 風の画集
  • +
  • 水の前奏曲
総額: ¥8,662
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 演奏: 加古隆
  • CD (1998/8/21)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: エピックレコードジャパン
  • 収録時間: 52 分
  • ASIN: B00005G4VO
  • JAN: 4988010804022
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 368,513位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 一つの予感
  2. 月と舟唄
  3. 海の道
  4. 花の憧れ
  5. ジブラルタルの風
  6. ビューティフル・ハーモニー
  7. 摩周湖
  8. 曠野のアリア
  9. 舞姫
  10. 光のカノン
  11. 湖沼の伝説

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

この音楽は重い。この手の響きは{クリスタルでオシャレ}みたいな形容を誘いがちだが,具体的なドラマのワン・シーンを想定しているよう妙なリアリティと密度を持っている。さて,この音楽のスタイルのどこまでが戦略でどこまでが地声だろうか。

内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)

ソロ・ピアノを中心とした永年のアーティスト・ワークを通じ、すでに自らの確固たる音楽世界を築き上げた加古隆。しかし、3年ぶりに登場したこのニュー・アルバムで、彼は確実に一歩“新しい世界”へと踏み込んだようだ。ピアノとヴォーカリーズ(歌詞のない歌)とのコラボレーションという形から生まれたのは、歌詞やメロディに囚われることなく、純粋に音楽性のみに注目したかとさえ思える異色の作品群。そこでは、やさしい天使のような声と澄んだピアノの音色が出会い、混ざりあい、美しい響きに満たされた異空間が現出させられる。トワ・エ・モア以降、独自の歌世界を作りあげる白鳥英美子、ロシアの男性ソプラノ、オレグ・リアベツ、日本屈指のソプラノとして知られる平松英子……それぞれに特徴的な“声”と加古のピアノとの邂逅を知った後では、聴き慣れたはずの彼のソロさえ、これまでの作品とは違ったように聴こえるような気がする。面白いアルバム。 (佐藤篁之) --- 1998年09月号


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
このピアニストはいつでも真剣にピアノと向き合い、戯れ、その囁きを聞く。この作品集では、その触れ合いの中に美しい歌声を交えている。
ピアノと声といっても、どちらがメインでどちらがサブといったことはなく、両者がそれぞれに曲を織り成しているのである。
しかしそれで加古の張り詰めたピアノが破壊されるかといえばそんなことはなく、まるでごく自然に、ピアノと歌声の掛け合いを受け入れることが出来る。このアルバムの中では人の声もまたひとつの崇高な楽器であるのだ。そうしてそれは時にはメランコニに、時には喜びを歌声で奏で、ピアノが歌うのである。
音楽の悦び、その一瞬の響きに耳を傾ける。ただアンジェリック・グリーンの光に包まれて。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
購入して視聴したのは最近の事、このCDは90年代後半の音楽のようですね。
ジャンルを超えて、もしくはジャンルにこだわらずに、色々してみようとしていた時代でしょうか。
何とも、懐かしいものを覚えました。
曲の方は、ピアニの響き+人の声の響きとなっています。
歌をピアノと同等にして一つの楽器として捉え、音楽を奏でている、と表現すればよいでしょうか。
作曲者や演奏者が表現しようとした事、試みようとしている事を、どう捉えるかで評価が変わるかもしれません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告