中古品
¥ 385
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 単行本(ソフトカバー) – 2008/11/21

5つ星のうち 4.4 65件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,943 ¥ 278
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

《全米ベストセラーの行動経済学入門!》

【Amazon.comのBest Book of 2008「ビジネス・投資」部門で読者の選んだ本のNo.1に輝きました!】

これまでの経済学では、人は合理的に行動するものと考えられてきた。だが、本当にそうだろうか。
本当はおなじ味でも、雰囲気のいいカフェのコーヒーにはファストフード店のコーヒーより高いお金を払っていないだろうか? また、上等の靴下が必要だったのに、一足ぶんおまけされていた安物の靴下を買ってしまったことは? そう、人は不合理な行動をとるものなのだ。
経済行動に大きく影響しているにもかかわらず、これまで無視され誤解されてきた、人の不合理さを研究するのが、行動経済学という新しい分野である。ユニークで愉快な実験によって、人がどのように不合理な行動をとるのかを系統的に予想することが可能になった。「おとり」の選択肢や、価格のプラセボ効果、アンカリングなど、人の理性を惑わす要素を理解するとき、ビジネスや投資、政治の世界でも、驚くほどのチャンスがもたらされるようになったのだ。
行動経済学研究の第一人者がわたしたちを動かすものの正体をおもしろく解説する全米ベストセラー行動経済学入門。

《ノーベル賞受賞者が揃って絶賛!》

内容(「BOOK」データベースより)

行動経済学研究の第一人者がわたしたちを動かすものの正体をおもしろく解説する全米ベストセラー行動経済学入門。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 345ページ
  • 出版社: 早川書房 (2008/11/21)
  • ISBN-10: 4152089792
  • ISBN-13: 978-4152089793
  • 発売日: 2008/11/21
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 65件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 29,807位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
経済学と自分の購買行動に新風を巻き起こす一冊です。

割りと気分屋である人間行動を理解し、(できるだけ?)過ちを起こさないように促すこと、もしくは人にやさしくなることができるかもしれません。

本書の問題提起により、議論のきっかけになればよいと思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
行動経済学の創世記に書かれた本で内容充実しています。例えば社会規範のコストとかゼロコストのコストとかかなり 時代を先走っていました
しかしながら、翻訳が読みにくくそのまま直訳したのかいなというような日本語が続くので読み難いですその点のみ残念でした
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
行動経済学を分かりやすく見せてくれます。読みものとしてもとても分かりやすく、引きこまれていきます。
また、予想通りにというところが大切で、そもそも合理性とはどういうものなのかについて考えさせてくれる良書だと思います。
この本で取り上げられているトピックも、私たちの生活に密着しているもので、分かりやすいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
行動経済学者が、世の人間の不合理な行動について、実験を交えながら説明をしています。
内容は秀逸。

例)普段と、性的に興奮したときでは、男性の行動がどう変わるのか

女性がセックスに応じてくれる可能性を高めるためなら、愛しているといいますか?
普段      YES 30%
性的興奮時  YES 63%
ふむふむ、よくわかります・・・・><

もうひとつ特に面白かったのは、現代人は「市場規範」と「社会規範」の二つの判断基準を持っており薄謝(微報酬)なら請けない仕事であっても、ボランティア(無報酬)なら受けることが多いという点です。
弁護士に、薄謝(30ドル)で困窮者への相談業務を依頼したところほとんどがNOと回答した。
しかし、ボランティア(無料)で相談業務を依頼したところ、多くの弁護士がYESと回答したなど

人間の行動は、理性では測れず、感情や思い込みなどで動くものだということを実証例を豊富に織り込みながら説いています。

経済学と人間が出会うことで、行動経済学が始まったのでしょうね。
1 コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
1.内容
一般に、経済学では、人は合理的であると仮定されているが、著者らの工夫した実験により、人は不合理な行動を取ることを明らかにした本。不合理でも予測は可能で、したがって教訓を導き出せる。
2.評価
実験は非常に興味深く、面白かった。ただ、一般の経済学の合理性仮定も、教訓を導き出すのに不都合があるわけではない。この点に注意を喚起する意味で、星1つ減らして、星4つ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2010/5/16
形式: 単行本(ソフトカバー)
「わたしたちが下す決断は、従来の経済理論が仮定するほど合理的でないどころか、はるかに不合理だ。といっても、わたしたちの不合理な行動はでたらめでも無分別でもない。規則正しくて予想することもできる」。

今や多くの支持者を獲得した、行動経済学を紹介した代表的な著作のひとつ。人間心理と経済観念の関係を、身近な例と実験を通して次々明らかにして いる。学者っぽくない文体で書くためにかなり苦労したそうだが、そのおかげで、肩肘張らずに読める本としてうまく仕上がっている。

しかし、この人の実験の数々は、なかなかユニークなものである。"エコノミスト"の購読申し込みの巧みな選択肢にヒントを得たおとり実験、子供た ちを使ったタダが引き起こす人間の判断の不合理さの確認、市場規範と社会規範の対照、自分の授業を利用した学生たちの先延ばし心理の検証、苦労して手に入 れたバスケットボールの試合のチケットの価値の比較。特に、プラシボー効果や、わざと答えが後でわかるように自己採点させたテストで十戒を唱えさせたとき とそうでないときの不正率の比較など、なかなか興味深かった。

ちなみに、著者は2008年のイグ・ノーベル賞を受賞したと書いてある。なるほど、確かに。まじめな研究なのだけれども、意表をついた実験の数々に苦労がしのばれる。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 くにたち蟄居日記 VINE メンバー 投稿日 2009/1/31
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 経済学の前提が時として「人間は合理的判断をする」という点に置いていることに疑問を感じてきた。従い 本書の題名を見て すぐに購入した次第だ。

 本書から見えてくる人間は「合理的な」動物である。それは著者が展開した数多くのテストの結果で 基本的に著者が「予想した」結果が出ている点を見ても分かる。「不合理な動物」だったとしたら テスト結果はもっとばらばらになっていたはずだ。テストの結果に方向性が出たとしたら それは多くの人が ある種類の合理的な判断に基づいていたからだと考えるべきだと思う。

 要は「何が人間にとって合理的なのか」ということだと思うのだ。経済学では時として「人間は一円でも有利な方があったら 当然合理的にそちらを選ぶ」というような話が出てくるわけだが 他の要因があったら「一円不利な方でも そちらを合理的に選んでしまう」ということも多い。
 その「他の要因」は 例えば 見栄であったり 善意であったり 錯覚であったりするわけだが そんな「他の要因」をいかに発掘し 分析するのかが 次世代の経済学の一つの課題なのだと強く感じた。

 それにしても本書は読んでいて笑える。著者が 書き方に大変工夫して書き上げたことが良く分かり 非常に気持ちが良い。この著者のユーモアには 著者の人間への優しいまなざしを垣間見せるものがある。そもそも 人間への愛情が無い人に「行動経済学」というような学問は難しいのではないだろうか。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー