通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
乳と卵(らん) (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

乳と卵(らん) (文春文庫) (英語) 文庫 – 2010/9/3

5つ星のうち 3.3 96件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,234 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 乳と卵(らん) (文春文庫)
  • +
  • ヘヴン (講談社文庫)
  • +
  • わたくし率 イン 歯ー、または世界 (講談社文庫)
総額: ¥1,568
ポイントの合計: 48pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

受賞歴

第138回(平成19年度下半期) 芥川賞受賞

内容紹介

娘の緑子を連れて豊胸手術のために大阪から上京してきた姉の巻子を迎えるわたし。その三日間に痛快に展開される身体と言葉の交錯! --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 133ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2010/9/3)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 4167791013
  • ISBN-13: 978-4167791018
  • 発売日: 2010/9/3
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 96件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,609位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この本を読んだだれもが、おそらくほとんどの人がまず感じるのは読みにくいということであり、最初の方のページでは助詞なのか単語の尾っぽなのか分別つかない「て」とか「は」に苦戦しながらも、せっかく身銭を叩いて買ったんだから、つまんないと思ったら片っ端から本を捨てるということのできる文学研究者のような身分では自分がないのだからということを思い返して、頑張って読み進めていったら、だんだん文章には慣れてきて、でもこの小説の空気感というか世界観っていうのは、この口語調に特化した関西弁の語りとは切っても切り離せない間柄であり、この語りでないと醸し出せないものもあるだろうなぁ、もしこれを標準語にして書いたら間違いなく死んでただろうなということも思えてきて、こういう関西弁を読めるリラシーを我々読者が身につけたのも、ひとえに関西のお笑い芸人がテレビに毎日映ってくれている今のような世の中のおかげだなぁということに気がついたら、改めて明石家さんまとかダウンタウンに感謝したくなってくるのだけれど、それとこの小説とは全然関係ないないと、もう一回集中力を高めて本文に集中すると、成熟したくない娘と、成熟したままでありたい母の、その二人の葛藤があって、思っていたよりおセンチな話であり、心温まる話であり、芥川賞というのも捨てたもんではないなぁと思い、小説をまねてレビューを書いてみたのだが全くうまくいかなかったのである。
コメント 142人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
表題作『乳と卵』
読みやすい関西弁が、素晴らしく効いています。
諸々の描写力に長けた著者の文章は、今時の文学にしても珠玉です。
舞台は東京三ノ輪。語り手のわたしを中において、胸の整形に拘る姉(巻子)と、
筆談しかしない彼女の娘(緑子)との数日が描かれています。
 
次々散りばめられる小説の設定が面白く、終盤まで期待しながら読み進めました。
巻子には胸、緑子のノートには卵子についての、そして母についてのコンプレックスが
語られてゆきながら、豊かな描写力にして主人公のわたしには、更なる背景がつらつらと
認められてゆきます。上記設定のあざとさはあるものの、巻子を見る私の視線は至極よく、
なにより鮮やかに彼女を描き出します。

冒頭、しばらく振りに見た巻子は、意外な位にやせて見えた。読みながら、当然その真相が
小説の芯になってゆくだろうと思いました。然しながら、結局それは仄めかしにまでも
到らなかった。その点にがっかりさせられました。これではこの話は報われない。

せめて語り手のわたしにだけは、巻子のその先の死が仄めかされて(半信半疑に)いてほしい。
すればそこに決定的な意味が生じ、クライマックスのタマゴ割りは至高のシーン
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 rise 投稿日 2008/3/4
形式: 単行本
文章がだめでした。よっぽど肌に合う人じゃないと読了できないと思う。それくらい独特。

店頭で内容を確認してから購入を検討すべき本。
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
乳と卵とは胸と子宮の関連であってつまりは女性だ。この短編には3人の登場人物がおり、3人がみな女性である。うち1人は語り手というか見手ともいうべきポジションで、あとふたりは親子。母は豊胸手術について考えていて、娘は生理について悩んでいる。
娘はうら若き小学生で、自身の卵細胞つまり生理と母の豊胸手術のことで頭がいっぱいで、現実との折り合いをうまくつけることができず、筆談という手段でコミュニケーションを図ろうとし、一切の言葉を口から発せずにいる。彼女が言葉を発するのは、母の豊胸手術を糾弾するときなのだが、そのためにはエキセントリックな儀式的媒介が必要で、彼女の場合それが、玉子を頭にぶつけてかち割るというものなのだった。行為それ自体は理解不能としても、その行為によりわだかまっていた本音がストレートに放出され、頑なに拒まれていた言葉が外に出たという因果は理解可能である。
ところで、彼女の処女小説である『わたくし率イン歯ー、または世界』は、今作における玉子割りに該当するカタストロフの場面がとても鮮やかで、小説全体の意味を変革してしまう大技ともなっていたのだが、それと比べるとこの芥川賞受賞作は少し弱いと思う。また身体的女性性というのがたぶん主題なのだろうが、その深くもエッセンシアルでもある主題が書かれたモチベーションも推し測りがたく、煮え切らないものが残る読後感である。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック