通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。カバーに若干スレ・ヨレなどありますが、中身はキレイで全体的に良好です。【商品はビニール袋で梱包し、バーコードラベルを直接貼付しておりません】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか 単行本 – 2008/10/15

5つ星のうち 4.4 68件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 1,506

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか
  • +
  • 乳がん患者の8割は朝、パンを食べている
  • +
  • なぜ「牛乳」は体に悪いのか ―医学界の権威が明かす、牛乳の健康被害 (プレミア健康選書)
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 157pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

●世界15か国で翻訳された、400万部のベストセラー。
●乳がん発症 → 乳房切除 → 5年後に転移 → 2週間後に再々転移 → 放射線療法 → リンパ節に3度目の転移 → 放射線による卵巣摘除 → リンパ節に再度、鶏卵半分ほどの大きさのがん発症 → 牛乳・乳製品・乳牛肉の摂取をやめる → リンパ節のがんが小さくなり消滅 → 15年間一度も再発なし。
……以上が、42歳で乳がんになったプラント教授の乳がんの歩みである。たたいても、たたいても、消えないがんにおびえながら、プラント教授は、自分がなぜ乳がんになったのかを調べ始める。
●プラント教授は、最初に乳がんになったあと、ブリストル・ダイエットという有名ながんの食事療法を取り入れた。これは、油・動物性食品・塩分・カフェインなどをとらず、野菜や果物、ヨーグルトなどを多くとるという食事療法であった。しかし再発! 余命は長くないと、医者からも告げられる。……愕然とするプラント教授は、それでもあきらめなかった。学術論文を読みあさり、まさに命がけで研究を続ける。そしてついに、プラント教授は乳がんの真犯人を探り当てた。それから15年。プラント教授の乳がんは一度も再発していない。
●プラント教授が本書でその研究を発表したとき、多くの科学者がこれを批判した。だが、一人としてプラント教授の説をくつがえすことはできなかった。やがてプラント教授は、医学の発展に貢献したとして英国王立医学協会の終身会員となる。そしてもちろん、いまも元気で活躍を続けている。
──私が乳がんになる2年前に、このような本が出ていたら、私が乳がんになることはなかったであろう。──ジェイン・プラント。

内容(「BOOK」データベースより)

まさか、そんなことが…、驚愕の真実。乳がん、前立腺がんの原因は牛乳だった。転移4回の進行性乳がんに侵されながら、乳がんの原因を探り続け、著者はついに真犯人を発見した。それから15年、彼女の乳がんは一度も再発していない。乳がん・前立腺がんは克服できる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: 径書房; 初版 (2008/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4770502001
  • ISBN-13: 978-4770502001
  • 発売日: 2008/10/15
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 12.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 68件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 71,868位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
5年前の初版時に読んだ時は読み物としても面白く、非常に興味深い内容でした。
私はもともと、牛乳、クリーム、バター、ヨーグルトは、10年以上ほとんど摂っていませんでしたが、この5年間、半年毎にマンモとエコー検査を受けてきました。ですが、残念なことに昨年乳がんと診断されました。実際に癌になって読み返してみると、違う視点もあり、内容についてはいささか隔世の感があると思いました。

本書は全体に「科学者の視点」を貫くという姿勢で書かれていますが、著者が出張先で小さなしこりに気付いた時、真夜中に子供時代のかかりつけ医に電話してアドバイスを求めたり、初期段階と認識してからも出張先から病院を紹介して貰うなど、ご自身でも認めていますが、かなりのパニック状態に陥っていることを伺わせます。

実際にはプラントさんは非浸潤性の乳管癌、それも1期だったのですね。
そうであれば近藤誠氏が言うところの典型的な「がんもどき」で、現在では標準治療の医療機関でも急いで手術を薦められるタイプの癌ではありません。ですが著者は、担当医ではなく助手の「すぐ手術しないと余命3ヶ月」というような脅しとしか思えない「宣告」に焦って、そこで全摘手術を決めてしまったのです。
また、その後の反省をもとに、カナダ乳がん学会が発表した5年生存率についてそのまま受け入れて
...続きを読む ›
8 コメント 271人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
2009年6月に乳がんの外科手術を受けました。友人や知り合いが、乳がんで亡くなっており、死の恐怖よりも先に壮絶な闘病生活への恐怖がありました。私は、どのようにこの病気と向き合うべきか。
この本は、あまりにもピンポイントなタイトルで、半信半疑ながらネットショッピングの手軽さで購入しましたが、読み進めていくうちに、大きな希望が見えました。私とジェインの食生活は良く似ており、科学的な論拠に基づく牛乳への危険性への論文は非常に納得のいくものでした。
実は驚いたことに、この本を読む前、つまりがん告知を受けたその日から何故だか私は乳製品の全てを断っていましたので、読んだあとも、確信を持って乳製品を一切絶ち、放射線治療の後、標準治療で勧められた強い薬を飲む再発防止の補助療法を断り、現在無治療状態です。この薬については飲んでも良かったのですが、主治医とのコミュニケーションがうまく行かず、そのまま断るという選択に至りました。QOLを著しく下げずに出来る治療はした方が良いと思います。
薬を飲んでいない私の徹底した乳製品断ちは、一つのエビデンスになるだろうと思っています。プラント女史の唱えるプラントプログラムが本当に有効であるかどうかは、やってみなければ証明出来ない。
もし、近い将来に私に再発が見られた場合、このレビュー欄に必ずご報告するつもりです。
1 コメント 406人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
追記です。
牛乳・乳製品をほぼ絶って(いろんなものに少しずつ入っているので完全には難しく)、半年経ちました。意外だったのは、しつこい偏頭痛がなくなったことと、花粉症が相当軽減したことです。(アトピーもあるので皮膚科の医者には卵と牛乳は減らせと以前から言われていましたが・・・ちなみに卵は食べています)花粉症は小学生のころからで毎年一月末から耳鼻科の抗アレルギー剤を飲んでいましたが今年は服薬なし、目薬とマスクで過ごしていても楽で驚きです。牛乳をやめ、玄米・野菜を積極的に摂る(例外多しですが。。)だけでこんなに変わるなんて、自分のことでなければ信じられないくらいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3・11以降の原発事故後のあれこれがなければこの本を読んでも信じられなかったかもしれない。

まさかのマンモグラフィーで引っかかるまで、自分は乳がんとは無縁だと思っていた。しかし、すぐに「乳がんの原因は牛乳」と聞いた(アメリカのラジオで)のを思い出してこの本を見つけた。

実家は父の仕事の関係で乳製品をよく食べるうちだった。30年前にチーズフォンデュを食べていたくらいである。牛乳・チーズ・ヨーグルトがいつも冷蔵庫に入っていたし、好んでいた。カ
...続きを読む ›
コメント 129人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
友人に勧められて「乳がんと牛乳」を読んだ。読み始めるまで、ちょっと怪しげな健康療法のように感じていた。乳がんの原因は牛乳。乳製品を絶ったらがんが消えたというではないか。学校でも、赤ちゃんの検診の栄養指導でも、牛乳は体に良いから積極的にとるべきだ、特に女性や子どもは意識してとらなくてはいけないと言われていたのに。
読み終わった今、自分が乳製品をとることはもちろん、子ども達が乳製品をとることが恐ろしいことだと感じている。

著者は、科学者として培ってきた科学的判断と様々な情報を統合して自分の乳がんの原因を突きとめ、乳がんを克服した。科学の知識を武器に自分の命を自分で守ったのだ。
医師の診断を鵜呑みにせず自分の体の変化を観察し、がんの再発を発見し、西洋と東洋の乳がんの発生率の違いから生活習慣の違いに目を向け、そもそもの乳がんの原因を探り、牛乳だったという結論に至った。その科学的根拠も分かりやすい。

どうしてこれだけの情報があるのに、今までそのようなことを聞いたことが無かったのだろうか。本文中で著者は、大きな団体の不利益になるような研究結果はなるべく世に出ないような形で発表されると述べている。確かにこんなことが大々的に発表されれば、大きな混乱を招くだろう。しかし、彼女がこの本を世に出してから今まで、書き改めなければならないような
...続きを読む ›
コメント 230人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック