Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432
ポイント : 4pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[大東駿介]の乱視なのかもしれないが 少し長めの日記 (幻冬舎plus+)

乱視なのかもしれないが 少し長めの日記 (幻冬舎plus+) Kindle版

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2016/10/28
¥ 432

紙の本の長さ: 85ページ

商品の説明

内容紹介

俳優・大東駿介は乱視らしい。
物の見方や考え方にちょっと変わったところがあるらしい。
ぐるぐる考えすぎて、リアル世界から意識が飛んでってることもあるらしい。
そんな男の秘密の日記。
連載時にはなかったレアな写真も、子供の頃や学生時代を含めて20点大増量。
本人の手描きコメント+絵もついてます。
ものすごく目立つわけでもないのに、なんだか気になる大東駿介の"素のかけら"をどうぞ。

<目次>
◆笑い泣きの夏
◆自分の声がわかりません
◆"平坦"こわい
◆「◯◯風」からの脱却
◆俺だけのヒーロー
◆意識ってすごい(前編)
◆意識ってすごい(後編)
◆けしかけるクセ
◆絶望を待っていた
◆過去は見ないけれど
◆寄り添わないで神様
◆昔むかし大阪で…その1
◆昔むかし大阪で…その2
◆昔むかし大阪で…その3
◆闇を求めて
◆ヒトという容器
◆スイッチ入りました
◆昨日までと違う
◆思考についての思考

※本作品は、「パピルス(2013年8月号~2016年8月号)」に掲載された連載「乱視なのかもしれないが これって俺だけ?のぐるぐるな日常」の全19回をまとめ、写真を入れて再編集したものです。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 10773 KB
  • 紙の本の長さ: 85 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2016/10/28)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01M3RVOKT
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 134,713位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2016年11月11日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年12月3日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク