中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

乱歩賞作家 赤の謎 単行本 – 2004/4

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ゼッタイ面白い!

・長坂秀佳 『「密室」作ります』
“喪服婦人”からメールで届いたキイワード。「密室」でそのキイワードどおりの事件が・・・・・・。

・真保裕一 『黒部の羆』
冬型の気圧配置が強まっていた。山の事故――25年前の馬鹿な男の姿が胸をよぎった。

・川田弥一郎 『ライフ・サポート』
末期癌患者の最後の願いは「娘殺し」――同行したプライベイト・ドクターは命を救えるのか?

・新野剛志 『家路』
師走の街で通り魔に刺された男は、被害者ではなく加害者だったのか。

・高野和明 『二つの銃口』
迷い込んだ大量殺戮者と、巻き込まれた青年。極限の恐怖と、精神の深淵を描く緊迫スリラー。



出版社からのコメント

ミステリー界を代表するアンソロジー第1弾多くの人気ミステリー作家を輩出してきた、乱歩賞受賞者の中編を収録したアンソロジー。第1弾は長坂秀佳、真保裕一、川田弥一郎、新野剛志、高野和明の5作品。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 344ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062121670
  • ISBN-13: 978-4062121675
  • 発売日: 2004/04
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,152,578位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 江戸川乱歩賞50回を記念して発行されたミステリ集第1弾の本書ですが、興味深い作家が揃っており、質の高いミステリ作品集です。特に正統派ミステリといえる長坂秀佳の「密室作ります」と、真保裕一の「黒部の羆」が印象に残りました。引き続き第2弾の「白の謎」、第3弾「黒の謎」、第4弾「青の謎」と発刊されるようですが、引き続き読んでいきたいです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
江戸川乱歩章受賞者によるアンソロジー。面白い作品も、面白く
無い作品もあるのだが、どの作家もそれぞれ個性ある作風を感じ
させる。江戸川乱歩章を取っているプロの作家だけあって、当然
と言えば当然なのかも知れないが。
ちなみにタイトルは『乱歩賞作家赤の謎』となっているが、色が作
品のテーマとなっている訳では無い。

長坂秀佳『「密室」作ります』
ピリッと伏線の効いた中編。シリーズのトップを飾るに相応し
い出来栄え。ただ、飲み屋トークと言うか、仲間内の馴れ合い
みたいな所が気になった。

真保裕一『黒部の羆』
過去に傷を持ちグダグダ思い悩む男が大好きな新保先生。
凝った構成だが、今一つ小説としての面白さに繋がってい
ないような気がした。

川田弥一郎『ライフ・サポート』
あまり捻った作風は得意でない川田先生。一次元の世界の
如く、単調に、最後まで一直線に突き進みます。

新野剛志『家路』
DQNを書くのが好きらしい新野先生。犯人の動機や行動が
理解に苦しむ。

高野和明『二つの銃口』
密室となった学校に猟銃を持った通り魔が逃げ込み、
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 海援隊 VINE メンバー 投稿日 2006/8/5
形式: 文庫
長坂秀佳、真保裕一、川田弥一郎、新野剛志、高野和明といういずれも著名な作家の短編作品が1つずつ入っており、期待感を持って読んだ。いずれも実績のある作家なのだが、この「赤の謎」に入れられている作品には面白いものとそうでないものが混ざっており、必ずしも珠玉集でないところが残念。それに加え、真保裕一の短編は、かつて読んだことのあるものだったため、さらに残念だった。せっかく有名作家のシリーズものにするのであれば、もう少し作品の質を揃えればよいのにとも思うが、短編という制約があるがために、それもなかなか難しかったのだろうか。まあ次の「白の謎」も読んで、その後を読むかどうかを判断したい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告