通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
乱と灰色の世界 7巻 (ビームコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■ご注文通知から1営業日以内に発送。■水ヌレ、ヨゴレ、キズ防止の為、エアキャップまたはクッション封筒に入れて発送いたします。■万が一、こちらの商品説明及びガイドラインで認められている範囲以外に不良点がございましたら送料及び商品代金を全額返金いたします。■商品の状態 【カバー】多少のキズ・ヨゴレあり。【本体】カキコミなし。多少のキズ・ヨゴレあり。【付属品の不足】問題なし。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

乱と灰色の世界 7巻 (ビームコミックス) コミックス – 2015/6/15

5つ星のうち 4.9 30件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 乱と灰色の世界 7巻 (ビームコミックス)
  • +
  • 乱と灰色の世界 6巻 (ビームコミックス)
  • +
  • 乱と灰色の世界 5巻 (ビームコミックス)
総額: ¥2,118
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

オトナになりたかった魔法少女の成長物語、完結。

これまでのストーリーに出てきた、すべてのキャラクターが再び登場。
乱と、家族と、灰町の人々を取り巻く大人気連載作品が、いよいよ完結いたします。
最終7巻は内容ぎっしり、特厚292ページでお届け!


登録情報

  • コミック: 292ページ
  • 出版社: KADOKAWA/エンターブレイン (2015/6/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047305820
  • ISBN-13: 978-4047305823
  • 発売日: 2015/6/15
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
2巻発売辺りから6年程年月をかけて見続けてきました。
こんな漫画出会ったことないという気持ちで、代わりうる作品はないので6巻までは☆5にしたい気持ちです。

しかし6巻までが素晴らしすぎたので7巻が残念すぎるというのが正直な気持ちです…
この物語は、魔法・戦い・家族や周りを取り巻くたくさんの登場人物など描いているものはたくさんあるものの、やはり乱と凰太郎の物語だと思って読み続けていました。
最初の方の巻もそのように焦点を当てていたと思います。
凰太郎を殺すなとまでは言いません。
乱が凰太郎を想って悲しみに打ちひしがれた後、自立し成長する姿は良かったです。
ですが、その後凰太郎を想う描写や、凰太郎を想って再び本音を叫ぶ姿、凰太郎のおかげで成長出来たというような描写がないのが不自然でした。(誕生日プレセントのシーン以外凰太郎が出てきません)
「皆が幸せに」「皆のため」と凰太郎個人を想う描写がなくなり、ただ綺麗なだけの話になり、心の成長や心理描写がきちんと描かれたとはいいづらいものがありました。
凰太郎が死んでしまうまでの乱の気持ちはものすごく、ずっと泣きながら読んでしまっただけに、その後急に世界観の描写だらけになり今までのはなんだったんだろう…という気持ちになりました。
日比の
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
物語のエンディングに向けて、広げすぎた想像の風呂敷を何とかしまわなければいけないから、最後辺りは少し慌ただしく感じたけど、読み終えた後の充実感がそんなことを忘れさせてくれます。

作者は幼い頃、部屋にナウシカのポスターを貼りまくってたみたいですね。
何となく分かる気がします。
若かりし頃の宮崎駿を連想させるような、いびつだけど、強烈な世界観を創り出せる作者の才能は、乱と同じようにこれからも大きく広がっていく予感がします。

正直もっともっと続いて欲しかったけど、この物語は乱の成長記。
作者は乱がこの後もちゃんとまっすぐ成長していく確信をきちんと示してくれたので、後は自らの拙い想像力で埋めていこうと思います。

素晴らしい作品をありがとうございました!
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
The final volume in Ran to Haiiro no Sekai summed up all that was great about this manga series. The characters grew and learned about themselves and each other. The readers got to see how everyone adapted to the aftermath of their life-and-death struggle. And the lushly beautiful illustrations and character designs became even richer. All-in-all, reading the series was a greatly enjoyable and memorable experience.

(私は日本語を読むことができますが、私はよくそれを書くことはできません.)
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
登場人物総出演でボリューム満点の最終巻。登場人物の紹介だけでも見応えがありました。
凰太郎の死を深く悲しんだ乱が周囲の支えでそれを乗り越え、精神的に大きく成長した様子は、一巻の乱と比べると感慨深かったです。あと凰太郎が五郷さんに頼んだ最後の仕事にグッときました。乱を近くで支えるのは日比くんだけど、やっぱり凰太郎は乱の心の中で大切な人として生き続けるんだろうと思います。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ここまで追ってこの終わらせ方をして頂いたのなら文句はありません。
本当に最高の作品でした。あまり泣いたなどと言った言葉は安っぽく感じてしまうの言いたくないのですが、自然と涙が出てしまいました。
6巻の時もそうだったように思います。
本当に楽しく読ませて頂きました。常に乱が居て、乱の決断に読者も含めて周りは感じてしまいます。
是非、読んでいただきたいです。素晴らしいです。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー