¥1,980
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2014/3/11

5つ星のうち4.6 73個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥1,980
¥1,980 ¥1,400
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響
  • +
  • TRICK トリック 「朝鮮人虐殺」をなかったことにしたい人たち
  • +
  • 証言集 関東大震災の直後 朝鮮人と日本人 (ちくま文庫)
総額: ¥4,730
ポイントの合計: 162pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

関東大震災の直後に響き渡る叫び声、ふたたびの五輪を前に繰り返されるヘイトスピーチ。1923年9月、ジェノサイドの街・東京を描き現代に残響する忌まわしい声に抗う―路上から生まれた歴史ノンフィクション!

著者について

1967年東京都生まれ。法政大学中退。出版社勤務を経てフリーの編集者に。鹿島拾市の名で、宮崎滔天や「蟻の街」をつくった松居桃楼、朝鮮人女性飛行士の朴敬元など、近現代史上の人物論を中心に「社会新報」などの媒体に執筆。『9月、東京の路上で』が初の著書となる。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
評価の数 73
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2019年4月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
40人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年9月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年11月4日に日本でレビュー済み
37人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年8月1日に日本でレビュー済み
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年2月3日に日本でレビュー済み
133人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年9月10日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年1月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
45人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年9月5日に日本でレビュー済み
80人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告