中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

乙女の密告 ハードカバー – 2010/7

5つ星のうち 3.3 46件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 980 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 70
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第143回(平成22年度上半期) 芥川賞受賞

内容紹介

ある外国語大学で流れた教授と女学生にまつわる黒い噂。乙女達が騒然とするなか、みか子はスピーチコンテストの課題『アンネの日記』のドイツ語のテキストの暗記に懸命になる。そこには、少女時代に読んだときは気づかなかったアンネの心の叫びが記されていた。やがて噂の真相も明らかとなり……。悲劇の少女アンネ・フランクと現代女性の奇跡の邂逅を描く、感動の芥川賞受賞作。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 121ページ
  • 出版社: 新潮社 (2010/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103276614
  • ISBN-13: 978-4103276616
  • 発売日: 2010/07
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 261,619位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 blackboy 投稿日 2013/2/3
形式: 文庫
物足りなかった点。戯画的な舞台設定とユーモア、軽快さを前面に押し出した筆致が、主人公みか子の抱える切迫した問題意識を読者に伝えるにあたっては却って障害になってしまっている。ちょっと短すぎたのではないか。この筆致を保って、もう少しエピソードを多くすれば、より一層終盤の物語に入り込めたのではないかと思う。

ただ、全体としては非常に面白く読んだ。冒頭数ページの描写からユーモアを感じられる人は、購入して大丈夫だ。安いし。

単行本の方のレビューに、幾つか気になる評価があった。
「アンネ・フランク自身が密告者だった」というレビューは、単純な読み間違いだ。確かに終盤、「密告者はわたしだ」とみか子が気付く場面があるが、みか子はアンネたちをかくまったミープ・ヒースに自信を投影していたのである。
それから、「本当の外語大はこんなのではない」「乙女たちが生きる世界が狭すぎてリアリティーがない」という批判がやたら多かったのだが、多分筆者はこれを狙ってやっている。そう、確かに「噂」ごときに右往左往する「狭い世界」だろう。しかしそれは20世紀にユダヤ人をめぐって欧州で勃発した狂った世界のアレゴリーなのではないだろうか。コミカルな筆致がリーダビリティを提供してくれるが、ふと立ち止まって見ると描かれていることはそう牧歌的なものではない。語ることを放棄
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hit4papa トップ1000レビュアー 投稿日 2017/3/11
形式: ハードカバー
外国語大学に通う”乙女”(!)の日々が活写された作品。

あるべき乙女という暗黙の規律に従う女子大生たち。大時代的ともいえる彼女らの生態は、著者の実体験なのだろうが、とても愉快だ。

独語スピーチコンテスト目前、派閥のリーダに流れた乙女らしからぬ噂に、他の乙女たちは浮足立つ始末。そんな騒動の最中にあって、主人公の、「アンネの日記」の暗唱の練習を通じその魂にふれていく様が、上手く描かれている。

純文学としては笑いのツボが多く、特に西洋人形を偏愛するバッハマン教授の奇矯っぷりが良い味を出している。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
値段を見てお分かりの様に非常に短いってか中編位の内容です。
いやあこの短い話を混乱しながら読み終えました。訳わからん。
暗唱だのアンネフランクだの乙女だの、一体何が言いたいんだ。

乙女乙女ってこれはもうわざとだよな。笑う所でいいんだろう。暗唱ってかスピーチ大会ってそんなおおごとなのか。あの教官はギャグだろう。ってか麗子様も百合子様もギャグだろう。なによりみか子、お前が1番ギャグだよ。携帯電話の普及してる時代の女子大生が、何だこの心理状況は。
…もう読みながらずっと突っ込んでました。

で、また読み直そうと思います。謎が多過ぎる。
純文学独特の「全部が何かの暗喩」って手法なんだろうと思えるし、もしそうでなくても何かこの作品世界は居心地が良い。乙女達が可愛い。
暗喩が読み解けなくても、まあいいじゃないかと思える。麗子様も可愛い。
「話は訳解らんけど面白い、好き」って作品でした。

唯一表紙のイラストはどうかなあと思ったけど…
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
2010年上半期の芥川賞受賞作品。スピーチ大会に向けてアンネの日記(原文)の一部を暗唱しなければならなくなった主人公のみか子。乙女というのはみか子をはじめとする女子大学生のことを主に指すが、それだけではなく、(男性のわたしにとっては理解できないのだが)女子のプライドや行動規範のようなものを指すようになり、最終的にはアンネ・フランクを含むすべての女性(もしかしたら女性だけではないかも)を示すアイコンになっていく。乙女という言葉が個人からの人類のアイデンティティにまで壮大な展開になっていくのが面白い。

それにしても、狭い意味の乙女の行動には読みながら笑ってしまった。微笑ましいというか、恐ろしいというか。男性には絶対に理解できないし、理解できないほうが世の中がうまく回るのだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
京都の外語大の「乙女」たちの軋轢・抗争と、ヒトラー統治下のユダヤ人の受けた圧政・アンネの日記を重ね合わせる趣旨の純文学作品。
しかしお世辞にも良い作品とはいえない。私の周りでも読んだ人はみな「詰まらなかった」と愚痴を言っている。
特にこの小説の中で、「暗誦では自分の一番大切な言葉を忘れる」とか、「教授が話している相手が人形だと思わず麗子様だと決め付け確かめもしない」とか、小説を舐めるのもいい加減いしないと駄目だと感じた。
この作家は乙女の心情を書いたというよりは、乙女たちに袋叩きにあうような、酷い戯画化をして、乙女たちを貶めているだけだと感じた。適当な、いい加減な、物欲しげな顔をした作品だ。ただし、なにか苦しいものだけは感じられたので星は2つ。しかし、友人には勧められない。私ならシリン・ネザマフィの作品を友人に勧める。

書籍とは関係ないが、作品の末尾と、芥川賞受賞の言葉の末尾が、同じ「血を吐いて書く」という主旨の文章だったのは、なんとインテリジェンスが低い人だろうと呆れた。
芥川賞は、選考委員のうち石原、村上、宮本、高樹の4先生(メジャーな作家)が、いつもリアリズムを重視した良い作品を推すのに、そのほかの訳の分からない小説を書く5名が、前衛作品ばかり勝たせる構図になっている。そのように主催者側が、デザインしているといえる
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー