Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,382
ポイント : 138pt (9%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[杉江弘]の乗ってはいけない航空会社
Kindle App Ad

乗ってはいけない航空会社 Kindle版

5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,382
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1,640

商品の説明

内容紹介

巷にあふれる「エアライン安全度ランキング」を鵜呑みにすると、取り返しのつかないことになる……。元日本航空機長でボーイング747乗務時間世界一の記録を持つ著者が教える、本当に乗るべき飛行機、乗ってはいけない航空会社とは?著者による“本当のエアライン安全度ランキング”を付記。

内容(「BOOK」データベースより)

巷にあふれる「エアライン・ランキング」は間違っている!“ジャンボ機乗務時間世界一”の元機長が、本当に安全な飛行機/危険な飛行機をズバリ指摘!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 5739 KB
  • 紙の本の長さ: 174 ページ
  • 出版社: 双葉社 (2016/10/28)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MY06B3M
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 55位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
航空会社選びの基準って、わかってるようでわかっていませんでしたが、この本を読んで、明確になりました。著者は、長年大手の航空会社のパイロットだった方ですし、操縦以外のこともとても説得力があり、相当いろいろな分野を勉強なさっているのだろうと信頼感を覚えました。パイロット不足やハイテク化の盲点とか、世界を地域別に安全度について説明するなど、読み応えがありました。身近なところでは、第6章の日本の安全度に関する記述を踏まえて、業界が改善してくれたらと切に思います。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この著書は、近年雑誌や他媒体で特集されている航空会社ランキング等とは違い、何よりも優先されるべき安全を基本軸に書かれている。
もちろん利用者は快適性や利便性を重視することは理解出来るが、一つ一つのフライトが人によって運航されており、目に見えない安全に
対する取組みがあってこそ、快適性や利便性に繋がっていることをより深く感じれる内容である。何よりも元機長という立場から書かれてい
る事に重みがあり、今の航空業界や航空機製造に対する警鐘を感じる一冊であり、航空機に詳しくなくとも十分に理解しやすい内容であった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
こちらのレビューは、掲載後の事後審査がたいへん厳しいようで、
一度目は、2016/12/14掲載され、約2ヶ月間平穏無事に過ごした後、
2017/02/10突然削除されました。“参考になった”は約25票ほどいただいていました。
更に二度目のレビューをアップしたあと、約2ヶ月間平穏無事に過ごした後、
2017/04/21再び突然削除されました。“参考になった”は約8票ほどいただいていました。

こちらの書籍ですが、まさかとは思いますが、
言論統X、言論抹X、言論封X、言論弾Xの類いではないでしょうな?
それともまともな飛行ができないことを世の中に知らしめたくないという、
“USO吐き”コリアン系の仕業でしょうか?

それでもこれはまさしく良書ですので、めげずに再びアップを試みたいと思います。
このところ、書籍自体の表現をそのまま記載しているにも関わらず、
不採用となることも多いので、
“アシANA航空”、“大韓航X”というように書き直しをしています。
暗号みたいになって、たいへん読みにくくなってしまうこと、お許しください。
書籍自体に書いてあるとおりの認識をした上で感想を書いているだけなのですが、
本当のことを書かれ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ボーイング747で世界一の飛行時間を記録しボーイング社から表彰された元JALの機長である著者。
長年航空機事故の検証、分析、研究を重ねてこられた。その視点から
一般的な、航空機の運航をよく知らない人達が作成した点数制の「エアラインランキング」が
いかに操縦する立場の現場の安全性分析と違うかが明示された、良書です。

飛行機を選ぶ基準 - 安全そう、便利、機内食が美味しい、安い、サービスがいい、そんな理由で今まで選んでいました。
本書を読むまでは。

例えばもし、次に乗る飛行機のエンジンが飛行中に一つ故障したら・・・
その対処の仕方は選ぶ航空会社によって大きな差があることを本書で初めて知り、今まで知らずに航空会社を決めていたことが
恐ろしくなりました。ー パイロットの技量不足という恐ろしい事実。詳しくは第2章を。

安全な航空会社を選ぶポイントは、「過去にどんな事故を起こしたか」。
その事故から見えてくる各国の安全文化、運輸当局の安全意識、航空会社の安全意識、パイロットの教育・資質、
更に各国の政治情勢との関わりなどまで、各国の特徴を詳細に説明されている。第4章~6章。

人間工学にそぐわない行き過ぎた高度化がもたらすハイテク
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
飛行機で旅をしようとする人の必読書である、もし命が惜しかったら。
タイトルだけ見ると、ちょっとトンデモ本の類かとおもってしまったのだが、硬質な文体で紡がれる詳細な現状は説得力という以上の迫力である。
わたし自身も、JALに勤務していた時代があり、離着陸時には緊張していて、いまでも飛行機に乗ると、その緊張がよみがってくる。実際のところ、あまり飛行機には乗りたくない。それはこの著者も同じようである。現場を離れてしまったいま、自分で操縦しないと飛行機に乗るのは怖いようである。。。。。。。
でも、この本を飛行機を予約する前に読めば、少しは心安らかに旅ができると思う。
お客になると、どうしてもサービスなど目に見えるところに関心がいってしまう。機内が綺麗だと、なんとなく安心してしまったり。でも、本当の安全というのは、違うのですね!
この本の秀逸なのは、その背後にある事情を全部書いてくれているところです。どうやって、情報を得るのかなあ!!

一度事故が起きれば、それは会社自体を揺るがすことになる航空会社。
航空会社の人々、とくに幹部らたちが、読むべき本ではないでしょうか。
AIの進歩により、さまざまな変革にある航空界。
人間の技量と本能に合った、技術革新であってほしいと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover