通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
乃木坂春香の秘密 (15) (電撃文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※ご説明…毎日発送しています。 冊子メール便・クロネコメール便です。 ※出品は中古本を致しております。 状態の判断はあくまでも中古レベルでの判断になります。 ※ほほ新品…帯有で無傷の状態で判断します。 ※非常に良い判断…帯有や傷無しのいずれかの状態の本となります。 ※良の判断…傷も少ない読むことに支障のないものになります ※可の判断…経年相応の傷み(日焼け・傷み) 事・辞典や参考書はラインを引いた跡がある場合もあります。 ご注意…出品の本は店頭での販売もあわせて致しております 従って弊社にて在庫を確認してからの最終受注となります。 予め、ご注文頂く際には条件をご了承の上 ご注文をよろしくお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

乃木坂春香の秘密 (15) (電撃文庫) 文庫 – 2012/1/10

5つ星のうち 3.5 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 551
¥ 551 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 乃木坂春香の秘密 (15) (電撃文庫)
  • +
  • 乃木坂春香の秘密〈16〉 (電撃文庫)
  • +
  • 乃木坂春香の秘密〈14〉 (電撃文庫)
総額: ¥1,804
ポイントの合計: 39pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

容姿端麗で才色兼備、『白銀の星屑』という二つ名まで持つ超お嬢様、乃木坂春香。彼女が抱える過去のトラウマも解決し、二人で挑む共同作業“こども”作りもうまくいき、俺はようやく春香に対する想いを伝えることができた。そしてそれは、お互いの気持ちを確認し合えた矢先、唐突に訪れた―。春香の父・玄冬から告げられた、春香の結婚話。美夏やメイドさんたちにも内緒で進められ、気づけばいつの間にか俺は乃木坂家から遠ざけられてしまった。―自分は本当に春香にふさわしく、幸せにすることができるのか…。尽きない悩みの中、春香の気持ちだけを信じて、美夏たちと共に立ち向かっていくのだが―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

五十嵐/雄策
10月3日生まれ。第4回電撃hp短編小説賞最優秀賞を受賞し、文庫デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 253ページ
  • 出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2012/1/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048862537
  • ISBN-13: 978-4048862530
  • 発売日: 2012/1/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 497,963位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 今回は、ほとんどの読者が前巻から予想できた内容だったのではないでしょうか。
 簡単に言ってしまえば、祐人が自分を慕ってくれている人間を引き連れ、春香を取り戻しに行くわけです。可も無く不可もなく・・・無難なエンディング? この作者は基本、ハッピーエンド以外書きませんので予想の範疇ですね。お勧めするかといえば、正直微妙?  一年もしたら記憶から消えてしまうかも・・・そんな感じです。 陽だまりでマッタリ時間つぶすならイイかも。
 ☆が1つ足りないのは、この作者特有の「動物例え言葉遊び?」がこの巻でも使われていたから。
 シュールな場面であんな例えしたら、雰囲気ぶち壊し・・・・作者、空気読めよ・・・・・それが作風なんだろうけど。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 el10106 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/1/10
形式: 文庫
今回は、前巻でようやく春香に告白して正式に結ばれた直後、ラストで唐突に出てきた春香の結婚話についてのエピソードです。。
まぁ内容としては予想の範疇に見事すっぽり収まった感じです。
可もなく不可もなく。
身分違いの恋話にありがちなお約束の展開です。。。
その結婚騒動が終息した後、表紙通りエピローグで二人の結婚式(プレだけど)のエピソードで締めて終わりです。

今までかなーり引き延ばされた感が多分にある乃木坂春香の秘密。
実際は7巻くらいでくっついて然るべき展開でしたからねぇ。
読者としては、どんだけ引き延ばすんだって感じでしたけども。。。
春香も裕人も18歳になって、法的に結婚できるようになるまでを一区切りとしたようです。

まぁ期待を下回ることも、かと言って上回ることもない、ある意味安定の乃木坂クオリティでした。

一応、これで物語のメインの流れとしてはラストエピソードだそうです。
作者あとがきによると、あと少し後日談は書くつもりだとか。
うーん。別に今回でラストまで書いてくれて良かったんですけどね。
これ以上無駄に引き延ばさずに、今巻で結婚式も擬似じゃなく、ちゃんとした正規の結婚式として描いて本編をしっかり終わらせて欲しか
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
楽しみにしていたが、正直なところ「なんだ、これは!」って、感想。

15巻も巻数を重ねたストーリーの終章が、これでいいのかい?

ストーリー全体として見回してみると、春香に対してのラスボス(のようなもの)が存在はするのだが、あまりにも弱いので、クライマックスの盛り上がりに欠ける。
主人公と春香の再会のシーンで、春香の隣にいるはずのキャラ、今迄、登場しなかったキャラなのだから新キャラといえなくもないが、存在の説明はあるが、詳細どころか名前さえ出さず、人物像がまったく見えない。
ここまでで主人公に対してライバルのような存在が無く、本来は上記の人物がそれになるべきだったと思えるのだが、前置きがないので、とってつけたような印象しか残らない。
本来なら、前巻までに出しておかなければならないキャラだろう。

全体的な構成は無難なのだが、ペース配分が悪すぎる。
序盤はしつこい位、苦悩する主人公の描写を続けている割に、中盤になるとページ合わせか?と思えるくらい端折ったように描写になる。
エピローグについても、ここまで長い物にはお目にかかったことが無い。

作者も悪いが、コレで通した編集者は、もっと悪いな。
1 コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この作家の場合,すでにラストがどうなるかは,
「ハッピーエンド」と読者に知られ渡っています.
その予定調和のなかで,悪く言えばマンネリズム.
それでも大きな破綻もなく,物語を完結させた
技量は実力があるからでしょう.

唯,いつか読者に飽きられてしまわないか心配で
す.

コミケ参加のエピソードなど,もっと幾らでも話
を膨らませることが出来たのでは無いでしょうか?.

現在連載中の「小春原日和の育成日記」は基本的に
同パターンなので,以降の作品で「マンネリズム」
を打破できるかどうかが正念場になるでしょう.

あとは,後日談となる16巻の出来がどうか,今か
ら楽しみです.
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック