通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
主将論 (幻冬舎新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

主将論 (幻冬舎新書) 新書 – 2010/6

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 主将論 (幻冬舎新書)
  • +
  • 察知力 (幻冬舎新書)
総額: ¥1,620
ポイントの合計: 40pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

プロサッカーの主将とは元来、独立意識の強い選手たちを、一枚岩にする難しい仕事だ。しかも宮本は、中田英寿ら“史上最高”の選手たちを擁するチームの「鎹」に徹し、二度のW杯を戦い抜かねばならなかった。時には監督の指示に背いてでも戦術を変え、時には海外組と国内組の軋轢を解くために、試合後、深夜でも全員で緊急ミーティングを開く。チームの窮地を救ったのは、粘り強い対話と一瞬の状況判断だった。個を連動させ、組織力を倍増する、献身的リーダー論。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

宮本/恒靖
1977年、大阪府生まれ。95年、十八歳の時にガンバ大阪でJリーグ初出場。同志社大学経済学部に進学し、プロと学業を両立させる。2002年、日韓W杯に主将として出場しベスト16進出に貢献。05年、ガンバ大阪でJリーグ年間初優勝。06年、ドイツW杯に再び主将として出場するもグループリーグ敗退。07年、オーストリアのレッドブル・ザルツブルクへ移籍し、06/07シーズン優勝。09年、ヴィッセル神戸に加入(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 219ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2010/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344981723
  • ISBN-13: 978-4344981720
  • 発売日: 2010/06
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 161,956位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
リーダー論が苦手な人でも、すんなりと読める本。頭脳明晰なサッカー選手として著名であり、15才からことごとくナショナルチームの主将を任された筆者が、一体どんなに力んだリーダー論を、一体どんなに難しく理想論的に書いているのか、と若干の疑心を示して読み始めたが、なんのその、小難しいは言わずに真摯な姿勢を貫いてストレートに書かれていた。
「僕が実際に経験し、体得してきた“主将”の役割と、それを務め上げるために必要なことをできる限り紹介したいと思う。」と前書きにあるように、実際の体験に基づいた話と、それらの状況を整理した実際の対応から話が展開している。精神論的になりすぎず、情熱的になりすぎず、目前の事象をきちんと捉えるところがまず筆者の能力であるとつくづく感じ入る。
ツネ様と呼ばれるほど女性に人気があるその風貌、ソフトで軽快なトーク、そして2002年W杯、アジア杯、コンフェデ杯、2006年W杯などサッカー通でなくても、テレビで見たことがあるあれらの死闘の中にいた人、文武両道、こんなにふんだんな要素を持った人はかなり少ない。
その人がストレートに語る主将論。歩みの重みと説得力と、視点の的確さと、そしてちょっぴり若き苦悩が覗くリーダー論、自己啓発講座などで読まされるリーダー論とは一味もふた味も違う、爽やかな読み心地でした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
キャプテンと言う存在が裏舞台ではどんな事をしているのか、またチームにどんな事が起きているのかいま一つピンと来ない人も多いと思います。 主将論では宮本選手がそんな舞台裏でどの様にキャプテンとしてチームの為に取り組み、手応えや経験を積んで来たのかが、飾らず読み手にもわかりやすく書かれていました。 成功例や手応えを感じた事例は勿論、失敗した事例やその理由をも章を分けて丁寧にまとめられていて、宮本選手自身が自分がキャプテンとして取り組んで来た事に対して真摯に受け止めている事も伺えます。 また中田英選手との折り合いやチームのエピソードなども他では読めない内容だと思います。(あくまでも宮本選手サイドのみの見解ですが) 文末を キャプテンマークが腕にあろうがなかろうが関係なく、いつもキャプテンたる意識で。 と締めくくっているのですが、個人的にはとても考えさせられる一文でした。 サッカーに関わらず、一社会人として自分自身も日常の中でそう言った責任感を持って仕事や家庭に取り組みたいと、取り組んで行かなければならないと改めて思わされる一冊でした。 サッカー好きの人、宮本選手好きな人に関わらず、幅広い人に読んでいただきたい一冊です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
目標に向かって惜しみなく努力する姿がここにあります。
スポーツマンとして、キャプテンとして、人間味あふれる宮本恒靖に触れることができる一冊です。
W杯でサッカーに興味を持った人も持たなかった人も、『チーム』を作り上げていく迄の
様々な過程を知る事ができます。
中田英寿やトルシエ監督、ジーコ監督とのエピソードも興味深いです。
シドニー五輪代表時代から、今在籍するヴィッセル神戸に至るまで、色々な出来事が散りばめられています。
そして現在、宮本選手は2022年W杯招致アンバサダーを務めています。
ぜひ成功させましょう!!!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ひで 投稿日 2010/11/22
形式: 新書
元日本代表キャプテンの宮本が、海外移籍や代表で培った経験をもとに自身の主将論を述べる。チームを動かす上で必要な力とは。この本には他人とのコミュニケーションを作り出す術が描かれている。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
組織の中でリーダーが果たすべき 姿がよく書かれている思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック