¥ 1,620
  • ポイント: 49pt (3%)
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中江藤樹『翁問答』 (いつか読んでみたかった日本の... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

中江藤樹『翁問答』 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ15) 単行本 – 2017/5/30

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2017/5/30
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 3,137

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「7813」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 中江藤樹『翁問答』 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ15)
  • +
  • 石田梅岩『都鄙問答』 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ14)
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

●日本陽明学の祖であり、「聖人」と称された唯一の日本人・中江藤樹。後に日本陽明学は、西郷隆盛や吉田松陰など、幕末の志士にも大きな影響を与えたとも言われています。
●藤樹の代表的著作として高評を得ながらも、現代語訳がほとんど存在しなかった『翁問答』が「いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ」第15弾として蘇りました。
●「どうすれば物事の道理を弁えることができるか」「徳を身につけるには?」「どんな本を読むべきか」など、門人の質問は現代人も教えを請いたいものばかり。答えは「孝」の教えを規範に、天地自然、宇宙万物にまで及び、その深遠な思想に圧倒されます。
●「父母の恩徳は天よりも高く海よりも深し」。
古来多くの日本人が尊敬し、“代表的日本人"の一人にも数えられた中江藤樹。親子関係や人の生くべき道が問われる昨今、その教えは貴重な指針を授けてくれることでしょう。
◆目次◆

門人の記「改訂増補版に寄せて」
…………
上 巻
…………
●元の章〔上巻之本〕
最高の徳「至徳要道」とは何か/孝とは「愛」と「敬」/天と心が「感通」/人は「天地の徳」 /視・聴・言・動の心がけ/「孝行」は死語ではない/主君と父の恩は同等/「天子の孝」の理想形/諸侯の孝行/卿大夫の孝行/士の孝行/庶民の孝行/庶民が父母を養う理由/五倫の道/鳥の「半哺の報い」と羊の「跪乳」/「迷い」から始まる心の闇 /「真実の人」になれるか /天罰を信じるか /姑息の愛・舐犢の愛・合莫の孝 /「徳教」こそ真の教え /主君・臣下は「仁と礼」 /二心を抱かない「忠」 /「忠」にも大小がある /不易の天則/兄の「恵」と弟の「悌」/朋友と結ぶ「信」 /物事の「順番」の意味 /至誠無息 /徳を知るだけなら「人面獣心」 /「本物の学問」と「贋物の学問」 /どこが〝贋〟なのか /記誦詞章の学問 /「正真の学問」を目指せ /口耳四寸の学 /学問の成果を問う /真儒の生業
●亨の章〔上巻之末〕
文武両道 /根幹と枝葉末節 /「仁義の勇」と「血気の勇」/文武合一の明徳 /仁義の徳 /三段階評価法 /昔の掟とは /能力に応じた人の使い方 /法令の限界を知る /時・所・位が重要 /世の中はすべて学問 /至徳と明徳、どこが違う /横目で睨む仕事 /「悟り」とは何か /完璧な悟りの世界「大覚明悟」/天命の本然 /根本の善 /良知良能/易学とは何か /福善禍淫 /五福六極 /虚と実 /長在不滅の神理
…………
下 巻
…………
●利の章〔下巻之本〕
学問は武士の仕事 /学問は軟弱ではない /学問から学ぶ「仁義の勇」/仁者に勇あり /『論語』読まずの『論語』読み /故事「守株」 /似非学問は怖い/学問の工夫 /魔界に陥るなかれ /文字がない時代にも聖人はいた /「真の読書」とは /どんな本を読むべきか /「血気の勇」より「仁義の勇」/「仁義の師」VS「強剛暴虐の師」 /名将の条件 /徳で、才で、力で、運で勝つ /黙識心通 /情け深く、礼儀正しく/中庸適当の用 /公用・私用・妄費 /私心注意 /守るべきは「謙」の一字 /商い立身/士道(武士道)とは何か /「二君に仕えず」は是か非か/正真の義理 /明徳の仁義/仁義の勇 /生きていくのに何が一番必要か / 君子の生き方
●貞の巻〔下巻之末〕
賢者の生き方 /日本にも伝わった狂者の教え/三才一貫・中庸・精微の至道 /難波の葦は伊勢の浜荻 /真儒と「見性成道」 /老子、孔子、顔子 /儒教・儒学・儒者と天の道 /淫声美色 /心法の立て方/窮理・尽性・至命 /無欲・無為・自然・清浄 /通一不二と天人合一 /中行と天真 /五戒と五常 /仏教の矛盾に迫る /飲酒の罪とは /侫人になるべからず /いつの世にもいる郷原 /礼法と権 /権のほかに学なく、学のほかに道なし/時中に適う /溺れる者をなぜ助けたいのか/非常の変事/「祈り」と「神」と「祭礼」 /道の道たる本意 /真実の儒道 /中庸の神理 /艮背敵應にして意必固我 /「無欲の徳行」VS「貪欲の妄行」 /私欲の捨て方 /天理真実の名 /楚女餓死の意味するもの /習い染まる心 /間思雑慮 /一心の工夫 /『性理會通』の神髄 /全孝の心法 /身を殺して仁を成す /無欲無私の聖域へ/神道の精髄を心に刻む/儒服必ずしも儒者ならず/「仁義の徳」があるかないか/謙徳・謙譲・謙退 /四字の法「温恭自虚」で「盈つる」を捨てる/暗所の魔は異風を好む/兵は「凶器」にも「宝」にも化す/仁義の徳 /「明徳を明らかにする」のが学問/孝・悌・忠・信を尽くす誠意 /学問の実義・本義 /書物の心を読め /「十三経」は『易経』から枝分かれ /『易経』を熟読せよ/「三益」(触発・栽培・印証)が大事
あとがき

著者について

◆著者紹介◆

中江藤樹(なかえとうじゅ)
1608~1648年
江戸前期の儒学者。日本陽明学派の祖。近江(ルビ:おうみ)の人。名は原。字(あざな)は惟命。初め朱子学を修め、のち陽明学を首唱して近江聖人(おうみせいじん)と呼ばれた。門弟に熊沢蕃山など。著書に『翁問答』『鑑草』などがある。

城島明彦(じょうじま・あきひこ)
昭和21年三重県生まれ。早稲田大学政経学部卒業。東宝、ソニー勤務を経て、「けさらんぱさらん」でオール讀物新人賞を受賞し、作家となる。『ソニー燃ゆ』『ソニーを踏み台にした男たち』などのノンフィクションから『恐怖がたり42夜』『横浜幻想奇譚』などの小説、歴史上の人物検証『裏・義経本』や『現代語で読む野菊の墓』『「世界の大富豪」成功の法則』(プレジデント社)『広報がダメだから社長が謝罪会見をする! 』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。本シリーズの「いつか読んでみたかった日本の名著」の現代語訳に『五輪書』(宮本武蔵・著)『吉田松陰「留魂録」』『養生訓』(貝原益軒・著)『石田梅岩「都鄙問答」』(いずれも致知出版社)がある。


登録情報

  • 単行本: 309ページ
  • 出版社: 致知出版社 (2017/5/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4800911478
  • ISBN-13: 978-4800911476
  • 発売日: 2017/5/30
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,134位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2017年8月29日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告