通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中村獅童のいざ歌舞伎へ (趣味どきっ!) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古として概ね良好な状態です。B5強、雑誌
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

中村獅童のいざ歌舞伎へ (趣味どきっ!) ムック – 2017/1/25

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 660

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 中村獅童のいざ歌舞伎へ (趣味どきっ!)
  • +
  • 歌舞伎に行こう! 手とり足とり、初めから
総額: ¥2,700
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

中村獅童が教える、誰もが楽しめる歌舞伎の見方

歌舞伎の演目や役柄、舞台や音楽の基礎知識、歌舞伎の殿堂・歌舞伎座の舞台裏や、新作歌舞伎「あらしのよるに」ができるまで…。マルチな才能を発揮する中村獅童氏が、歌舞伎の見方・楽しみ方をわかりやすく案内する。


登録情報

  • ムック: 112ページ
  • 出版社: NHK出版 (2017/1/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4142287354
  • ISBN-13: 978-4142287352
  • 発売日: 2017/1/25
  • 商品パッケージの寸法: 41 x 25 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 113,047位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
「あらしのよるに」好きにとっては最高の本でした。獅童さんのお母さんが「松也さんとやるように」という言葉があっての共演だったと知ることができて嬉しかったです。この本で歌舞伎ファンが増えてくれるといいな。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
歌舞伎にハマりました❗歌舞伎の基礎知識を知るために購入しました✨中村獅童もファンなんで最高の一冊です\(^_^)/
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
入門編としては、低い所から始めてくれるので、分かりやすいように思う。
「あらしのよるに」の裏側が知りたくて、特にそのところの放送が楽しみ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告