• ポイント: 23pt (1%)
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中村屋のボース―インド独立運動と近代日本のアジア主... がカートに入りました
+ ¥ 257 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 新風堂書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※2005年6月20日第2刷発行。帯付き(スレ)。地書き傷。数頁角折り跡。表紙カバーにスレ、ヨレ、全体に少し焼けがあります。本文内は、上記以外、お読み頂くのに支障のあるような、目立つキズ、汚れは無く概ね良好です。但し、あくまで中古品ですから経年による色褪せ、焼け、シミ、気にならない程度のキズ、汚れはご容赦下さい。注文確定後、クリーニング及び水濡れ対策梱包を行い、最速当日、通常2営業日以内に日本郵便ゆうメール(簡易梱包・追跡不可。梱包後のサイズ等により変更有り)にて発送致します。その他、商品について気になる点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


中村屋のボース―インド独立運動と近代日本のアジア主義 単行本 – 2005/4/1

5つ星のうち 3.9 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1
新書 ¥ 1,512 ¥ 950

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1212」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 中村屋のボース―インド独立運動と近代日本のアジア主義
  • +
  • 「リベラル保守」宣言 (新潮文庫)
総額: ¥2,905
ポイントの合計: 39pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

出版社からのコメント

 ラース・ビハーリー・ボース。
 その男は、1910年代のインドを代表する過激な独立運動の指導者である。イギリス官憲に追われ、インドに留まることに身の危険を感じ、武力革命のための武器と資金を調達すべく海外へと逃亡した。逃亡先として彼が目をつけたのが、国力を高めていた日本の地であった。
 時は第1次大戦中、日英同盟を楯に、イギリス政府は執拗にボースの身柄受け渡しを要求する。国外退去命令を受け、追い詰められたボースは、右翼の巨頭・頭山満や、若き思想家・大川周明らの力を借り、官憲の目をまんまと騙し、東京・新宿の「中村屋」敷地内に身を隠す。
 やがて第1次大戦が終わり、ボースは検束の危険から解放された。以後インド独立への活動に、身を挺する。極東の地から、インド独立の世論を盛り上げ、西欧の支配下からアジアを奪還するため、広く言論の網を(流暢な日本語で!)張る人物となるのだ。
 そして、R.B.ボースは、インドを支配するイギリス人たちと日本のアジア主義者たちが「同じ穴の狢」=帝国主義者であることを鋭く指摘し、彼らの論理を内側から突き崩そうと、果敢な論評を発表し続ける。
 しかしやがてボースは、米・英との戦争に突入した日本軍部と、アジア解放の名の下、皮肉な共闘関係に入っていく。「大東亜」戦争勃発の瞬間、ついにインド独立という夢がかなう時が来たと考え、「これまでの苦労がすべて吹き飛ぶ」思いにボースは満たされる……。
 小熊英二氏推薦! 貴重な写真多数収録。渾身の評伝。

内容(「BOOK」データベースより)

R.B.ボース。1915年、日本に亡命したインド独立の闘士。新宿・中村屋にその身を隠し、アジア主義のオピニオン・リーダーとして、極東の地からインドの独立を画策・指導する。アジア解放への熱い希求と日本帝国主義への止むなき依拠との狭間で引き裂かれた、懊悩の生涯。「大東亜」戦争とは何だったのか?ナショナリズムの功罪とは何か?を描く、渾身の力作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 346ページ
  • 出版社: 白水社 (2005/4/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560027781
  • ISBN-13: 978-4560027783
  • 発売日: 2005/4/1
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 299,110位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

24件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.9

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

24件中1 - 8件目のレビューを表示

ベスト500レビュアー
2017年3月18日
形式: 単行本Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年4月12日
形式: 単行本Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年10月10日
形式: 単行本Amazonで購入
74人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年3月7日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年8月27日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年6月23日
形式: 単行本Amazonで購入
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年3月5日
形式: 単行本
2018年9月29日
形式: 単行本