通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中尊寺千二百年の真実―義経、芭蕉、賢治…彼らを引き... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※アマゾンのガイドラインの規定にそった基準で出品しております。※書き込み、角折れ、付属品なし、少々の破れ、水濡れなどがある場合がございます。中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ、シミ等)などがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。商品に不備が見つかった場合は、発送前にメールでご連絡いたします。※住所、宛先などが違う場合商品が届かない場合がございますので、必ず、ご購入前にご確認くださいませ。商品がこちらの不備で届かない場合は即座に返金させていただきます。■こちらの商品は、日本郵便のゆうメール(追跡機能がございません)又はヤマトDM便で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。注文確定から商品到着まで最長7営業日を要する場合がございます。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

中尊寺千二百年の真実―義経、芭蕉、賢治…彼らを引き寄せた理由 (祥伝社黄金文庫) 文庫 – 2005/8

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 22

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 中尊寺千二百年の真実―義経、芭蕉、賢治…彼らを引き寄せた理由 (祥伝社黄金文庫)
  • +
  • 古寺を巡る「中尊寺」 (小学館アーカイヴス)
  • +
  • 奥州藤原三代の栄華と没落---黄金の都・平泉の歴史を巡る旅 (KAWADE夢新書)
総額: ¥2,065
ポイントの合計: 43pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



売れ筋ランキング (和書総合)
Amazon.co.jpで今一番売れている作品が分かる。ランキングは1時間ごとに更新。 >詳しく見る

登録情報

  • 文庫: 291ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2005/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396313853
  • ISBN-13: 978-4396313852
  • 発売日: 2005/08
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 289,274位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
中尊寺の住職さんによる、中尊寺の歴史解説読み物。
硬くないのに、興味深い内容で、奥州藤原氏について新しい視点(人間としての彼ら)に気づかされました。

彼らの棺に入っていた種子から開花した「中尊寺ハス」というものがあることは知っていましたが、ではなぜ、棺に植物の種が入れられていたのか。
その疑問を提示されて、ハっとしました。
そして、その答えも、ちゃんと本書で書かれていました。
著者が、同じ行為をしている人に現代で出会ったくだりは、とても、じん、ときました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
藤原清衡が建立したとされる中尊寺に興味を持ち、本書を購入しました。
著者は、平泉で育ち、中尊寺執事長を務め、中尊寺仏教文化研究所所長を務める
中尊寺円乗院の住職です。まさに中尊寺の生き字引の方です。
本書は、泰衡の首桶にハスの種子が入れてあった話から始まります。
藤原清衡の父・経清、清衡、基衡、秀衡を紹介し、義経も紹介します。
次に、開山の話から参道、本堂、鐘楼、秘宝、金色堂、能楽堂などを
著名な参詣者の話も交えて紹介します。
特に印象に残った話は、藤原三代の御遺体を学術調査した際のマスコミの話、
「古社寺保存法」に基づく調査・修繕のトラブルでした。
その他にも興味深い話があり、中尊寺に興味のある方にお勧めします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
世界遺産にも指定されそうな平泉の象徴「中尊寺」。

開闢から現在までの歴史、謎について、興味深く分析されています。

三代のミイラの秘密。四代泰衡の首級がなぜ、金色堂にあるか。

明治時代の大修理の際のエピソードなど、現在との文化遺産に対する考え方の変化

が伺えます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
本書も図書館から借用した結果の購入です。

義経はあまり好きなタイプではないが、本書で改めて見直したいと思った。
賢治の詩の解釈にも感銘を受けた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック