中古品
¥ 487
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】カバーに日焼け・キズ・イタミがあります。ページ側面にヨゴレとスレがあります。ページ周辺に経年による日焼けがややあります。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

中学生日記 (扶桑社文庫 く 3-2) 文庫 – 2008/6/28

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 86
文庫, 2008/6/28
¥ 229

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「一生で一番ダサい季節」をほじくり返す悶絶の一冊!
サインの練習、ポエムを自作など、誰もが覚えのある中学時代のイタ?イ行動を余すところなく描いた名作が復活! この懐かしくも恥ずかしい笑いに、あなたは耐えられるか!?

内容(「BOOK」データベースより)

一生で一番ダサい季節、それは中学生。自転車を自分流に改造し、電灯のヒモ相手にシャドーボクシング。有名になったときのためにサインの練習をし、ジュースの自販機のボタンを2つ同時に押す。意味不明のギャグで爆笑し、母親の買ってきた洋服にいちゃもんをつけ、女子からの手紙に右往左往…。誰もが経験していながら、心の奥底に封印していた中学時代のイタ~イ行動を、余すところなく描いた名作4コマシリーズが、ついに復活。’99年文藝春秋漫画賞受賞。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 373ページ
  • 出版社: 扶桑社; 復刊版 (2008/6/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594057136
  • ISBN-13: 978-4594057138
  • 発売日: 2008/6/28
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 691,951位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
この記憶力には、参った。
どーしてこんなこと覚えているのか、このやろーと、悶えながら読んでしまった。
身に覚えのあること、見たことある風景。頭を抱えること間違いなし。
よみがえるイタイ思い出に、助けてくれーと思いながら、爆笑してしまう、次のページを楽しみにしてしまう、そんな自分がイヤ。
でも、おもしろいから、しょうがない…。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
中学時代の忘れていた現象を思い出させてくれる作品です。
絵はあまり上手なほうではありませんが、キャラクターにリアリティがあり登場人物との距離が近く感じられます。
中学生女子のエピソードがあれば読みたいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
だれにも人には語りたくない恥ずかしい時期がある。その代表が中1時代。
本書に登場する中学生たちの生活もくだらないことだらけ。その姿が笑いを生むのは、読者にも経験があるからだろう。でも、読み進めていくうちに、恥ずかしい時期というのは、周りが見えなくなるほど楽しい黄金の時期なのだと思えてくる。さすが久住昌之さん。
これまで泉昌之の本はほとんど読んできたが、Q.B.Bは本書が初めて。最初は馴染めなかった絵のタッチにも、次第にほのかな愛着がわいてくる。
恥ずかしい時期の自分が輝く1冊です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
僕はハードカバー持ってるんですが内容同じですよね?
中学生という中途半端な一番かっこ悪い時期の、かっこ悪い出来事について驚異的な記憶力にもとづいて描かれている作品で、非常に笑えます。この手の共感ネタって、かなり以前から使い古されているテーマだと思うんですが、妙に細かいし、淡々としていて僕は好きです。絵のヘタさ加減とも合ってるんですよね。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック