この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

中学生からの愛の授業 単行本(ソフトカバー) – 2010/6/15

5つ星のうち 4.0 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 200

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

【著作者より】

中学生や高校生のみなさんへ
そしてかつて中高生だった大人たちへ—

今の日本では、年齢に 関係なく、迷いながら生きている人たちが本当に多いと思います。コミュニケーションがうまくできず、恋人や友人や家族といい関係が作れずに悩んでいる人も いるでしょう。恋人や友達を作れず、孤独で苦しんでいる人もいるだろうと思います。
こんなに便利で豊かな社会になったというのに、どうして幸せ になれないのでしょう。不況が深刻で、仕事のない人が増えたからでしょうか。統計調査をすると、日本よりもずっと貧しい国なのに、幸せだと答える割合が日 本人よりも圧倒的に多い国が多数あります。
どうやったら幸せに生きられるのか——これが昔も今も共通する問いです。というより、昔よりも今のほ うが、みんなが答えを欲しがっている問いだと思います。その問いに対し、僕は「愛」というキーワードを提起します。「愛」に包まれることで人は幸せになれ ます。
「今どき愛かよ?」「きれいごとじゃないの?」とあなたは思いますか? 早まらないでください。今はそう思うしかないような状況に、あな たがいるのかもしれない。けれど、やがて状況は変わり、あなたも変わります。いつまでも「今」が続くわけではありません。
「きれいごとじゃない の?」と強く反発したあなたは、むしろ本当は「愛」が欲しいからこそ、僕のようなストレートな物言いが不愉快になったのではありませんか? それで良いで す。反発しながら読んでみてください。なぜ反発するのかを考えながら読んでください。
「愛」にはいろんな種類があります。あなたが「きれいご と」だと思った「愛」は、それらのなかのたかだか一つでしかありません。いろんな種類があって、時代や社会が変わると「愛」のイメージがすっかり変わって しまうことを、この本では詳しく述べています。
僕は社会学者です。世の中の習慣や制度の機能を研究しています。元々は国家権力の研究者でした が、やがてオタクを含めたサブカルチャー、援助交際を含めた性愛、最近の日米での政権交代を含めた政治、カルト(狂信集団)を含めた宗教の研究へと拡がり ました。
中高生のみなさんから見れば、みなさんのご両親よりもずっと年上の50歳です。昭和30年代の記憶を鮮やかに持っています。5年前に 20歳年下の妻と結婚して、今は3歳と0歳の二人の娘たちがいます。娘たちの年齢はみなさんよりもずっと年下になります。
この本はやがて僕の娘 たちが読むでしょう。でも、この本には、僕が昔いろいろ悪いことをしていた事実も、不幸だった過去も書いてあります。人生をうまく生きることがもともと難 しいと分かったからこそ「愛」しかないと思うようになりました。
では、「愛」とは何なのか? 「愛」をキーワードにすると、人間関係や世の中が どう見えてくるのか? そこからどんな知恵が得られるのか? それをお話しすべく、『愛の授業』を始めたいと思います。五人の女子中学生に対する個人授業 という形式をとります。

内容(「BOOK」データベースより)

学校や親が教えない“本当の愛”とは?社会学者・宮台博士が送りだした革命本!人は“愛”で幸せになれるのか!?迷える中高生へ、そしてかつて中高生だった大人たちへ―。あの宮台真司が全力個人授業。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 271ページ
  • 出版社: コアマガジン (2010/6/15)
  • ISBN-10: 4862527361
  • ISBN-13: 978-4862527363
  • 発売日: 2010/6/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 286,512位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
宮台真司が独自の視点で論じている書物。
石原慎太郎氏が面白い学者と言っていたという人物だが、
賛同できる部分と理解できない部分は多くの読者が感じていることだろう。

今回は十代の恋愛や性など日本ではタブーになりがちな問題を論じている。
登場する生徒役の女子中学生はいかにもステレオタイプなキャラではあるが、
これも宮台氏がわかりやすく解説するためにしたことだろう。
自身の体験や調査も絡めているおり、説得力がある部分もあった。
文章は比較的読みやすいので、おすすめです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
私は、いわゆる正統な学問に基づく、社会の分析をした本という印象を持ちました。
対象は変わっていますが、視点は宮台さんらしく鋭いと思います。
文章もやさしく、読みやすいので、10代から読めます。
性に対して、関心はあるけど、知識はない若者へ、誰かしら、何かを、言ってやらねばという心意気が伝わります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
中学生ではなく20代男性ですが、ちょっと手に取ってみました。

1章 恋と愛
2章 性と愛
3章 学校と愛
4章 世の中と愛
5章 社会と愛

1章、2章は、すごく良いです。
というより、個人的には読む価値があったのは1,2章だけでした。

要約すると、現代における恋愛やセックス、結婚についての現状分析+生き方指南で、できちゃった結婚の離婚率が高い理由、中高生のセックスの是非、援助交際、草食系男子登場の理由、などがトピックスとして上がってきます。

著者の性愛観は、若いうちは傷付くことを恐れず試行錯誤して(ただし、回復不能な傷を負うようなことは避ける)、「これは」と思う相手が見つかれば、結婚して家族を作るべきだ、というものです。

3章は、ゆとり教育批判批判、メンへル系増加の理由、学校、ネット社会批判、自殺問題、などですが、この章だけなぜか下品な表現が多く、分析も粗いです。
4章は、オタクの分析、腐女子(ボーイズラブの読者)の心理、ドラッグ問題など
5章は、格差問題は経済よりも社会的な「包摂」がないのが問題という指摘、「包摂」を理解しているオバマ大統領の賛美、日本の外交批判、ネット右翼批判など
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 まさか本気で、中学生がこの本を読もうとすると考えてるんだろうか。唯一可能性がありそうなのは、宮台ファンの親が子供に買い与えたり、勘違いした教師が推薦図書にするパターンのヤツや!

 まず表紙(本のカバー)が相当恥ずかしい。江原啓之か誰かのスピリチュアル系の雰囲気である。前書きも、著者が自分の結婚や娘の話を持ち出していて何だか気持ち悪い。思わず、今更どの面下げて「愛」を語る?!って、突っ込みたくなった。

 5人の(架空の?)女子中学生を生徒役に、作者があれこれ教えを垂れる、って構成なんだが、各章扉に描かれたその女子中学生の絵姿が又、ステレオタイプ化されていて悪趣味。作者が書いたと思われる女子中学生の質問や返答も、なんだかワザとらしくて変。

 宮台の「授業内容」の方は、意外にもこれまで彼が著書や対談で述べていた内容と殆ど変わらなかったので、80%くらいは既知のことであった。オタクの変遷史、特に最近のAKBのマーケティング戦略とか、が私にはやや目新しかったくらい。

 小林よしのりがかつて『戦争論』を出した時のように、「え、これってギャグでやってんの?」って疑問がわいた。なんか宣伝用動画まで公開してるし、宮台、一体どーなっちゃったの?
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ビデオの顔もそうだけど文章が気持ち悪いです。
わかりやすく会話形式で書こうとしてるのはわかるんだけど会話相手の中学生も馬鹿ばっか集めて説教してる感じです。
中学生が話していることもオヤジの想像で書いたような文ばっか。

内容はかなり薄いです。
社会心理学を馬鹿向けに短く書いただけです。
このひとの本はもう絶対読みません。

中学生の恋愛のことより、この人が大学教授であることのほうが日本社会にとって心配です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック