無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


中学受験国語 文章読解の鉄則 増補改訂版 (YELL books) 単行本(ソフトカバー) – 2015/9/17

5つ星のうち4.2 135個の評価

価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥1,760 ¥1,574

商品の説明

出版社からのコメント

「他の教科は勉強すべきことはあきらかでしたが、国語の文章読解だけはどのように勉強してよいのか、さっぱり分からなかった。でも、井上先生が授業でおっしゃる『鉄則』を一つひとつ意識していった結果、開成の問題でも安定して合格者平均点以上がとれるようになりました」
(男子 / 開成学園 進学)

「息子は塾のテストではある程度、点数がとれていたのですが、志望校の過去問をやらせると、記述問題が主体であるため、出来不出来の差が激しく、親としてもどのようなアドバイスをしたらよいものかと考えあぐねていました。そこで『文章読解の鉄則』に書いてある『記述の鉄則』を意識させたところ、徐々に取りこぼしが減り、無事、志望校にも合格できました」
(男子 保護者様 / 筑波大附属駒場 進学)

「私は本文に線引きやマーキングをする習慣がなかったため、記述問題できちんと得点できるときと、できないときの差がかなりありました。そこで『文章読解の鉄則』に書かれてある『読み方の鉄則』を参考に本文に線引きをするコツを頭に入れ、さらに『解き方の鉄則』で説明されている記述答案の作成法を意識したところ、大手S塾主催の桜蔭模試では10位以内(偏差値80! )の好成績を収めることができました」
(女子 / 桜蔭学園 進学)

「麻布の国語は物語文1題のみですが、ぼくは物語文が大の苦手でした。通っていた塾の先生からは『登場人物に感情移入しなさい』と教えられましたが、逆に、井上先生からは、『登場人物と自分の感覚を勝手に重ね合わせるのではなく、客観的にとらえなさい』『世の中の常識を型として覚えなさい』と指導を受けてからは、物語文が読めるようになってきました」
(男子 / 麻布学園 進学)

「息子は,国語の文章読解問題を感覚的に解いていたため成績が不安定でした。ところが,6年になり『鉄則』を身につけると,徐々に安定した成績がとれるようになりました。第1志望校の入試終了後に大手塾の解答速報で自己採点したら,何と国語は80%以上の正答率! 国語もきちんとした『読み解き方』があるんだなと納得しました」
(男子 保護者様 / 聖光学院 進学)

「私は,どちらかというと記述問題よりも記号選択問題が苦手で,『残り2つの選択肢』で迷ってしまい,いつも失点していました。でも,『鉄則』に書いてある選択肢のパターンを熟知することにより,正答率が一気に上がり自分でも驚きました」
(女子 / フェリス女学院 進学)

「井上先生の『鉄則』には大手塾では教えてもらえない秘伝のテクニックがたくさん書かれています。しかも、『鉄則』は小学生のぼくでも無理なく使いこなせるやり方なので、テストでもうまく活用できました」
(男子 / 栄光学園 進学)

等、反響を多数いただいております。

著者について

1973年神奈川県育ちで、現在は埼玉県に在住。
大学在学中及び卒業後、いくつかの進学塾を経て、現在は首都圏にある個別指導塾で、熱い授業を展開している。
御三家から中堅下位校まで、あらゆるレベルの生徒を伸ばす「鉄則メソッド」の指導を受けようと、遠方からのお問い合わせも多く、授業のキャンセル待ちが出るほどの人気講師である。
「いや~、一生勉強ですよね。まだまだ指導力は伸びると思っていますから! 」とは本人の弁。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ エール出版社; 増補改訂版 (2015/9/17)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2015/9/17
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 239ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4753933237
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4753933235
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 135個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

〔いのうえ ひでかず〕

1973年福岡県生まれ。進学塾や個別指導塾の専任講師を経て、現在は家庭教師(主にオンライン授業)で、最難関校から中堅下位校まで幅広く指導している。

☆ 著者のブログ「ここだけの話!」 ☛ http://ameblo.jp/hidekun-111

☆ YouTubeチャンネル ☛ https://www.youtube.com/channel/UCQ-Pt-OFo0Ye_dGmgRYAStg

☆ 家庭教師、執筆、講演等のご依頼 ☛ funkywellup@gmail.com

◆「文章読解の鉄則」は、大手塾でも体系的に教わることがない門外不出の読解テクニックを、構想から約10年以上の歳月をかけてまとめた一冊です。「従来の国語参考書は方法論が少なすぎて使えない!」と感じている方に最適です。

◆本書を効果的に使用して、筑波大附属駒場、開成、麻布、桜蔭、女子学院、聖光学院、栄光学園、フェリスなど「最難関校に合格できました!」という喜びの声が多数届いております。

◆SAPIX、日能研、四谷大塚、早稲田アカデミー、栄光ゼミナール、市進学院、希学園、啓明館、グノーブル、エルカミノ、啓進塾など有名進学塾に通っている小学生の方に、特にお薦めいたします。通われている塾の教材と併用ください。

◆サピックス組分け(マンスリー or オープン )テスト、四谷大塚合不合判定テスト(組分けテスト)、日能研全国模試、首都圏模試などでも効果を発揮します。 

〔小学5・6年生の方へ〕

★国語の文章読解は勉強しても,あまり効果がないと感じる(→文章読解の方法が,本書のメインテーマです。「手っ取り早く点数をとる」などといった胡散臭い裏技ではなく,確実に国語力を伸ばす方法をご紹介しています)。

★文章読解問題は,ひたすら問題量をこなせば,自然とできるようになると信じている(→いいえ。正しいフォーム,すなわち「一貫した読み解き方」を意識しない限りは,多くの問題を解いたところで「時間の無駄」になることすらあります)。

★塾で先生の説明を聴くと「なんとなく」分かったような気になってしまう(→あいまいな説明をいくら繰り返し聴いても,次のテストの点数につながることはありません。もし通塾されているのであれば,塾のテキストに記載されている読解問題と本書の「鉄則」を照らし合わせて,問題パターンを考えてみることをお勧めします)。

★読書は好きなのに,なぜか国語のテストの点数は悪い(→読書と国語の勉強は別物です)。

★成績に出来・不出来の波がある(→これは直感で解いている証拠ですが,逆に論理的に解けるようになれば,短期間で成績は上がります)。

★本文が読めれば,問題は自動的に解けると思う(→よくある「誤解」です。特に難関校の記述問題は,設問文を読んだときに「解き方」が分からなければ,「部分点」すらとれません)。

★難しめの文章(入試問題レベル)だと知らない言葉が多い(→最終章に難関校対策の語彙をまとめてありますので,ぜひご活用ください)。

★入試本番まで1年を切ってしまったが,国語で何とか合格点をとりたい(→成績の伸びは個人差がありますが,多くの子は国語の方法論を意識しはじめてから1~2ヵ月ほどで,成績の変化が見られます)。

〔保護者の方へ〕

★お子さんに「何でこれが正解なの?」と尋ねられても,他教科のようにすっきりと説明できない(→国語は,たとえ正解が出せても解法手順まで説明するのは,プロでない限り困難です)。

★わが子の国語力がないのは「これまでの環境」や「遺伝」のせいだと半ば諦めている(→国語も「勉強」ですから,文学的センスなるものは不要です。今からでも正しいやり方で取り組ませれば,必ずできるようになります)。

★国語が他教科の足を引っ張っている(→近年,子供たちの国語力は低下してきていると言われているのに,なぜか中学受験の国語のレベル(特に中堅校以上)は総じて高いです。国語は「学力格差」が点数以上に大きい科目で,「国語が苦手なために第1志望校のランクを下げざるを得ない」という状況に追い込まれる受験生は少なくないでしょう)。

★小5になって,国語の成績が急に下がってきた気がする(→通常,大手進学塾では,小5の半ば頃から入試問題レベルを扱っていきますが,このレベルからは直感では解けなくなります)

★通っている塾の先生の指導法に疑問を持っている(→大手塾,個人塾問わず,国語講師が皆,明確な方法論を意識して指導しているとは限らず,そういったプロの講師は全体の1割にも満たないと,私は思います)。

★「塾の宣伝」や「著者の自慢話」ばかり書かれた自己満足の指南書にはうんざりしている(→本書は塾の宣伝や,自慢話,「開成・桜蔭○名合格させました」の類は一切含まれておりません)

〔塾の先生の方へ〕

★塾で国語を教えるのは実は苦手だ(→実際,こういう方は多いと思います。そういう意識を持つだけでも素晴らしいと私は思います。大手塾の社員研修ですら,読解の方法論は体系的には教わらないと言います)。

★自分自身,良い国語の授業を受けた記憶がない(→現在,40歳以上の方は特にあてはまるかもしれません。私もその一人ですが...。昔の先生は,「読めば分かる」というおおざっぱな先生方が多かったですよね!)

★難関校の入試問題レベル(特に記述問題)になると,どのように生徒に教えていいのか分からない(→本書では,難関校の入試問題を「授業風」に解説していますので,是非ご参考ください)。

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
135 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年9月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
37人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年2月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
35人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年12月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年11月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年1月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
殿堂入りベスト10レビュアー
2021年11月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年5月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年2月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
47人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する