通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中学受験は親が9割 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆送料無料・保証付【Amazon直送につき、365日毎日発送致します】見た目キレイで、折れや書込もなく良好です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

中学受験は親が9割 単行本(ソフトカバー) – 2014/6/24

5つ星のうち 4.4 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,598
¥ 1,598 ¥ 860

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 中学受験は親が9割
  • +
  • 中学受験で成功する子が 10歳までに身につけていること
  • +
  • 中学受験 基本のキ!  新版 (日経DUALの本)
総額: ¥4,730
ポイントの合計: 143pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「中学受験は親の受験」といわれます。子どもの頭のよしあしだけでなく、親がどれだけサポートし、親子一丸となって準備したかが合否を分けるからです。でも、いまの中学受験はわからないことだらけ。「親世代の常識」は、ほとんど通用しないと考えてください。「今は勉強が大変でも、志望校に入ってしまえばあとが楽なはず」「小学4年生になったら、レベルの高い大手塾に入れればいいんでしょ」「塾で出された宿題は、合格のために全部やらせなきゃ」これらはすべて、親の誤解に基づくやってはいけない考え方なのです。これまで灘、開成、桜蔭などの難関中学に2500人以上を合格させてきた塾ソムリエ、カリスマ家庭教師の著者が、志望中学に合格するという目標にどう立ち向かい成就させるか、まだ情報がゼロの人にもわかるよう解説していきます。また、受験に際して親がかけるべき言葉選びや、親子の絆を強くするためのコミュニケーション術もアドバイス。ぶれず、迷わず中学受験に取り組むためのバイブル的な一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

中学受験で成功する親子はココが違う!御三家など難関中に2500人以上を導いた“塾ソムリエ”が教える、親が必ずすべきこと、やってはいけないこと。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
  • 出版社: 青春出版社 (2014/6/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4413039203
  • ISBN-13: 978-4413039208
  • 発売日: 2014/6/24
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,295位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
わが子はまだ5歳と1歳です。
読むのはまだ早いかと思いきや、今読んでちょうど良かったです。
これから小学校卒業まで、お稽古や塾にどれくらい時間やお金をかけるべきか、長期プランを考えるのに参考になりました。

特に、早期教育は有害ですらある、という意見は沁みました。
理由として、たとえばフラッシュカードなど右脳教育に偏ると、反射的にどんどん答えが出せるようになるけど、「わかった!」「なるほど!」という理解、面白さはなく、感情の起伏が起きにくくなるということ。また、直感に頼る学習ばかりしていると、本格的に考えなくてはならない発展的な問題も「カン」だけで解こうとするようになること。さらに速読をやっている子はまず国語の成績が下がり、続いて算数がダメになること。
多くの受験生をみてきた著者の言葉は説得力があります。

早期教育よりも何よりも、幼いうちは、一緒に遊んだりキッチンでお手伝いさせて、生活知識や身体感覚を自然に身に着けさせることが大切で、「親子で感情を動かすことを心掛ける」ということが大事という言葉に、納得しました。

一方で、小4に上がる少し前には塾が絶対必要で、「現実的に塾に行かずに難関中学に合格することは不可能に近い」と断言しているのも、親の側の覚悟を決める後押しになります。「ウ
...続きを読む ›
コメント 122人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ケンチャナヨ トップ1000レビュアー 投稿日 2016/4/2
形式: 単行本(ソフトカバー)
先日、書店で時間調整している時に何とはなしに平積みになっていた「中学受験は算数で決まる!」を読んでみたらとても明快で面白かったので即買いしてしまいました。

他の著作も読んでみたくなったので二冊目としてこの本を読んだのですが、中学受験の有無に拘わらず一読の価値ある本だと思いました。

各塾の特徴、使い方、親の取り組みかた、厳しい現実等々、簡潔明快に書かれております。

ごく一部の極めて優秀なお子さんを除いて、殆どの子は親がペースを作ってあげないととてもじゃないが受験勉強は乗り越えられないということが繰り返し述べられています。

受験は子供だけの問題ではなく、家族総出で取り組むものであって、仕事の忙しさにかまけて母親任せにしてしまう父親は考え方を改める必要がありますね。

親がただ口先で「勉強しなさい」と言うだけで勉強の手伝いもせず、子供に負担を強いるばかりではいずれ子供がパンクしてしまうというのはお説ごもっともだと思いました。

難関中学合格者を多数輩出している塾に通わせていることに安心して塾に丸投げしてしまい、家庭でのサポートを怠る家庭が如何に多いかも懸念しており、多数の「合格者」の影には多数の「不合格者」も居るわけであって、そういう現実を知らずに「光」の部分だ
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
うちは受験が終わったのですが、姪と甥の参考にとプレゼントしました。
経験から言っても、「中学受験は親子の受験」です。この書籍では著者は「覚悟なしに中学受験を始めてはいけない」と仰っていますが、まったく同感です。受験校選びから日々の学習サイクルのチェックまで、小学生には絶対に親の支えが必要で、子どもと塾任せでは上手くいかないことを身を持って経験しました。こういった書籍で「中学受験させる親の心得」をあらかじめ知っておけることは、大きな利点だと思います。
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
数年前に上の子の中学受験を経験し、現在は下の子の受験準備をしています。
その助けになればと購入しましたが、この本の内容にあてはまる子はほんの一握りではないかと思いました。
この本に書かれている通りに子育てができたなら、そのお子さんは超難関校に合格できるのかも知れません。
しかし、子どもには子どもの数だけ、様々な個性があります。少なくとも我が家にはあてはまらないと思いました。

偏差値は志望校を探す目安にはなりますが、偏差値が高い学校が必ずしもよい学校、本人に合った学校とは言い切れません。
また、塾で下のクラスにいてもしっかり指導してくれる先生はたくさんいらっしゃいますし、偏差値が低くてもしっかりと子どもたちを育んでくれる熱心な学校はたくさんあります。

超難関校を目指すのもよいかも知れませんが、大切な子どもの6年間をどのように過ごさせてあげたいか、その思いを叶えてくれる「子どもにとっての最良校」を探すこと、そちらの方が大切だと思いました。
コメント 112人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック