ポイント: 17pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 7月6日 - 19日 詳細を見る
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
中国癌との最終戦争: 人類の未来を賭けた一戦 がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥350 ): 6月27日 - 28日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■中古品のため商品によっては日焼けや汚れ、折れがある場合がございます。■数量限定特典・予約特典・アマゾン限定特典・初回特典などを含む、帯・応募券・プロダクトコード・はがき・シール・カード・ポスターなどの封入物は付属致しません。■基本的に配送はゆうメールでのポスト投函となります。配送日及び時間指定はできません。郵便追跡はできませんのでご了承ください。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。■土日祝日はお休みを頂いております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

中国癌との最終戦争: 人類の未来を賭けた一戦 単行本 – 2020/10/2

5つ星のうち5.0 3個の評価

価格
新品 中古品
単行本, 2020/10/2
¥1,650
¥1,650 ¥1,230
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 中国癌との最終戦争: 人類の未来を賭けた一戦
  • +
  • 台湾を知ると世界が見える
  • +
  • 米中最終決戦 アメリカは中国を世界から追放する
総額: ¥4,312
ポイントの合計: 94pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

侵されるか、戦うか、迫られる日本の選択。病状把握が先決だが、既に生死を賭けた不可避の世界超限戦は火ぶたを切った…世界転移を阻止し、14億人を救う方途を探る。人気言論YOUTUBE、TAIWAN VOICE主幹・林建良による衝撃の中国論。

著者について

台湾に生まれる。台湾正名運動の発案者。在日台湾同郷会顧問、メールマガジン「台湾の声」編集長、台湾独立建国連盟日本本部国際部長、日本李登輝友の会常務理事。また2007年「林一洋医師記念賞」、2017年「二等華光専業奨章」を受賞。医師としての仕事のかたわら、台湾正名運動と台湾建国運動を展開。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 勉誠出版 (2020/10/2)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2020/10/2
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 236ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4585230831
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4585230830
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 3個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
3 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年10月5日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 中国の本質をユーモラスに語り、政治書と思えないほどとても面白かった。
ユーザー名: JK、日付: 2020年10月5日
中国の本質をユーモラスに語り、政治書と思えないほどとても面白かった。
何度も読み返している。読むほど面白く感じる不思議な一冊。

目 次

第一章 中国という名の癌細胞

第一節 アポトーシスという自己犠牲の欠如
第二節 癌細胞の欲望は無限大
第三節 際限なく膨張する癌細胞
第四節 生体を食い尽くしモザイク現象が現れる

第二章 中国癌が生み出した世紀のウイルス

第一節 ウイルス犯は蝙蝠なのか
第二節 生物兵器の専門家が出動した裏事情
第三節 武漢ウイルス研究所の実態
第四節 ワクチン開発の原動力は「貪欲と恐怖と無知」
第五節 習近平の「戦略的機遇」という表現の意味

第三章 世界中に転移する中国癌

第一節 先進国への脳内転移を実現した深謀(しん ぼう)遠慮
第二節 他国の中枢を操る賄賂とハニートラップ
第三節 深刻な事態にようやく気付いたアメリカ
第四節 レイFBI長官とバー司法長官の警鐘
第四章 必ず破滅する癌の宿命

第一節 体制内部に敵を作る習近平
第二節 米中貿易は誠実vs欺瞞の戦い
第三節 米中対決の最終局面はどうなるか・中国共産党が崩壊するまで手を緩め

第五章 選択を迫られる日本

第一節 戦後日本人の独立心の欠如
第二節 期待されている日本の役割
第三節 日本と台湾=兄弟国の再認識
第四節 間違わなければアジアの世紀はそこにある
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告