この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

中国会社情報―ラジオNIKKEI (2006年夏号) (Apollo mook) (日本語) ムック – 2006/5/18


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ムック, 2006/5/18
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

   
              本書について    
                             ~ 編集者から

 中国株の情報をより速く、より詳しく——。05年春号から数えて6作目となる本書は、日本株の四季報や会社情報のような四半期ベース(年4回)の出版を試みたものです。
 05年12月期業績の発表シーズンをとらえて編集した今号では、同年度の本決算をほぼ網羅したほか、06年第1四半期業績の速報(4月末時点で発表済みのもの)も盛り込むことができました。
掲載銘柄も350社に大幅ボリュームアップ。香港上場のカバー銘柄を241社に増やしたほか(前号は210社)、新たに本土B株(全109社)もラインナップに加えました。
 重点的に扱う香港上場銘柄については、これまで通り1銘柄あたり見開き2ページを割いたほか、引き続き「香港経済日報」ETネット集計の業績予想(上限、下限を含めて最大3期先)も掲載しております。もちろん、証券各社の平均レーティング(1~5の5段階)も残し、情報の正確性を期すべく、予想を出したブローカーの内訳と発表日を記しております。
 また、ご好評をいただいている巻頭特集の「株式相場の動向 & 注目10業界の分析」も、さらに内容を充実させました。特に業界分析に関しては、会話調のQ&A形式としたことで、読みやすさが際立ったと考える次第です。
 より分かりやすく、より実践的な情報誌を目指して今後も編集に励む所存ですので、引き続きご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

                                    亜州IR株式会社    代表取締役 又井郁生


登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません